2007年12月30日

AMERICAN GANGSTER

毎度お馴染み、サンドラとの映画。映画館が近いっていうのと、チケットが安いっていうのは本当にいいことだ。そして今日は特にそう。なぜなら彼女の友達が映画のタダ券をくれたから。但し券は1人分しかなかったので、2人でチケットの半額を払った。ラッキー♪タダ券の有効期限が今日までということで急いできたから、特にこれが観たいというお目当ての作品もない。いろいろポスターを見たり、上映時間を見て、“AMERICAN GANGSTER”を観ることに決めた。映画を観始めたら、主演がデンゼル・ワシントンだった(爆)。おお、これはいい、好きな役者だと2人で妙に納得。

ストーリーはというと、アメリカの麻薬(ヘロインだったかな)の巨大密売組織のボスVSそれを暴こうとする特別組織の、1960年代に実際にあったお話。特別組織の方にはラッセル・クロウが出ている。最後にはラッセル・クロウ達がこのどデカい密売組織を洗いざらいにして秘密を根こそぎ暴いてしまうから、見ていて気持ちがいい。

近年、私はアクション映画やこういうストーリー性のある映画に傾倒していて、もろにコメディタッチのものやアニメ、それからSF超大作!といった類の映画は苦手で、あまり観る気がしない。DVDで観るならまだしも、あの映画館の大きなスクリーンで映画をどうせ観るなら私は激しいアクションものを観たいと思うね。

さて、こんな年の瀬に映画をゆっくり観られるなんて日本じゃ考えられなかったけど、来年もいい映画にたくさん出逢えますように。
posted by ixel at 23:45| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

CARTA A REYES MAGOS

12月25日、イエスが生まれたことを告げる星に導かれ、東方から3人の王様がイエスの誕生を祝うため旅を始めたというお話がある。3人の王様は1月6日にやっとイエスの下に到着する・・・

というお話に基づいて、ここスペインでは1月6日に3人の王様がプレゼントを持ってきてくれるということで子ども達は専ら信じて疑わない。街ぐるみでイベントなんかも催されるようだ。王様に宛てて子ども達は手紙を書き、「いい子にしますからあれがほしいです、これがほしいです」とプレゼントについて頼む。

そんなことを聞いた今日は私も学校で手紙を書くことにした。
で、書いたのがこれ。

CARTA A SUS MAJESTADES LOS REYES MAGOS DE ORIENTE


28 de diciembre de 2007


Queridos Reyes Magos,

 Este año ha sido muy bueno para mi y ha sido inolvidable. He hecho muchos amigos extranjeros y a mí me da mucha alegría porque puedo mantener amistad con ellos aunque vuelva a Japón. También me alegro mucho de haber avanzado mi nivel del español que ha mejorado mucho más que antes. Me ha encantado conocer a mucha gente de aquí y muchas ciudades. Todos mis recuerdos han sido muy buenos.
 Me gustaría experimentar muchas cosas hasta que termine mi estancia en España y cuando vuelva a Japón en marzo, me gustaría buscar algún trabajo y algún amigo español para que no pierda lo que he aprendido en España.
 Deseo que toda mi familia esté sana y pase una vida muy contenta. Espero seguir teniendo contacto con unos amigos japoneses a quienes conocí en España y los demás que somos amigos hace mucho tiempo. Deseo que mi novio esté bien y le vaya todo bien. Quiero que nos llevemos muy bien continúamente y que salgamos a muchos sitios.


Atentamente,
Ixel


簡単に言うと、「今年はたくさんの経験をし、たくさんの外国人のお友達を作れて、本当に忘れることのできないいい1年になりました。スペイン滞在の最後までいろんなことに頑張りたいし、日本に帰ってもこのスペイン語で仕事をしたり、友達と話したりしたい。家族、友達、恋人の皆が元気で過ごせますように。」と書いてあります。
posted by ixel at 17:36| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | escuela/学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

No fa fred! -Copa Nadal-

copa nadal 2007-1

▲puerto de Barcelona

Todo ocurrió por lo que dijo mi maestro Kenta anoche cuando cenamos juntos en un restaurante situado en La Rambla...
"¿Oye ixel, quieres nadar con nosotros mañana?"

...¿¿Qué dices?? ¿Nadar en la navidad?

Ya sabía que habría Copa Nadal en el día 25 de diciembre, pero no sabía qué era exactamente y me lo imaginaba como un partido amistoso de waterpolo en piscina o algo así, así que pensaba que iría a verlo en piscina muy tranquilamente. Entonces me asusté de lo que me dijo él y no entendí nada porque él quería que yo nadara aunque no fuera nadadora ni waterpolista...(Kenta sí, era waterpolista y sigue entrenándose aún)    
Y luego se aclaró cómo era la Copa.

"Copa Nadal"...es una competición de natación organizada por el Club de Natació Barcelona y hoy en día ya tiene historia de 100 años desde el comienzo. Ésta se celebra todos los años en agua del puerto de Barcelona, delante del monumento de Colón, el día 25 de diciembre a las 12h ("nadal" significa "navidad" en catalán). La distancia de la calle tiene 200 metros y luego hay varias categorías para carreras.

Pues... digo la conclusión primeramente.
¡Asistí a la Copa y conseguí nadar 200m! ¡Toma yaaaaaaaaaaaaaaaaa!
En realidad llevaba muchos años sin nadar tantos metros aunque me guste nadar, así que estaba un poco nerviosa porque no estaba segura de que si podría conseguirlo o no. Pero bueno...decidí asistir a la Copa porque pensaba que tendría que aprovechar la oportunidad y quería experimentarla porque soy una chica que tiene mucha curiosidad sobre todos. jijijijijiji

Después de ponerme el bañador (en mi caso bikini rosado, ¡¡qué vergüenza!!) crucé el puente de Port Vell para montar en un barco pequeño que tenía una plataforma para tirarse en el puerto. En el barco había 30 chicas más o menos, todas con bañador DEPORTIVO, y yo BIKINI ROSADO con un gorro AMARILLO (¡qué hortera estaba yo!). Luego el barco nos llevó hasta el centro del puerto donde estaba la línea de salida. Mientras estabamos dirigiéndonos hacia ahí, había una chica que trajo una botella del agua y empezó a echarnos para no tener tanto frío y a animarnos. Todas repetimos "No fa fred!" "No fa fred!" y mutuamente nos dimos palmadas en los blazos y la espalda. Como no sé hablar catalán, al principio no sabía qué significaba "No fa fred!" entonces pregunté a una chica y me lo enseñó. Luego me enteré que significaba "no hace frío" en castellano.

Al llegar a la línea de salida, sonó un silbato y nos tiramos en el puerto.
Inmediatamente me di cuenta que no hacía tanto frío en el agua que yo me imaginaba, y tampoco me dolían los ojos por el agua del mar. Creo que era por los 3 barcos que regaban mucha agua. Todas las chicas que veía delante de mí nadaron a mucha velocidad, claro, eran deportistas de VERDAD. Y yo, la chica de bikini intenté nadar a crol, pero para mí me costó mucho respirar ya que no me había entrenado nada, así que cambié nadar a espalda y seguí nadando con este estilo hasta la meta.

copa nadal 2007-2
▲gente nadando en el puerto...¡qué frío!


copa nadal 2007-3
▲la meta. se tiene que nadar desde el centro del puerto hacia aquí


No tengo ni idea cuánto tardé en nadar 200 metros a espalda. Aunque llegué tarde, estaba muy contenta. Todos mis amigos y las personas a quien conozco me dijeron que había hecho muy bien.
Creo que ha sido mi primera vez y mi última vez a la vez de nadar en el puerto en invierno que tiene mogollón de frío, pero bueno, era muy buena memoria para mí. Ahora ya puedo probar que soy chica muy valiente aunque no tenga dos cojones!! jajajajajaja!!!!!    

*******************************************************

copa nadal 2007-5

▲大垣東高水球部&スペインSant Andreuチームの皆と

全ては昨夜、S濱先生の一言から始まった。
「ixelも明日一緒に泳いだらええやん」

え???何のことでしょう?

「明日、バルセロナの港で皆で寒中水泳やんねん」

か、寒中水泳?

「毎年参加してるよ」

は?あのー、スケジュールに“コパ・ナダル”って書いてありましたけど?

「だからそれやねん」

バルセロナと日本対抗の水球親善試合かなんかと違うんですか?

「明日はバルセロナ港で寒中水泳やって」

で・・・

「ixelも泳ぐ?」


・・・・・。

ixelの勘違い。
事前にアントニオに渡されていた1週間のスケジュールを見て「ふ〜んコパ・ナダルねぇ〜、じゃクリスマスは朝からプールで試合観戦ね」と思っていたら、ところがどっこい。コパ・ナダルとはバルセロナが100年も前から続けてきた伝統行事である寒中水泳大会のことなのであった。母校・大垣東高校水球部の全員が既にエントリー登録してあるとのこと、「ixelもアントニオが登録してくれてるんとちゃう?」と先生。急な話でただただビックリする私。

しかし、寒中水泳とは面白そう。(ぇ
半信半疑だったが、「では水着を持っていきます」と返事。当日の雰囲気を見て決めることにした。

で、結論から話すと、泳いでしまった。200m完泳である。
言っておくが、私は水泳選手でもなければ水球選手でもない。プールで泳ぐことは好きだが、長いこと200mも泳いでいないし、この日のために訓練を積んできたなんてとんでもない話だ。一緒に参加すると思っていた日本人とスペイン人の女の子たちは、やれ「水が冷たい」だの「臭いし汚い(油が混じっている)」だの「クラゲがいる」だの「体調が悪い」だの言って、誰一人泳がないという状況。彼らこそ水球選手なのに何てこと!ここまで来たら後に引けなくなった私、一緒に連れ添う人がいないことに寂しさを覚えつつも出場を決意した。

更衣室に入って水着に着替える。スペインで寒中水泳をするなんて予期もせず、こちらに持ってきたのはリゾート用のビキニ1着、しかもピンク色という、何とも・・・。そして義務付けられた黄色のゴムキャップ。このミスマッチさが、いよいよ私を浮かせていく。恥ずかしいったらありゃしない。おまけにこのアジア人顔が一層輪をかける。スタート台の出る船に乗るべく、ポル・ベイの橋を渡り待機。女性一般の部だか何だか知らないが、多くの女性に囲まれて船に乗り込んだ。

周りを見渡せば、全員がスポーツマンに見える。ガーン!
着ている水着は競泳用か、つなぎのもので、彼女らより肌の露出が多い私は些か心配になってきた。先日の先生の話では「寒すぎて、感覚がなくなる」と仰っていたし、どうしよう!そう言えば、橋を渡る際、多くの選手が体にワセリンを塗っているのを目にした。冷水からの皮膚の保護のためである。そんなワセリンまで用意できるはずもなく、ますます心配に。おまけに船の上から「クラゲよ!」なんて言ってる人につられてクラゲを目撃してしまう。わー!どうすんや!そのうち1人の女の人が海水の入ったペットボトルを皆に振りかけ出し、海に入った後のショックを和らげるためお互いの体をパチパチ叩き出した。「寒くないぞ!」「寒くないぞ!」と声も掛け合って。

そうこうしているうちに、船はスタート地点へ到着。港の縁にはたくさんの観戦客。たくさんの知り合いが私に「ixel〜〜〜!!日本人がんばれー!」と声をかけてくれているのが分かり、笑顔で返す。

ホーンの合図でスタート。一斉に海へ飛び込む。目の前の選手たちは猛スピードでクロール。寒い海から早く出るためにも速く泳いだ方がいいとのことで、私もクロールで泳ごうと試みるものの、何せ持久力が全くついておらず呼吸が苦しくてもたない。初っ端から出遅れたが、マイペースでいこうと背泳ぎに変更。200mを背泳ぎで泳ぎきった。

copa nadal 2007-4
▲泳いでゴールを上がったところ。中央にいるのが私(Estoy en el centro)

最後のゴール地点では陸に上がるために梯子を上らなければいけないのだが、泳いで体はフラフラ、かなりの体力を消耗したことに気がついた。寒い体を温めるために、温かいスープのサービスを受ける。長い髪がずっと濡れたままだったので冷えて、着替えた後から震えが止まらなくなったが、風邪はひかなかったのでよしとしたい。多くの友達、先生、保護者の方に褒めていただいた。「よくやったね!」「お前すごいなぁ!」「勇敢やなぁ、すごいわ」と。

クリスマスを過ぎてから、「クリスマスどうだった?」と訊かれる全ての人に「泳いだ!」と返すことにしているixel。全員が「はっ!?」って顔をするのを見るのが面白い。好奇心旺盛なこの性格が、今年のクリスマスを忘れられないものにしてくれた。
posted by ixel at 23:17| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

日本より救援物資届く その2

comida japonesa

¡¡Ha llegado un paquete desde mi madre el que había un montón de comidas japonesas que no se venden aquí!! Gracias a ella, he vuelto a tener ganas de cocinar y lo haré.
mmmmmmmmmm, ñam ñam ñam...!!
******************************************
郵便局に荷物を取りに行った今日、母親からの荷物の札にはバッチリ「FOOD」の文字。宛先の住所が相変わらず合っておらず「よくもまぁ無事に着いたもんだ」と胸をなでおろしつつ家路に向かう。住所書くだけなら祖母の方がよっぽど正確に書いてきたよと言いたいのを抑えつつ。(笑

箱を開けると、これでもか!と言わんばかりの食材の多さにビックリ。紙に書き留めておかないと、あるのさえ忘れてしまいそうな気にさせられたので、まずは用途別に分けて書き留めた。滞在期間残り3ヶ月、和食を作る機会がこれからドッと増えそうな予感。でも健康食品を多く送って貰えたことは大変有難い。

送られてきたものを見ながら、「これ絶対スペイン人は食べられないだろうな」とか、「これスペイン語でどうやって説明したらいいんだか」と頭を悩ませるものが多数。これを気に覚える???

《送られてきたもの/los alimentos que me envió mi madre》
・梅干/ciruelas secas y bañadas en sal
・お茶漬けの素(鮭・梅・わさび)/concentrado para arroz con té hirviendo
・お好み焼き粉/harina para tortilla japonesa de ingredientes variados
・だしの素/concentrado del caldo de pescado
・餅/torta de arroz
・きなこ/soja molida
・ぜんざいの素/extracto de judías rojas
・煎茶/té verde
・昆布茶/té verde con alga
・麩/pasta muy ligera que se hace de trigo
・カレールゥ/curry
・シチューミックス/concentrado para estofado
・金時豆(惣菜)/judías cocidas (comida hecha)
・豆ひじき(惣菜)/sojas cocidas con planta marina (comida hecha)
・かに味噌和え/pasta de cangrejo
・網エビ(惣菜)/quisquillas cocidas (comida hecha)
・ひじき/planta marina secada
・切り干し大根/nabo japonés secado
・芋茎(ずいき)/troncho de colocasia
・切り干し人参/zanahoria secada
・乾燥ねぎ/cebolleta secada
・煮干/boquerones cocidos y secados
・とろろ昆布/alga cepillada y tierna
・高野豆腐/cuajada seca de soja
・味付け海苔/alga con sabor
・はるさめ/fideos transparentes hechos de la fécula del guisante
・乾燥わかめ/alga secada
・乾燥しいたけ/seta japonesa secada
・パスタソース たらこ味/extracto para espaguetis de huevas de bacalao

¿Son MUY extraños para los españoles, no?
Pero son los alimentos principales de la comida japonesa, de verdad. ¡No miento!

banner_02.gif
posted by ixel at 00:43| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | en casa/家での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

Estimadas palomas

店員A:「3番のお席に鳩様入られまーす!」
店員一同:「い〜らっしゃいませー!!!」

palomas

鳩のご一行様、テーブルの上に体を乗り出して、これでもか!というくらいに必死でかぶりついております。この団体客の食事風景に思わず吹き出したixel、鳩の皆さんに内緒で激写。カメラ(爆

Después de salir de MUJI, vi un grupo de palomas que le estaban dando un fuerte mordisco a unos platos que habían sido dejados por algunas personas. A mí me parecían como si fueran los turistas del viaje colectivo y me dio la risa.
posted by ixel at 04:08| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

無印良品バルセロナ店-MUJI Barcelona-

muji1

▲MUJI Barcelona Rambla Catalunya (izquierda)

Desde hace poco tiempo, ha habido una tienda a la que he querido ir y hoy lo he conseguido por fin.
Esto se llama "MUJI", es una cadena de tiendas que viene de Japón y que vende los productos muy simples. "MUJI" es la abreviatura de "MUJIRUSHI" que significa "no tiene marca", así que "MUJI" no tiene ningún sentido propio, pero bueno, para los extranjeros es muy difícil de pronunciar MUJIRUSHI, es que demasiado largo, ¿no? entonces bueno, para ellos, es "MUJI".

Está en Rambla Catalunya, también está cerca del cruce con la calle Valencia.
Aunque eran las 3 de la tarde cuando fui había mucha gente que estaba comprando. Allí se venden los artículos de escritorio, de necesidad cotidiana y tal. Me da pena que no haya surtido de los alimentos ni dulces japoneses...las mejores cosas que me gustan en MUJI.

Pero si hubieran puesto esos ahí no los habría comprado...porque al ver los precios me sorprendí y a mí me parecía un poco caro comparando con los que se venden en Japón aunque sean los mismos productos. Entonces para mi es un poco absurdo que los compre aquí en Barcelona, porque luego vuelvo a Japón y puedo comprarlos a bajo precio.

Por ejemplo, hoy he visto que se venden un paquete en que incluyen 12 pañuelos de papel por 2.5 euros, pero en realidad en Japón se vende por 85 yenes o sea vale 1.35 euros o algo así. ¿Lo ves?
Así que pues...no voy a comprar nada en esta tienda. ja ja ja
Pero me alegro mucho de haber visto a la gente de aquí compra varias cosas.    

MUJI Barcelona Rambla Catalunya
Rambla Catalunya, 81
08008 Barcelona, Spain
tel. +34 93 467 65 60
fax. +34 93 467 65 61
De lunes a sábado 10:30 〜20:30

MUJI L'ILLA
Centre Comercial L'ILLA DIAGONAL
Avgda. Diagonal, 545-565
08029 Barcelona, Spain
tel. +34-93-444-37-44

Página Oficial 
http://www.muji.net/

************************************************
muji2

噂に聞いていた「無印良品バルセロナ店」、その名も「ムジ」の視察に行ってみた。
通りは、グラシア通りの1本横にあるランブラ カタルーニャ通り。道の中央にはたくさんの街路樹と遊歩道があって、ショッピングするには気持ちの良い通りとなっている。

無印があるのはバレンシア通りとの交差点近く、店の構えは日本のそれと大差なく、看板も日本で見る馴染み深いもの。「おお〜っ」と1人、海外で初めて見るムジに小さく感動。

中は1階のみの展開で、文房具、日用品(食器、化粧品の詰め替え容器等)と衣類のコーナーが少し。

で、以上。

日本人の私としては、「え〜!」ってなもんで。
だって無印に何しに行くって、私は食料品目当てで行くことが多いから。
なくて残念だった。いや、うすうす感づいてはいたんだけど。

それにしても、それぞれの値段。やはり高い。
スティックのりが日本じゃ85円のところ、こっちでは1.5ユーロ。日本円にして244円( ※1ユーロ=163円で換算)だよ。こんなんじゃ誰が買うか!って思うね。(苦笑)それから、上記のスペイン語日記で挙げたのはポケットティッシュの詰め合わせパック。これも85円のものが400円くらいとか。だから苦笑いするしかなかった。

日本へ帰る予定の私としては、ここでは恐らく、いやきっと何も買わないだろうが、海外でたくさんの人が無印のものを求めて買い物に来ているのを見るのはなんだか嬉しかった。

※住所は上記参照
posted by ixel at 16:53| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

【レシピ】パエリア-Paella-

皆さんお待たせ!これを知らずにスペインからは帰れない、パエリアのレシピを先日教わったのでアップ。今回の先生はバルセロナ郊外のグラノイェツ(Granollers)に住む16歳の友達・ラウラのお母さん。パエリアとは思った以上に手間のかかる一品であることを思い知らされたixelであった・・・。調理には2時間は覚悟してかかること!下ごしらえからやることがいっぱいだ。作り上げて食べ終えたら、その後はもう何もしたくなくなると言うのはお母さん。(笑)証拠にその後リビングでお父さん、お母さん、ラウラ、私と犬のルカまで全員で居眠りしてしまったんだから。

ぴかぴか(新しい)パエリアぴかぴか(新しい)
材料(4人分
●スープ
アンコウの粗
長ネギ
玉ねぎ
ローリエ

●具
アカザエビ
芝エビ
ムール貝
イカ(はらわたも含む)
赤ピーマン
アーティチョーク
玉ねぎ
トマト(熟したもの)

サフラン
オリーブオイル

コニャック

作り方
【1】まずは、スープ作りからスタート。
鍋に水、アンコウの粗、長ネギ、玉ねぎ、ローリエ2枚を入れて煮込んでおく
paella1.JPG


【2】玉ねぎ1個、熟したトマト1個を下ろし金で摩り下ろす
paella2.JPG


【3】パエリアに入れる魚介類。
エビ2種、イカ、イカのはらわた、写真の他にムール貝も
paella3.JPG


【4】ここらで休憩。(早っ!!)
お腹を空かせていた私に、ラウラのお母さんがpan con tomateとchorizoを出してくれた
pan con tomateは、パンにトマトを擦り付け、オリーブオイルをかけただけのシンプルさ
paella4.JPG paella5.JPG


【5】オリーブオイルをひいたパエリア用の浅い鍋にエビを。
2種それぞれ炒めたら鍋から取り出しておく
paella6.JPG


paella7.JPG


【6】エビを取り出した後の鍋に、イカのはらわたを入れてほぐし炒める
paella8.JPG


【7】摩り下ろした玉ねぎを合わせる
そしてここで塩を一つまみ入れる
paella9.JPG


【8】イカを入れる
paella10.JPG


【9】摩り下ろしたトマトを入れる
水気がなくなってきたらコニャックを入れるなどして加減を調節
paella11.JPG


【10】アーティチョークの用意。
外側の固い皮を何枚かめくり、茎も外側の固い部分を削ぎ取る
変色を防ぐため、炒める直前までレモン汁に浸しておくこと
paella12.JPG


【11】アーティチョークを入れたところ
paella13.JPG


【12】ここでお米投入
※お米の量り方:エスプレッソ用の小さなコップ1杯×(人数+1)
※お米は洗わずそのまま入れるのがスペイン流!

paella14.JPG


【13】サフランの用意。
すりこぎを使ってサフランを粉末状にしておく
paella15.JPG


【14】別に炒めておいたピーマンを入れ、魚でとったスープを加える
※スープの分量:おたま2杯×人数
※スープを加えるときは、再沸騰させてから

paella16.JPG


【15】スープでのばしたサフランを入れる
ここからパエリア独特の黄色が出てくる
paella17.JPG


【16】スープを入れた後の始めの5分間は強火
そして後の15分間は弱火に調節

【17】15分間の弱火の残り5分という時に、エビ2種とムール貝を並べる
全て並べ終えたら火を止めて蓋をし、上からふきんをかけて蒸らす
paella18.JPG


【18】出来上がり!1人ずつ皿に盛って頂く
paella19.JPG


paella20.JPG

▲最後に、ラウラのお母さん。
私の料理の先生である彼女は、実は画家でもある
posted by ixel at 23:54| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ixel famosa

¡¡¡Una cosa que me hizo muy feliz!!!

Hoy me lo pasó cuando fui a la clase de cultura.
Esta semana voy a aprender sobre la Navidad y algunas costumbres acerca de ella en la clase con otras alumnas. Vino una profe que se llamaba Rosa y a la que yo no conocía antes, o sea que nunca me ha tenido en su clase, así que tuve que presentarme yo misma a ella. Y la conversación entre ella y yo cotinuó como se indica abajo.

Rosa: Pues, ¿cómo te llamas tú?
ixel: Me llamo ixel. (*"ixel" es mi mote que sólo vale aquí.)
Rosa: Ahhhhh!!! ¿¿Eres tú ixel FAMOSA??
ixel: ...¿FAMOSA? ¿Por qué?
Rosa: Sí, eres famosa entre los profesores y todos hablan de ti porque hablas muy bien español. Pues ¡encantada de conocerte!
ixel: ¡Igualmente, mucho gusto!

Ay, mira qué bien, pero... ¡qué sorpresa! Es que cuando empezó a hablar de mí, no sabía qué iba a decir...pues menos mal que no había hablado mal de mí! ¡¡¡¡¡jajajajajajajajajajaja!!!!!

************************************************
今日あった、す〜っごく嬉しかったこと。
文化の授業で初めて担当に当たったロサ先生に自己紹介をしたところ、
「あぁ!あなたが有名なixelね!会えて嬉しいわ!」と言われたこと。
「え?有名?私が?」と訊くと、「先生たちの中で皆があなたのこと言ってるよ。スペイン語上手に喋るんだってね」と返ってきたのだ。ムフー。

で、・・・ただそれだけ。だよん(笑

でも光栄だ。先生の間で話題に上るなんて有難き幸せ。
こうなりゃixelもっと頑張っちゃう。
「皆があなたのこと噂してる」って言われると、どうしても悪い方に取ってしまうのは日本人の陰口を見てるから?(苦笑)でも良いことで噂してもらえてよかった!

banner_02.gif
posted by ixel at 20:28| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | escuela/学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

Pasión Vega en Palau de la Música

Pasión Vega-"La reina del Pay Pay"
pasión vega.jpg

 Esta noche fui al concierto de Pasión Vega con Sandra el que se realizó en Palau de la Música en Barcelona. No decidí ir allí porque la conocía sino que a Sandra le gusta la cantante y me la recomendió. Aunque no la conocía, hoy busqué algunos videos suyos por You Tube y los veía para que cantara o disfrutara con ella y los demás.

Pasión Vega es una cantante que canta baladas, o sea una música muy romántica y suave, así que la mayoría de los espectadores eran mayores. Pero bueno... a mí me ha gustado mucho. Aunque nosotras quedamos dormidas al final...jejeje porque sus canciones fueron como si fueran "nanas".

Pero una cosa, lo que tengo que apuntar aquí sobre ella es su voz maravillosa. Antonio Banderas también dice "la voz de Pasión es una de las mejores voces femeninas que he escuchado en mi vida. Desde las grandes divas del jazz hasta las copleras españolas pasando por la balada americana." Totalmente me imprecionó su voz que escapó a la que tenemos... ¡ay qué maravilla!

Según ella, hoy era su último día de la gira así que lloraba de emoción. Me alegro mucho de haber ido a su concierto del día.

Después del concierto, he empiezo a escuchar su música y ahora tengo ganas de conocer sus canciones. Una canción suya que se llama "El rumbo de tus pasos" ya ha sido una  de mis canciones favoritas. No sé cuántas veces he visto el mismo video que sale la canción por You Tube.    

Pasión Vega-Web Oficial
http://www.pasionvega.info/

**************************************************
今夜はPasión Vega(パシオン・ベガ)というスペイン人歌手のコンサートにサンドラと行ってきた。場所はカタルーニャ音楽堂。リュイス・ドメネク・イ・モンタネール(Lluís Domènech i Montaner)の設計による、世界遺産にも登録されている素晴らしいコンサートホールで聴けるとは何という贅沢。さて彼女パシオンはバラードを時に熱く時にしっとりと歌うから、彼女自体若くても(少なくとも子どもはいないんだそうだ)ファン層は中高年が主。サンドラがおっとりした性格なので、あー合ってるなと思った。

ところで私、コンサートに行くと決めたはいいが、パシオンのことを何も知らなかった。予備知識を入れなきゃコンサートを存分に楽しめないと思った私は、昼間からパソコンに向かい、彼女の歌をYou Tubeで拾って聴いてみることに。繰り返し聴いているうちに曲の感じもつかめてきたところで出発。

彼女について特筆すべき点はなんと言ってもその「歌唱力」その「」にある。かのアントニオ・バンデラス(俳優)も『彼女の歌声は、僕が生まれてこの方聴いてきた女性歌手の中でもトップクラスに入るよ』と褒めちぎっている。強く、どこまでも伸びるしなやかな声が強く私の心に残った。

今わたしのお気に入りは"El rumbo de tus pasos"(あなたの向かう道?)。You Tubeで何度繰り返し聴いたか分からないって程に好き。コンサートでは、特注?の真っ白なソファに座りながら、しっとり歌い上げる彼女に惚れ惚れしてしまった。

Pasión Vega-Web Oficial
http://www.pasionvega.info/

2007年12月15日

Sagrada Familiaの夜

昨日の天気予報では、ここカタルーニャ地方は雨やら雷やら降るって言ってたのに嘘つかれた!(笑
雨降るならと思って今日は一日中家にいるつもりが、晴れられたらなんだか外に出なきゃいけないような気がしたので、夕方から私の友達・香織ちゃんの恋人でバルセロナ在住のタカを誘って散歩に出かけた。

どこに行こうと考えて思いついたところが、サンパウ病院サグラダファミリア近辺。
夜の景色を見たことがなく、サンパウ病院に至っては一度も行ったことがなかったので提案したところ、着いてみたら「こんな近いのに今まで来たことなかったの!?」と言われ。怠け者の私はこうまでしないと(誰かと約束したり)行動に移さないのである(・・・それもこれも家の居心地がいいからだコノヤロー、サンドラありがとー!)。

hospital sant pau_noche1
▲サンパウ病院正面。夜も散歩できる

hospital sant pau_noche2hospital sant pau_noche3
▲サンパウ病院構内

地下鉄5号線"Hospital de Sant Pau"で下車すると病院前に到着。
サンパウ病院とサグラダファミリアを繋ぐ道、その名も「ガウディ通り(Avinguda de Gaudí)」からの夜景を眺めるのが最高だと彼に教えてもらった。3ヶ月バルセロナに住んで、初めて知ったよこの場所(*゜ロ°)ノミ☆教えてもらっていなければ、わたしゃこういう穴場というか、絶景スポットとか見逃したまま日本へ帰ってたんかね、そう思うと震えが止まらん。(笑

avda gaudi1

avda gaudi2
▲ガウディ通りから見るサグラダファミリア(desde la avda. Gaudí)

avda gaudi3
▲街はクリスマスムード一色

avda gaudi4
▲どんどん近づいております(Estoy acercándome hacia ella!!jejeje)

夜のサグラダファミリアはライトアップされて、中にこそ入れないけども景色を見るのもまた乙。
おすすめ。
sagrada familia nocturna1

sagrada familia nocturna2

sagrada familia nocturna3
▲言わずと知れたサグラダファミリア(聖家族教会)を一周
posted by ixel at 23:18| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

初★bicing

bicing.bmp

"bicing"...¿lo habéis oido este servicio en Barcelona?
Es un transporte público en bicicleta que ofrece "Ajuntament de Barcelona (catalán)". Ahora aquí en Barcelona hay 1500 bicicletas y más de 100 estaciones y cualquier persona que compra el abono de "bicing" puede usarlas y ir donde quiera.

*Las Tarifas
Abono anual: 24 euros
Abono semanal: 1 euro
Para más información:
http://www.bicing.com/

Pues, yo también compré este abono a través de la página web y lo conseguí el mes pasado, pero...
el primer día que procuré usar el servicio, no funcionó mi tarjeta!!!
¿Por quééééééééééééé??????
...entonces, a partir de ese día no lo usaba, porque tenía duda de si podría usarlo o no y creía que tendría que ir a la oficina para preguntar mi problema y tal. Pero como no tenía tiempo (y porque soy perezosa!) no he ido a la oficina mucho tiempo, así que hoy he decidido ir ya.

A las 15:10. Llegué enfrente de la oficina que estaba cerca de la Catedral. Encontré aquí también había una estación de bicing, y para comprobar mi problema, acerqué mi tarjeta al lector de la terminal de acceso al servicio.

¿y qué me pasó?

...Ya funcionó!
No sé cómo han reparado el sistema y mi tarjeta pero de todos modos... ¡TOMA YA!
Pues entonces cogí una bicicleta según la pantalla del terminal y fui hasta el Clot con ella. jajaja
Tardaba casi 30 minutos en llegar de la Catedral al Clot. Pero me gustó montar en bici y ver los paisajes ciudadanos. Aunque en estos días hace frío ya me conviene hacer ejercicio, es que no había hecho NADA desde que yo había venido a España.
¡¡¡Q u é    d e s a s t r e !!!


En mi cole, hay un profe que se llama Marc (hola! ¿estás aquí viendo?), y como él monta y viene al cole en su bicicleta todos los días, la bici no le deja engordarse aunque él lo quiere. Qué envidia...así que la semana que viene, regresaré en bici desde el cole hasta el Clot y luego cogeré el metro. A ver si voy a estar...Marc, como tú!? jajajajaja

***************************************************
バルセロナ市役所が今年始めた自転車貸し出しサービス、その名も「bicing(ビシング)」。1年で24ユーロという定期券を買った私も早速使うぞ!と先月張り切っていたのだが、なぜか使用初日に読取機に嫌われ(嘘。本当はパソコンでカード裏の10桁の数字を入力してカードを有効化しなければいけなかったのを知らなかったのだ)使用できず。今日の今日まで使わないままでいたが、今日こそはbicingのオフィスに行って質問してこよう!と意気込み、クラス終了後にカテドラル近くまで歩いていった。

友達のジェニー(韓国人)に教えてもらった場所に着くと、そこにも貸し出し自転車置き場があるのを発見。質問前にちゃんとカードが動かないことを確認しようと一度カードを読取機にかざしてみる私。

すると・・・

あれっ、動いた。

れれれ、使えるんですけどーーーー!?!?!?!
こうなりゃ乗っちゃえー!とixel初めての自転車 in バルセロナ!ひゃっほー♪その足で一路クロット(El Clot)という最果ての駐輪場まで行き、自転車を停めた後は地下鉄に乗って帰りましたとさ。地下鉄に乗ることは以前と変わりなく、結局地下鉄の回数券も買わないといけないから経済的に恩恵を受けずちょっと残念だけど、でもその分日ごろ運動不足の私には30分のチャリンコこぎは楽しいし、有難いのである。

私の通っている学校にマルクという男の先生がいるのだが、いっぱい食べるし、ジムにも行って体を鍛えているのに全然体が太ってくれないのだという。んま〜日夜ダイエットに励む女性が聞いたらみんな何て顔するでしょう!と思っていたら、彼、毎日学校まで自転車で来ているのだとか。片道40分を往復するから体もいっぱい動かしているし、体が彼を太らせないようだ。

私の学校生活も残すところあと2週間。
帰りは毎日自転車に乗って、冬の街景色を楽しみながら家路に着くことに決めた今日。
おまけにマルクみたいにちょっと痩せてくれないかな〜なんて淡い期待も踏まえつつ。ぐふ。

banner_02.gif
posted by ixel at 17:59| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | España/スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

Turróóóóóóóón

turron1
▲Turrón en "Planelles Donat"

No era hoy, pero otro día Sandra me llevó a la fira de Santa Llucia que está delante de la catedral y luego fuimos a una pastelería muy famosa que se llama "Planelles Donat" para comprar algunos turrones. Turrón es un dulce muy típico en España, sobre todo se come mucho por la Navidad y tiene dos tipos: uno es turrón duro (de Alicante) y otro es blando (de Jijona), los dos son hechos de almendras y miel. Cuando fuimos allí, había mucha gente para comprar turrón como nosotras y tuvimos que coger el ticket para esperar el orden de pago.

Planelles Donat*hay 3 tiendas
C/Cucurulla, 9
tel: 93 317 22 38
C/Portal de l'Àngel, 7
tel & fax: 93 317 29 26
C/Portal de l'Àngel, 25
tel: 93 317 34 39
fax: 93 412 65 71

**************************************************

スペインのお菓子、トゥロンのお話。
先日サンドラが、カテドラル前の季節限定マーケットに連れて行ってくれた帰りに寄ったのが、バルセロナだけでなくカタルーニャでも有名なトゥロン屋さん。トゥロンというのは、アーモンドや蜜などで固めたお菓子で、特にクリスマスのこの時期によく食べられるのだそうだ。代表的なのには2種類あり、アーモンドが固形のまま入っていてとっても固いハードタイプと、アーモンドが粉状で入っていて柔らかいソフトタイプがある。蜜で出来ているだけにとっても甘い。

サンドラがお父さんお母さんにも買っていこうというので、多めに買っていた。私たちの分は今でも台所に置いてあり、サンドラと私の2人で少しずつ食べている状態。甘いから少しずつ、ね。

ということで、バルセロナ中心部へ出かけた際は見かけてみて。私たちが行ったのはカタルーニャ広場からカテドラルに延びる通り、el corte inglésから目と鼻の先にあるところ。
posted by ixel at 16:59| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

日本より救援物資届く その1

productos japoneses


¡Ha vuelto Hiro a Barcelona desde Japón con muchos regalitos para mi! ole ole!!
Al abrir la bolsa que me dio él, quería llorar de alegría. aaaaaaaaaaaa!!!
Dentro de la bolsa, había HURIKAKE(condimento en polvo que está hecho de verduras y pescados para echar encima del arroz), CUP NOODLE(fideos chinos precocinados), SALSA PARA YAKINIKU(carne asada), SENBEI(galleta de arroz) y BUFFERIN(medicamento para la cabeza)...
Ay, ¡QUÉ EMOCIÓN! ¡¡¡Gracias Hiro!!! muaaaaaaaaaa

2週間ぶりに日本の里帰りからバルセロナに戻ってきた元クラスメイトのヒロに出会った。「これでも切った」という自慢のロン毛には、くるくるとゆるいパーマもかかっており。
「笑うなよ」と先に指されたのでね、えぇ笑いませんよ。・・・プ。
ところで久しぶりに会った彼から今日手渡されたものはと言えば・・・懐かしの日本の食材!
おとなのふりかけ(海苔わさびが大好物である)、カップヌードル、焼肉のたれ(しかも牛角の!これマジでヤバい!)、それからお煎餅にバファリン。実は彼の帰国前に私が頼んでおいたもの。袋を開けて中身が見えた瞬間、嬉しくて泣きそうになった。ほんとにありがとう!!!

で、今夜はもちろん・・・

yakiniku

ハートたち(複数ハート)1人焼肉パーティーハートたち(複数ハート)

炊きたての白いご飯がまた進むのなんのって。こりゃやべぇあせあせ(飛び散る汗)(笑
banner_02.gif
posted by ixel at 19:07| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | en casa/家での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

歯、その後

Hace unos días, se me cayó un empaste...ay, nunca me lo había imaginado que me pasara en España. Entonces escribí un mail a la dentista mía que estaba en Japón y ella me contestó.

Según ella, sería mejor que no fuese a la clínica si no tengo dolor en la muela que perdió el empaste. Pues como ahora no tengo ningún dolor, no voy. Además estoy un poco preocupada por el importe. Si es muy caro, no puedo pagar aunque la compañía de seguros a la que pagué me va a devolver el importe. Es que imaginaos, si fuese superior a la cantidad cubierta por el seguro...¡Uf! ¿qué haría yo?  

¡Oye! Pero, ¿por qué a mí me ha pasado las cosas que no querían?
Me robaron mi bolso entero en julio, se me cayó un empaste hace poco días, y ahora ¿qué?

**************************************************

日本でかかりつけの歯科の先生からメールの返事がきた。
先生からは、
・痛くなりそうなら保険を確認してスペインの歯科にかかってください。
・もし3月まで我慢できそうならイソジンでうがいをよくしながら帰国後みせてください。
・くれぐれも保険はよく確認してね。

とのこと。
ということで、痛くない現在、毎日頑張っていつもにも増して丁寧に歯を磨き、仕上げに先生に頂いたイソジンで口の中を消毒しながら様子を見ている。痛くなったら歯科に行こうかなというところ。

母の聞いた話では、カナダで日本の30倍もの診察料を取られた人もいるとか。
スペインの歯科も高いと聞いているし、保険に入っているとはいえちょっと身構えてしまう。

banner_02.gif
posted by ixel at 17:05| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | en casa/家での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

一石二鳥は難しい

Os juro decir la verdad.
Mi inglés actual está FATAL.
No me sale ninguna palabra inglesa en ningún momento, aunque necesito hablarlo.

Hasta que viniera a España, yo había creido que habría podido aprender incluso inglés con algunos amigos americanos, pero era falso. Es que yo no puedo matar dos pájaros de un tiro, sino que "El que mucho abarca poco aprieta".

Creo que tendré que repasar el inglés cuando vuelva a Japón y empiece a vivir allí otra vez. Claro que segiré estudiando el español también para no olvidarme, así que al mismo tiempo tendré que pensar cómo podré mantener mi nivel de español en Japón. Bueno, ya lo miraré...
 
***********************************************

何が一石二鳥って「英語」の話。

とにかくスペインに来てから私の英語がめちゃめちゃひどい!
理由は「喋らないから」と「スペイン語の集中してるから」の2つ。

スペインに来る前に、アメリカ人の友達を作って英語も上手になっちゃおうとワクワクしていたが、そんな器用なことはできないんだなと知ったこの留学。「一石二鳥」ではなく、「二兎を追うものは一兎をも得ず」ということだ。お陰でスペイン語に集中でき、上達が早かったのは言うまでもなく有難いけれど。

時々、スペイン語がまだあまり話せない外国人に英語で話しかけられることがある。
ixel、相手の言っていることは聞き取れたり聞き取れなかったり。
しかし自分の表現(アウトプット)はもっと散々なもので、相槌は全てスペイン語、"yes"が言えない(なぜならスペイン語では"sí"だから)、ひどい時は発音までもがスペイン語に洗脳されているという有様!自分で自分に「おい、おまえ大丈夫か、一体どうしちゃったんだよ!」と人知れず声をかけているixel、ここまでくるともう泣きたいよ。わ〜ん!

日本に帰ったら、また英語に慣れないとなんて思っている今日この頃。スペイン人の先生に「でもixel本当は英語喋れるんでしょ?」って訊かれる度に『だからひどいんだってば!』とキレ気味で答える私(笑)。だからと言ってスペイン語も忘れたくないし、今のこのレベルを日本でも維持するためにはどうしたらいいんだろうかと頭を悩ますところである。
posted by ixel at 21:08| パリ ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

銀歯が外れた!

留学中起こってほしくないなぁと思っていたことが今夜起こってしまった。
「銀歯が外れた」そして恐らく「飲み込んで」しまったの!!!
シェーッがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)!!!
外れただけで持っていたらまだしも、飲み込んで銀歯を持ってないなんて更に性質が悪い。
もっとお金かかるじゃんむかっ(怒り)

スペイン滞在もまだ3ヶ月弱あるし、銀歯の抜けた上顎の奥歯は大きな穴が開いちゃったし、大好きな食事を気にせず食べられる幸せを取り戻すため、そしてこれ以上虫歯にさせないためにはきっと歯科に早急に行かなければならないんだろうな、なんて思いながら日本のかかりつけの歯科医に相談と報告のメールを打った。(私の歯医者の先生については過去の日記参照のこと)

不幸中の幸いか、私は留学する前に「歯科疾病治療費用補償」という項目も保険にかけていたので、万が一スペインで歯科にかかっても1歯5万円まで支払ってもらえるらしく、ホッと胸をなでおろしているところ。
というか、まだ事故報告してないので定かではないが。

あ〜スペインの歯科かぁ。どんなんかな〜と行く前からソワソワ。
盗難の次は歯科ですか。いやー何が起こるか本当にわからん人生やね。保険かけておいてよかった・・・!とつくづく痛感するこの1年である。

banner_02.gif
posted by ixel at 23:44| パリ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | en casa/家での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

ジェネレーションギャップ

申し訳ないけど、15〜6歳のスペイン人の子達に囲まれてプライベートな時間を過ごすのって
「ないな。」
と思った今日。

話すことがゲームと漫画の話ばっか。
駄菓子を勧められても私は食べないし。
なのに「このまま喋ってるだけなら、私帰るよ」とも切り出せず。
わ〜ん!(私は案内されている側だし)

帰りがけに「今日どうだった?楽しかった?」って16歳の友達に聞かれて
「興味ない話聞いてるばっかですっごく退屈だった」
・・・って言えるかよ!(泣)

「友達呼んでもいい?」って訊かれた時に、こんなことになると思ってなかったから「いいよ」って言ったけど、今後もたむろってお喋りするだけなら15〜6歳の中に25歳が1人いるのはかなりきついので、できれば避けたいと真剣に考えている。
そして、場の雰囲気を読めない彼らがとても幼く見えて、ひどくジェネレーションギャップを感じたのだった。

ところで日本人の持つ、人を案内したりするときの「おもてなしの心」は、世界に誇れる日本人の民族性であると私は胸を張って言いたい。
海外でも人によりけりだろうが、招待客のもてなし方に疑問符を持つことが何度かあったので、より日本人の立ち振る舞いがよく見えてきたのだ。

以下の外国人の行為を見たために残念な気持ちになったことが何度かある。

・招待客の分からない言語で喋り捲り、仲間内だけで盛り上がる行為
・招待客の前でカップルがイチャつく行為
(どうせならイチャイチャしてるのをガン見するくらいの強気がほしい)
・招待客を話の輪に入れない、輪に入れる話題を提供しない、気を配らない

これって、相手が子どもだからか?
たぶんそうだと思う。大人はこうでないと願いたい。

そして、同時にそんな時に割って入るだけの強気な私でないことも残念に思う。
控えめに相手を尊重しているつもりだったのが、ただの寡黙で引っ込み思案の人になってはいまいか。

もしかしたら思い切って打ち明ければ「喋ってくれればいいのに」って相手にしれっと言われ、案外ことは自分が思っていたよりもずっと簡単に解決しそうな気もするし。

ということで、日本と海外との違いを実際に目の当たりにして悩んでいる今である。
banner_02.gif
posted by ixel at 23:23| パリ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

スペイン発 日本風味

スペインにある大型スーパーCarrefour(元はフランスの会社。日本にも店舗があるらしい)でお買い物をしたixel。牛乳4Lに大好きなカカオラット1L、スパゲティ1キロも買えば、かごの中は6キロですよ奥さん。肝心の野菜や魚や肉が買えず、「何しに買い物に行ったん!?」という声もどこからか聞こえてきそうな今日であるが、まぁスーパーも近くだしまた行けばいいかなと思って今日は帰ってきた。

これと一緒に。
fideos japoneses1
▲日本食のつもりらしい

どうやら水と油で茹で上げて作るタイプの即席もののようだ。
袋の表には「和風!」と書いてあったが、「どうせ・・・(略)」といぶかしく思いながらも試しに買ってしまった。スペインで言う「日本食風味」とはどんなものを指していうのか興味があったからだ。

で、家に帰って早速作ってみた。
fideos japoneses2
▲できあがり

出来上がりがこんな感じ。袋の中身は全てフリーズドライ、麺は平麺(しかも細切れ)、具は小さなにんじんと、きくらげとエビ。肝心の味は・・・ん〜なんじゃこりゃ?和食とも言えず、中華とも言えず、何ともニュートラルな見かけとその味に、ixelはこれが何料理なのか判断がつかなかった。

まぁ、二度と買わないでしょう。(苦笑)

banner_02.gif
posted by ixel at 18:01| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

焦がした!

olla quemada


さっきお鍋焦がした〜〜〜〜〜〜〜!!!!!がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
(¡¡¡¡¡Hace ratito he quemado la olla con hornillo de gas!!!!! )

もうこれで2回目の鍋焦がしかと思うと、はぁ〜。
(前回は2ヶ月前、お米を炊いていた時にやらかしたのであった)
諺にもあるように「2度あることは3度ある」なんて言われたら、あぁもうどうしよう!
もう二度としないぞ!手(グー)

Es la segunda vez que quemo la olla.
(y la primera vez fue hace 2 mes cuando intenté cocer arroz.)
Un refrán español me amenaza con su frase..."No hay dos sin tres"
AHHHHHHHHHHHH!!! ¿Qué haré yo? ¡Ojalá que nunca vuelva a hacerlo!

どうせ焦がすなら、鍋じゃなくて違うものを焦がしたいと思うixelであった。

ほら、身とかさ。
・・・黒ハート

プッ。

banner_02.gif
posted by ixel at 17:54| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | en casa/家での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

アカデミックコースに戻った日

ろくに更新もできていないのに、カウンターを見ているとちょくちょく訪問者が来ていることを知って有難く思っております。どうもありがとうございます。

理由はといえば、先週の金曜日にようやくビジネスコースの最終目標である「マドリッド商業会議所認定ビジネス検定」なるものを受けるべく、先週は集中して勉強していたので、パソコンにもあまり触らずにいたというわけ。パソコンをつけ出すと、私はもう止まらないので。(笑

先週や週末の様子はまた追って更新することにして、今日からまた朝9時半からアカデミックコースの授業が再開した。先週まで目覚まし時計を設置しないで『目の覚めたときに起きる』というこの上なく素晴らしく怠惰な生活をしていたので、今朝8時に起きなければいけなかったのはいくら昨夜早く寝たと言えど体に堪えるものだった。

クラスに入ると、待っていたのは先生のエレナだけ。訊くと、これまた生徒が私しかいないらしく個人レッスンとのこと。(大抵はこんなこと有り得ない)
やったーーーーーーーーーー!
先生もエレナとアルバという優しくて若い(と言っても30歳)先生だし、満足。
この語学学校で勉強できるのもあと1ヶ月。有意義な個人レッスンになりそうだ。

で、今この14時半からは先々週の金曜日にやれなかった授業の振り替えということでビジネススペイン語の授業があと4時間待っている。ビジネススペイン語の授業が大好きだったから、最後の授業ということで寂しいけれどあとちょっとだけ頑張ろうと思う。

それにしても8時間も授業に出席して、しかも全てが個人レッスンとはついてるなぁ。
posted by ixel at 14:22| パリ ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | escuela/学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。