2008年02月29日

Viaje por París 1

El día 29 de febrero.
Hoy ha sido el último día de mi práctica. Mucho más antes mi jefa me dijo que me invitaría a comer, pero era imposible para hacerlo hoy ya que era el día final de mes y por el tema de contabilidad.
Cuando salí de la empresa, ya eran las 5 de la tarde. Pf!

y hoy tuve otra cosa que hacer especialmente!
"IR A PARÍS EN TREN"

He comprado un billete de coche cama (trenhotel) Barcelona-París y la ida para las 21.05h del día mismo.

Resultó que por poco perdí el tren! Ohhh qué susto!
Lo que pasa es que fui hasta la estación de França (Francia en catalán) en bici del BICING y las estaciones de él, las que están justo delante de la de França no me dejaron aparcar la bici! Se me estaba acercando la hora de marchar el tren pero no pude dejarla ya que luego me cobraría y pensaba ¡¡QUÉ HAGO!! En este momento también vino otro hombre con bici e intentó aparcarla pero le dije que "no" y yo hablé de mi situación y me acompañó hasta otra estación y fui corriendo al andén.

En el andén no había ningún pasajero y sólo unos revisores, me dijeron que habría tenido que llegar más temprano y era muy tarde. Claro, tenía razón porque el tren salió cuando me senté en mi asiento!!

En el cuarto (dormitorio) del vagón donde estaba, había 2 chicas que eran de Jaenm de Andalucía y luego vino otra mujer que no sé de dónde era. Sobre todo con chicas andaluzas hablé varias cosas y era divertido. Aún ahora no me puedo olvidar sus caras sorprendidas cuando me declaré de lo que era japonesa ya que según ellas yo hablaba castellano perfectamente. jiji, tomaaaaaa!

Me acosté a las 23h, para mí era temprano pero bueno, era muy sano, no?

"Al despertame, ya estaré en París..."
Pensando cosas que iba a hacer en París con amigas, el corazón me palpitaba de emoción.

*******************

インターンシップ最終日。
以前マリパスに「最終日には食事に連れて行ってあげるからね」と言われていたが、「できっこない」と知った今日。会社の支出入にまつわる経理なんて担当していたら、定時に帰るなんて無理だった。行政書士に渡さなければならない請求書や銀行からの明細書等を全てコピーして封筒に入れていたら時計はとっくに5時になっていた。最後の最後までこんなに働いて。タダ働きじゃなかったら、いっぱいお金もらえてたなぁ。

時計を気にしながら働いていたのにはわけがある。
最終日の今日29日の夜、バルセロナを発って行きたい場所があった。

それは、パリ。

飛行機のチケットがネットの不具合でカードを受け付けてくれず、仕方なしに寝台車で行くことに。夜の列車の旅も悪くない。時間が有効に使えるし、ということで21:05発の列車に乗るべく、バルセロナのフランサ(フランス)駅へ。

しかしここで問題発生。
フランサ駅前にある2箇所の駐輪場が、自転車を返させてくれない!どういうこっちゃ!そのうちに列車の出発時刻は迫るわ、でも自転車はそのままにはできないし、あーどうしよう!そうこうしていると、もう1人自転車に乗ったおじちゃんが自転車を留めようとやってきた。
ixel「ダメだよ、どこも動かないの」
おじちゃん「あ、そうなの?」
ixel「わ〜どうしよう、電車に乗らなきゃいけないのに」
おじちゃん「何時発だい?」
ixel「21時5分、もう時間がないの」
おじちゃん「あれま、じゃついてきて!他の駐輪場へ行こう」
・・・この時点で時計は既に9時。しかしおじちゃんがいてくれてよかった。おじちゃんの先導なしでは近くの駐輪場に辿り着けなかっただろう。感謝。そこから猛烈ダッシュで駅のホームまで駆け込んだことは言うまでもない。
・・・しかし私も足が遅くなったこと。力を出しても前に全然進めない!(泣

ホームに行けば、乗客が誰もおらず、全員乗り込んだ後だった。車掌さんがちらほらいるだけで、急いで切符を見せると「もっと早く来なきゃダメだよー、ギリギリは危ないよ」と言われる。自転車のトラブルがなかったらもう少しだけ早く来れたもんと思いながらも、列車に乗り込むまで、いや乗り込んでからも息が切れてしばらくはハァハァ言っていた。
私が席を見つけて、座り込んだ途端に動き出した列車。セーフ!

額から汗が流れる。

そして私を覗き込むようにして見つめる相席のスペイン人の女の子たち2人。

「危なかったね」
「ギリギリじゃなかった?」
「私たち言ってたんだよ、あ、まだ来る人がいる、ひょっとしてうちらの所に来たりして?席も空いてるし・・・なんて、そしたら本当だった」

そこから1時間くらいずっと話しただろうか。アンダルシア地方のハエン出身という彼女達も、この週末を利用してパリを旅するのだという。旅の途中で初めて会う人と話すというのもなかなか楽しいものだ。特に私が日本人であることを話すと、2人とも口を開けたまま数秒固まっていたのは笑えた。「な、なななななんですってー?スペイン人だと思ってた!!」だって。これもスペイン人ぽく話せしていたことの証、嬉しくなった。

23時くらいには就寝。いつもの私なら有り得ないほど早いが、健康的でいいではないか。

明日起きたらもうそこはパリ!と思うと、ワクワクした。
初めてのパリ。どんなところなんだろう。
posted by ixel at 23:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | viajes/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

Richar & Arnau selection

Hoy apunto unas canciones españoles chulas según amigos míos: Richar y Arnau.
Como tengo iPod luego procuro ponerlas en él. jiji

PAULINA RUBIO
 -Ni una sola palabra

BEBE

MANOLO ESCOBAR
 -Mi carro
 -Viva España

ALEJANDRO SANZ
 -Corazón partido

EL BARRIO

LOS REBUJITOS

LOS DELINQÜENTES

 -La primavera trompeta
 -El aire de la calle
 -A la luz del lorenzo
 -Nube de pegatina
 -Trabubulandia
 -Después

FITO & FITIPALDIS
 -Por la boca vive el pez
 -Acabo de llegar

G5

 -Perdio

FREDDIE MERCURY / MONSERRAT CABALLÉ
 -Barcelona

PERET
 -Barcelona

MUCHACHITO

 -Ojalá no te hubiera conocido

LOS MANOLOS
 -Amigos para siempre

MIGUEL BOSÉ
 -Morena mía
 -Amante bandido

FARY

David Bisbal

 -Bulería
 -Ave María

LOS CHICHOS

 -Son ilusiones

ROCIO JURADO
 -Soy de España
 -Como una ola

SEGURIDAD SOCIAL
 -Chiquilla

EL CANTO DEL LOCO
 -Besos

JARABE DE PALO

ESTOPA
 -Fui a la orilla del río


Sobretodo las 2 canciones de BARCELONA (de Freddir Mercury/Monserrat Caballé y de Peret) a mí me han hecho una pegadiza y me gustan mucho. Cantaré cuando me acuerde de mi ciudad hermosa: Barcelona.

********************************

リチャールとアルナウが薦めてくれた、スペインポップス、ルンバの数々。
滞在中によく聴いていた音楽を集めてみようと思って、彼らに訊いてみたのだ。

中でもバルセロナのことを歌った2曲は私の大のお気に入り。
Queenのボーカル、フレディ・マーキュリーとバルセロナ出身のオペラ歌手モンセラット・カバジェが歌った「バルセロナ」(1988)はとびきり思い入れがある。私が小学校の運動会の組立体操で先生がBGMで流したもの。あの頃から好きだったが、歌手名も曲名も知らず、ただ92年バルセロナオリンピックの公式ソングというだけでここまで記憶を保っていたものだ。手元に曲がある今でも運動会のことが断片的に思い出される。

Peretの「バルセロナ」は、2007-8年の年越しディスコテカで初めて耳にした歌。ノリがよく、おまけにバルセロナを歌っているので私も一緒に歌いたくて悔しい思いをした。リチャール、チャビ、エドガーが胸を広げ「バルセローナー!」と叫んでいる姿が脳裏に焼きついている。バルセロナの有名な通りの名前、観光名所が歌詞の中に出てくるので、知っている人にとったらとても面白い。

2008年02月17日

No es país para viejos

"No es pais para viejos" ... es una novela por Cormac McCarthy.
Esta noche vi esta peli con Sandra la cual es nominada a los Oscar en 8 secciones distintas y es famosa por el personaje de Javier Bardem, que logró el Oscar al mejor actor secundario ( y es la primera vez que un actor español lo consigue).

Pues... aunque sea una peli muy buen hecha, no me gustó mucho porque era llena de sangre y asesinato. Había muchas escenas que no quise ver y cuando se acabó la peli, ya tenía náuseas de verdad.

Siempre hablo con Sandra después de ver peli para aclarar el contenido, y esta vez resulta que nos faltaba información. No nos hemos enterado nada por qué el asesino psicópata (Javier Bardem) siguió matando a la tanta gente, ni por qué podía conseguir encontrar a Llewelyn aunque no tuviera detector y ni de dónde salió este tío de todos modos. Además creemos que el final, la escena que apareció Sheriff y contó sobre 2 sueños que había visto tiene una clave de esta película pero tampoco entendimos muy bien.

Ya tenemos muchas pelis pendientes que hay que volver a ver.
Se nota, no? jajajajaja

Sinopsis
Río Grande, Texas, principios de la década de los ochenta. Llewelyn Loss decide quedarse con una maleta llena de 2 millones de dólares y muchos problemas. Será el inicio de una cuenta persecución a dos bandas. Un Sheriff crepuscular tratará de hacerle entrar en razón y un asesino psicópata, matarle. La ley quedará superada por la ambición y la brutalidad.

****************************

「ノーカントリー」(原題 "No Country for Old Men")を観てきた。「ノーカントリー」と言われるとなんか響きがカッコイイが、スペイン語の題も原題をそっくりそのままスペイン語に置き換えただけだったので、あらすじも何も知らなかったサンドラと私にはどんな内容の映画なのかさっぱりイメージできなかった。年寄りには国がないってどういうこっちゃ!?といった具合に。
この映画、今年度の第80回アカデミー賞で8部門にノミネート、そこから助演男優賞(ハビエル・バルデムというスペイン人俳優)、監督賞、作品賞、脚本賞の計4部門での受賞という快挙を遂げた本作品、見ている間にじわじわと襲ってくるスリルが何とも言えない、が、はっきり言ってどんなにいい作品だと批評家が言おうが私やサンドラにとってはあまり観ていて気分のいい映画だとは思えなかった。そりゃあスリラー・サスペンスだからねと言われればおしまいなのだが、血と殺人がいっぱいのこの映画、観終わった時には私は本当に気持ちが悪くなって胃がムカムカしていたもの。何度目を逸らしたくなったことか知れない。

私がスペイン語(吹き替え版)を隅から隅まで十分理解できなかったというところにも問題はあるだろうが、映画の進み方に不明瞭な点がいくつかあり、説明が足りないように思った。というのはサンドラも同じように思ったらしい。なぜ殺し屋はあんなにも人を殺すのか、どうして人の居場所をつき止められたのか、など。最後のシーンなんか、この映画のタイトルを思い出させてくれるようなまとめの仕上がりになっていたはずなのに、ポーっとしていたら聞き逃した。

やー、またこれ帰国したらDVDで観てみないといけない・・・とは言ってみるが、この作品は観るかなぁ。(苦笑

《あらすじ》
リオグランデ、テキサスが舞台の80年代前半。ルウェリンは2百万ドルの入ったケースを抱えて逃亡の旅に出る。それが2人からの追跡に遭うことになる。ベテラン保安官は謎の究明に奔走し、狂った殺し屋はルウェリンの命を狙って追いかける・・・
posted by ixel at 23:15| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

orígens 99,9%

Han venido Hidemi a Bcn otra vez!!!
Como ella me pidió que le recomendara algún restaurante favorito, la llevé a un restaurante que me gusta...junto con su madre y  su tía. Lo donde fuimos era "orígens 99,9%", ahora ya hay algunos de franquicia ya que tiene éxito...me imagino, se puede encontrarlos en varios sitios en BCN. Antes fui a otro donde estaba en la calle Enric Granados (cerca de Universitat) pero hoy fuimos en el barrio Born.

En este restaurante, todos los platos que nos ofrece son de la comida catalana así que creo que será muy útil y apropiado venir aquí cuando se necesita invitar alguien quien no es de BCN a comer.

Ellas me dejaron pedir los platos ya que no sabían castellano ni sabían cómo era la comida catalana.
Yo pedí...
· Pan com tomate
· Embutidos catalanes
· Ensalada de membrillo con queso y anchoas
· Cebolla rellena
· Bacalao con manzanas
· Rape al ajo quemado
· Pulpitos con cebolla y tomate
que son para cenar y 
· crema catalana
· Limón y avellana
· Queso con frutos de los Pirineos
que son como postre.

Me alegraba mucho de que todas se comieran todo y me dijeran que estaba muy contentas y les gustó mucho la cena.
Sí...a mí también me encantó. Para cocinar y reproducir los platos por mi misma, antes de volver a Japón tengo que aprender cómo se hacen!

orígens 99,9%
Passeig del Born, 4
tel: 93 295 66 90

Enric Granados, 9
tel: 93 453 11 20

Vidrieria, 6-8
tel: 93 310 75 31

Ramon i Cajal, 12
tel: 93 213 60 31

*******************************

今夜はヒデミさんとその母親、叔母さまをお連れしてorígens 99,9%へ行ってきた。はるばる日本からスペインへ旅行をしにやってきたお二方と、そしてマドリッド在住のヒデミさんと20:30にカテドラル近くのJaume I駅で待ち合わせ。ヒデミさんとは3ヶ月ぶりの再会となった。元気そうで何より。

「orígens 99,9%」というレストランは私のオススメだが、今回強く行きたいと願ったのは実はヒデミさん。前回ヒデミさんがバルセロナを訪れた際連れて行ったのをよく覚えていて、母親たちにも食べさせてあげたいということで行ったのだった。しかし今回は別店舗。人気を博したこの店も、今ではチェーン店としての展開を図っているようでバルセロナ市内に数店確認している。

この日の夕方実は予約をしたくて電話したところ「当店では予約を承っておりません」と言われてしまい、まさかの予約不可。週末は混むと見て早めに行ったつもりだったが、そこは外国人観光客。スペイン人の夕食時間と違うので、21時の時点で普通に満席だった・・・(スペイン人はもう少しだけ食事時間が遅い)ということで店の前で名前を書いて、30分間近くを散歩。港まで歩いて、泊まっているヨットたちを眺めつつ磯の香りを嗅いだらレストランへ戻った。磯の香りを嗅ぐことはマドリッドじゃできないからね。(笑

さてカタルーニャ料理を満喫してもらおうと、選んだ品は次の通り。
· Pan com tomate(パン・コン・トマテ)
→先日の日記を参照のこと。
· Embutidos catalanes
→カタルーニャ地方特産のハムやソーセージ盛り合わせ。フエット(fuet)はixel一押し。
· Ensalada de membrillo con queso y anchoas
→マルメロ(セイヨウカリン)ゼリーのサラダ チーズとアンチョビ添え。
マルメロのゼリーは単品で食べる気にはなれないけれど、サラダでこうして食べる分にはなかなかいける。
· Cebolla rellena
→玉ねぎの詰めもの。玉ねぎの中をくり貫いて、肉と野菜が詰められた煮込み料理。
· Bacalao con manzanas
→鱈のリンゴソース煮!?。これは訳すのが苦しい!リンゴのコンポートを用い、くるみ、松の実と干しぶどうを合わせた甘いソースで頂く。鱈はこの地方で最もよく食べられている魚。
· Rape al ajo quemado
→アンコウの焦がしにんにく煮!?もう訳分からんくなってきた。とりあえず美味しいとだけ言っておく。(笑
· Pulpitos con cebolla y tomate
→イイダコの玉ねぎとトマト煮。

ここまでがメイン。デザートには、
 
· crema catalana
→言わずと知れた名物「クレマ・カタラーナ」。クリームの上には焦がしキャラメルがのる。
· Limón y avellana
→レモンの酸味がきいたムース。中にはヘーゼルナッツのプラリネクリームとケーキが。
· Queso con frutos de los Pirineos
→ピレネー産フルーツを使ったチーズケーキ。レアのふるふるチーズケーキに涙が出そうになった!

ま〜ヤバイに。(笑
メニュー見ただけで、食べたい!と思った人は是非バルセロナにどうぞ。
1品ずつの値段も4〜5ユーロという手ごろさが本当にありがたい。これは見逃すな!
posted by ixel at 23:04| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

3年前の思い出、再び -La Esquinica-

仕事が終わり、自転車にまたがると、途中ばったりアルナウに遇ったりしながら1時間近くかけて帰宅。19:30からはアルナウの家に行き、リチャール、チャビとも合流して一緒に任天堂のwii(ウィー)で遊んだ。スペインでもプレステやwiiは大人気。ファミコンとスーファミしか家にない私は「ixelはどのゲーム機持ってる〜?」と訊かれて返す言葉がない。そもそもスーファミはスペインにも上陸したのかも謎。(苦笑)あぁマリオカートよ永遠なれ。あれくらい私のやり込んだゲームは後にも先にもない。

“wii sports”で遊んだ。
テニス、野球、ボーリング、ゴルフ、ボクシングとあるメニューの中から選択、コントローラーを振って実際に体を動かしながらゲームを楽しむというものである。テニスではうまくいかず、リチャール・チャビペアに連敗を喫してしまったアルナウ・ixelペアだったが、ボクシングでは何と私、3人の男性を抜いて優勝してしまった。
みんな!KOになるまでボッコボコに殴ってしまってごめん!(笑

その後、21時過ぎになってベロ(ベロニカ)の家まで車で出向いて彼女を迎え、皆で食事に行った。その行った先のバルというのが“La Esquinica”(ラ・エスキニカ)、こここそが3年前にリチャール・アルナウ・マノロ、それから日本から一緒に大学の卒業旅行に来ていたみき・いくみ・まゆみと食事したあの思い出深いバルだった。そう、辿り着きたくても行けなかった名店。なぜならバルの場所がどこだったかさっぱり記憶になかったから。そして苦い思い出と共にあの頃のことはリチャール・アルナウと私と双方がよく覚えている・・・。

時は遡ること3年前の2月。

彼らに連れられて、この“ラ・エスキニカ”でおいしいスペイン料理をたらふく食べた私達日本人の女の子4人。食事と共に「クララ」というビール+レモンジュースの飲み物を豪快に飲んだのであった。中ジョッキまではないにしても、およそそれくらいの高さはある細めのジョッキに並々と注がれたクララを飲み干しバルを出た私達。その後地下鉄に乗って、ディアゴナルまで。グラシア通りの端からずーっとウィンドウショッピングをしながら歩き、その後ランブラスを通り、港まで歩く予定だった。

が、途中激しく私達に襲ってきたもの。

(ねぇ・・・トイレ行きたくない?)ボソ

誰かが言い出した。

(うそっ、実はわたしも)
(わたしも行きたい)
(わたしも実はそう)
(ねぇ、どうする?)
(でもトイレってどこに行くの?)
(彼らに言わなきゃ)
(誰が言うの)
(ixel言ってよ、友達なんだから)
コソコソコソコソ・・・

推定500mlのクララを飲み干したわたし達全員がトイレに行きたくなり、実は観光どころではなかったのだ。「ほら、ここにカンペールの店があるよ。中に入って見てみる?」という親切なリチャールらに誘われるように中へ入るも、誰も見る気がしない・・・というかあまりの尿意に見られない!!!(爆

わーーーーーrg;psk:p;l。おいyじゅgtrdうぇgrfghcjv7たgryひh:えp!!!!!

・・・日本人はこういうところがモジモジしてて、内気で、思ったことをすぐ言えないのよね。それが美徳なのだろうけど。

で結末としては、我慢できなくなったので、「あのね、実はね、私達トイレに行きたいの」と思い切って言って、近くの喫茶店のトイレに皆で駆け込んだ・・・というものなんだけど。
あー恥ずかしい。

あの頃のことを「トイレなんてのはさ、誰だって行くものなんだから別に恥ずかしがったり隠したりすることなんか全然ないんだよ。おぅちょっと小便行ってくる!それでいいじゃん」とリチャールが笑って振り返る。今じゃすっかり笑い話だ。

そんなクララが引き起こしたトイレ駆け込み事件。(笑

私は今夜もそのクララにわざと逢うことにした。
悲劇は二度も繰り返されることなく、ゆったりと店を出られてよかったよかった。
しかしあれからもう3年も経ってしまったのかと思うと、本当に時の経つのは早いものである。店の場所は分からなかったけれど、店内の雰囲気はちゃんと覚えていた。それは、どこに座って食事したかまで。店の前に立ってからというもの、全てが懐かしく感じられた。

la esquinica1

▲実は隠れた名店。夜になると外にこんなにも人が集まり、行列を作って待つほど。
客は整理券を取って、番号で呼ばれる

clara
▲問題のクララ


tapas de la esquinica

今夜食べたものリスト。
(写真奥から)
-爆弾に見立てたポテトコロッケ(bomba)
-コウイカのガーリック炒め(sepia)
-ホタルイカのフライ(chipirones)
-ピーマンのグリル(pimiento de Padrón)
-タコのガリシア風(pulpo a la gallega)
-じゃがいものフライ にんにくソース(patatas bravas)
-コウイカのフリッター(choco)
写真にはないが、他にも
-ホタルイカのガーリック炒め(pulpitos)

どれも美味しかったが、結局はパンとピーマンとじゃがいもと、イカとタコしか食べてないんだよな。(笑
スペインもイカについては日本と同様いろんな種類があり、調理法もバラエティに富んでいるから面白い。

日本に帰る前に一度来たいと思っていたので、その夢が叶ってよかった。
道ももう覚えたし、また来られると思うと嬉しい。

la esquinica2

La Esquinica
Passeig de Fabra i Puig, 296
08031 Barcelona
tel. 93 358 25 19
posted by ixel at 23:45| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

トマトパン -Pan con tomate-

やっと家の近所にあるバルセロナの公共自転車サービスの駐輪場が機能しだしたので、港から1時間ほどかけて地下鉄を一切使わずに家まで帰ってこられるようになった。やっほーい!

帰ってくるとだいたい3時半。汗もいっぱいかいて、お腹もペコペコなのでいつにも増して食欲旺盛な私。自転車を駐輪場に預けて、途中にあるパン屋に寄り道。フランスパンを1本買って小脇に抱えて帰る。こういうの、実はやってみたかったんだよね。

で、今日の食事のは数日前から作っていたレンズ豆の煮込みと、トマトパン。トマトパン・・・って勝手に言っているけれど、本当はフランスパンにトマトを擦り付けた、こちらカタルーニャ地方に伝わる独特の食べ方「パン・コン・トマテ(pan con tomate)」である。こないだはレンズ豆の調理法を紹介したので、今回はこのパン・コン・トマテについて記しておく。めちゃくちゃ簡単なので、誰でもすぐにできるよ!

pan con tomate

《pan con tomate》
材料
フランスパン、トマト、にんにく、塩、オリーブオイル
手順
1. フランスパンを水平方向に半分に切る
2. 軽く切り口をフライパンで焼いて焦げ目をつける(にんにくを塗りやすくするため)
3. にんにくは1かけを真ん中で切り、切った面をパンに擦り付ける
4. トマトも水平方向に半分に切り、パンに擦り付ける
5. 塩をふり、最後にオリーブオイルをかけてできあがり


カタルーニャ料理!と聞いて真っ先に思い出されるほど有名なこの食べ方だが、思ったほど古くから伝わるものかと言えばそうではない。スペイン内戦後の貧しく何もなかった時代だからおよそ今から70年前(もうこんなに経つのか!?)、日がたって硬くなって食べられなくなったパンをどうやって食べようかと考えた末に広がったのがこの食べ方なのだそうだ。トマトを塗って少しでも柔らかくしようと試みた、質素倹約なあの時代のスペイン人の発明が今のスペインにも食文化として残っているというわけだ。

○●おまけ●○
自分で作ったレンズ豆の煮込み。作り方は以前の日記参照のこと。
色はグロいが(トマトとオリーブ油によるもの)見た目からは想像できないほど美味しくできた。へへへ
lentejas por ixel
posted by ixel at 16:39| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

pobrecitos índices

A veces soy distraída, por eso ahora tengo los dos dedos índices que tienen heridas. ¡Ayyy pobrecitos!

indice derechoEn esta foto aparece mi dedo índice de la mano derecha.
Perforadora me pilló mi dedo (saltó un muelle de repente) y ahora queda una ampolla de sangre...



indice izquierdoEsto es mi otro dedo índice, o sea que es de la mano izquierda.
Hace pocos días empezó a romperse la uña y se ve la carne que estaba pegada a ésa, oh oh oh

Resulta que me duelen las dos partes y a mí me molestan muchooooooooooooooooo
Es que imagínate cuando me lavo las manos, me escuecen las puntas de aquellos dos dedos!!

Ayyy me duele me duele me duartñ`&crqetwrsytroedil;w$)(/%$R¿?nj]@lfjokjkl€!!!
¡Dios míoooooooooooooooooo!

**************************

私の指、今えらいことになっている。

右手の人差し指の腹には、米粒ほどの血豆。
仕事中に、穴あけパンチのばねに指を挟んでしまったの。
今でも触るとジンジンする。

左手の人差し指の爪は割れて、はがれかけ。
しかも肉がまだついているところからめくれているので、爪がいつもぷらんぷらんしている。
指の腹の裏、つまり爪の内側が見える状態 で、これが何かと物に引っかかり、その都度顔が歪む。
切ってしまいたい気もするが、爪切りをあてがうと爪切りを入れる分だけ外に爪が引っ張られるので、そのままにするしかなく。

とかく人差し指は一番よく使うこともあってか、怪我をすることが多いんだよね。
手を洗う時なんか傷が沁みてもーーーーーーーう痛いのなんのって!
みんなも気をつけや〜ね〜 ってこんなにたいそうな怪我するのは私くらいなもんか!?(笑
posted by ixel at 17:42| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

親友の嘘

月曜の夜のこと。
何人かで飲みに出かけていたのだが、そんな時クラウディオの元に1件の着信携帯電話があった。
横でそれを聞いていた私、すると事態はなんだか雲行きが怪しく、いつしか彼は真顔で話し出した。

「えっ、マジで?」
「で、大丈夫なの?」
「何してんだよ!」
「今どこ?病院?」

そのうち「手首を切っただなんて、お前どうかしてるよ!」なんて言い出すから、
えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)って。

電話の口を押さえてクラウディオがこそっと私に伝える。
・・・電話の相手はロイだと言った。
ロイなら私も知っている。クラウディオの1年来のバルセロナ人の親友だ。
その彼が手首を切って、病院へ担ぎ込まれたと言うのだ。

電話を切った後、クラウディオは
「ごめん、ちょっと抜けるわ。病院へ行かなきゃいけない。手首を切っただなんてバカなことして。たぶん彼女に振られたんだな・・・」と言うと、ジャケットを羽織って颯爽と店の外へ出て行った。

友人の緊急の呼び出しに、自分のことは放っておいてでも相手のために飛び出せる関係っていいよなぁ。
以前クラウディオは「ロイのためならどんなことがあっても、真夜中であっても駆けつける。それくらいあいつはいい奴なんだよ」と私に教えてくれていた。たかだか1年の知り合いとはいえ、そこまで大事に思える人に出会えたということそのものがもう宝だよなぁと思っていた。
そのロイが手首を切って今病院にいる・・・

去り際「ほんとごめんね、急に抜け出すことになって。ほんとごめん」とクラウディオは何度か謝ったが、「そんなの気にしないで。ロイとあなたは親友なのを知ってるから、さぁ行ってあげて!」と送り出した。どうかロイが無事でありますように!と祈りながら。

で、その後も他の仲間と店にいたixel。

30分後くらい?

あれ?

クラウディオが戻ってきた。

あれ?
あれ?
あれ?

どったの?

訊いたら。

「手首切ったっていうのはだった」

だって。

exclamationexclamationexclamationexclamationexclamation

なんだ〜嘘かよ〜〜〜!!!

ホッとしたのと同時に、私にこみ上げてきたのは怒り。こんな夜中に人を呼び出しといて、驚かすようなこと言って、それで嘘と。私は動いてないし、電話がかかってきたのはクラウディオだし、関係ないといえば関係ないが、クラウディオに至ってはタクシーに飛び乗って病院への道を急いでいた時にもう一度電話したら「嘘だよ」と言われたんだとか。「5ユーロも払ったってーの!」って。

別の場所で飲んでいたロイが酔っ払ったものだから、それで電話で嘘なんかついたらしい。正気じゃないだけ許せるが、これが私の友達だったらちょ〜っと怒っちゃうよ?

本当に本当に困っていて私を必要としている人になら、深夜だろうと迷わず駆けつけるつもりでいるけれど、嘘だけは勘弁だな。

日本人である私の方が、こういうところ頭が固いような気がした。バカな冗談を許せないというか、冗談として受け止められないというか。真面目だからかな。度々そんな印象を受ける。

ま、クラウディオは今後もロイと仲良くやっていくんだろうと思うからいいんだけど。
posted by ixel at 18:34| パリ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

チャリ通

Por fin han puesto 4 estaciones de Bicing en nuestra zona Sant Andreu! Yeahhhhhhh
Así que hoy después del trabajo volví a casa en bici, pero todo el trayecto con ella! jojo
Y siempre había una canción pegadiza en mi cabeza, y dice...
 
 Bicycle♪ Bicycle♪ Bicycle♪

 I want to ride my bicycle
 I want to ride my bike♪
 I want to ride my bicycle
 I want to ride it where I like♪

Sí, es "Bicycle Race" por Queen. ja ja

Total tardé casi 1 hora desde la oficina para casa si cojo bici y no utilizo ninguna parte del metro.
(15 mins andando para coger bici, 40 mins llevando bici y 10 mins andando para casa)

Qué buen ejercicio estoy haciendo yo, pero estoy un poco preocupada si no voy a ser ciclista por que esto me da una impresión de que estoy usando sólo muslo!!! No quiero tener muslo grueso, eh!  

***********************

ばーいしこ♪ばーいしこ♪ばーいしこ♪

あいうぉんとぅらぁいまぁいばぁいしぃこぅ あいうぉんとぅらぁいまぁいばーいく♪
あいうぉんとぅらぁいまぁいばぁいしぃこぅ あいうぉんとぅらぁいでぃぃうぇーあぃらーいく♪

・・・と口ずさむのは、クイーンの名曲『バイシクル・レース』、というのも!めでたく家の近所まで『Bicing(ビシング)』というバルセロナの自転車公共サービスの駐輪場がやってきてくれたから!今日初めて会社帰りに家まで全部の道のりを自転車で帰ってきてみたのである。今までなら30分でクロットに着き、自転車を置いて、地下鉄に結局は乗るという中途半端なことをしていたが、これからは10分延長して40分は自転車をこがなきゃいけない。始めのうちは30分もこいで自転車を降りると、太ももの辺りが軽い筋肉痛を起こしていたけれど、最近はそれがない・・・ということはさては慣れたか?(笑

しかし気になることが一つ。
運動していても、太ももしか使っていない気がするのは気のせいか・・・?

競輪選手の様にはなりたくないぞ!と密かに思いながら、ixelは今日も元気に自転車をこぎ続ける・・・
posted by ixel at 17:50| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

¿¡7-0!?

El partido de fútbol Real Madrid contra Villareal...¿lo habéis visto?
7-0!! Sentía como si fuera un partido del béisbol, es que Madrid ha marcado demasiado, ja ja ja

Cuando Madrid metió el séptimo gol, yo di palmadas sin querer porque no creía que pudiera marcar más y me dio una sorpresa, así que... pero unos amigos míos me vigilaron por lo que hacía así y dijeron "Ahhhhhhhhhhhh!!! Tú aplaudiste!!!"

Buuuuuuuu...!!! No, no, no!! Quería disipar un malentendido que había entre ellos, pero no lo entendieron. Pf!

****************************

今日のレアルマドリード対ビジャレアルの試合は、7−0という泣く子も黙るような数字と共にレアルの圧倒的な勝利を見せ付けた中で終了した。バルでそれを見ていた私たち・・・途中から皆バルの店主であるフアンホに「ちょっと!もうテレビ消してー!!!(泣」「もう見たくねぇ!」「3チャンネルの映画に替えて!」と言いたい放題。その友達を観てるこっちの方がずっと面白いんだけど。

前半が終わったところでもう5点入れていたんだけど、前半だと知らずに観ていたから「あ、もう終わりか、いやーそれにしても5点はすごいよな」と思っていたら、まだ半分残っていたから余計にびっくらこいた。(笑

で、問題は最後の最後。残り時間数分と言うところでダメ押しで決めた7点目。どんだけ入れるんだよ!と思っていた中でのゴールだったので「ありゃま!」というつもりで、何とはなしに手をパチン!と打ったところが間違いやった。皆に「ギロッ」と見られてしまったのである。

「あー!あー!あー!見たー!見たぞ!今、拍手した!拍手した!手ぇ打ったな!」

皆に囃されるixel、タジタジになりながらも「違う、ちーがーう!ビックリしただけだもん!そんな大きな声で言わないでよ!ちょっと、他のお客さんに聞こえたら嫌じゃない!」と言うが、皆は聞く耳を持たない。到底バルサファンだと言っても、彼らには信じてもらえなさそうだ。トホホ。
posted by ixel at 23:44| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

Carnaval Otaku -オタクカーニバル-

carnaval otaku

Después de la SIESTA POR LA MADRUGADA de 2 horas ya me desperté y me fui de casa para quedar con Laura y sus amigos para ir a un carnaval ESPACIAL, es decir, el Carnaval Otaku! "Otaku" significa aficionado, sobre todo a manga (cómic japonés), disfraz de personaje preferido de los cómics (se llama cosplay) y tal. Al ver a Laura donde quedamos, ya ella estaba disfrazada de Nero, un personaje de videojuego que se llama Devil May Cry 4 y todo el mundo la estaba mirando con curiosidad. ja ja ja

Cuando llegamos al lugar donde se celebraba el carnaval, había más chicos disfrazados por supuesto y hacían muchas fotos con otros. Me hizo gracia.      

carnaval otaku1

▲Laura(derecha) y otros "otakus" / ラウラ(右)と他のイベント参加者でコスプレごっこ?

CARNAVAL OTAKU
Fecha: 9/02/2007
Lugar: Casal de Joves de la Guineueta
Metro L4 Parada LLUCMAJOR (Barcelona)
- Karaoke
- Cosplay
- Videojuegos
- Proyecciones
- Talleres

Este carnaval no era tan grande como otro festival, por ejemplo la Sala de Manga (aunque no fui el del año pasado, me imagino cómo era porque la vi por televisión), pero estaba bastante lleno de gente en todas las plantas del edificio (tenía las 3).

Veía por la tarde a muchos chicos comiendo Cup Noodle y yo también lo compré pero me costó 3 euros...ayyyy qué caroooooo. Me di cuenta de lo que tenía sabor diferente al de Japón aunque fuera mismo producto de misma empresa. Era más suave que el otro que comía en Japón. Creo que es un sabor especial para los extranjeros. jaja

Me marché a las 3 ya que estaba cansada, claro, sólo dormí 2 horas esta mañana entonces no pude ver el concurso de cosplay, pero luego Laura me contó lo qué pasó a ella... ganó el primer lugar en la categoría cosplay idividual!!! TOMA! Enhorabuena Laura!!

************************

オタクカーニバルなるものに行ってきた。
ixel初めての参戦・・・といっても、あくまでも傍観者ですけども。(笑)

夜通し踊って、朝に2時間寝ただけの体に鞭を打ち、約束の場所に行ってみればラウラの方が大遅刻。朝食抜きだったので近くのスーパーでパンと飲むヨーグルトを買い、外のベンチでぼーっとしながら朝食を取っていると、目の前でとくと見せ付けられたハトの交尾に朝から萎える私。今週はずっと寒い日が続いていたが、ハトには関係ないようで・・・ああ、なんて平和だ。

お腹も満たされたところでラウラ、キム、クリスティアンがやって来た。まだ10代の、元気な3人だ。ラウラは既に変装しており(いわゆるコスプレ)、デビル・メイ・クライ4というテレビゲームの登場人物「ネロ」になりきっていた・・・と書いているが、そんなキャラクターは一切知らない私。スーファミ世代にはもはやついていけない境地である。(涙)お母さんと一緒に服を作り、剣はダンボールを切って、銀色のテープで巻いたの、という。彼女が通りを歩けば、通行中の誰もが珍しそうに彼女を見つめる。『皆ラウラのこと見てるよ』と言うと「もう慣れてるからいいの」と彼女。恥ずかしさよりも、変装できた快感の方がずっと勝っているようだ。

会場に着けば、多くのコスプレファン。NARUTOの変装をした人が一番多かったように思う。それから日本の女子高生風やら、メイドやら、着物もどきコスプレやら、綾波レイやら(エヴァンゲリオンの彼女を知っているのが私の限界!)それからなぜかスーツに忍者ハットリくんのお面をかぶった女性もいて、これは理解に苦しんだ。(笑)

それほど大きなイベントではなかったけれど、カラオケ大会、アニメの映写会、ゲーム大会と3つのフロアーに分かれての開催で、どの階にもまぁまぁの人の入りだったかな。カラオケ歌いたかったけれど、一緒にいた3人が歌うとか歌わないとか、外に行くとか行かないとかでモタモタするもんだから結局歌わず。中島美嘉の"GLAMOROUS SKY "(映画『NANA』の主題歌)とか、宇多田ヒカルの"First Love"を上手く歌っているスペイン人の女の子もいて、なかなかやるじゃな〜いと思いながら見ていた。

carnaval otaku2

▲A cantar! 歌詞カードを見ながらのカラオケ大会


cup noodle昼に食べたのはカップヌードル!(爆
しかもこれまた3ユーロだよ、500円近く払っていることになる。しかしこれが凄い売れ行きのようで皆こぞって食べていた。店側は熱湯を用意するだけだから楽でいい商売だ・・・。ラーメンの味が薄く、日本のと少し違っていた。外国仕様のようだ。外装が発泡スチロールでなく、ただのプラスチックなので熱い!発泡スチロールを用いようと発案した安藤百福さん(日清カップヌードル生みの親)に敬服。


さて15時になって退散した私。さすがに体も疲れてきたし、することもなくダラダラするだけなら家に帰って休みたかったというのが本音。18時半から始まると言われたコスプレ審査は結局見ないまま・・・で、後からラウラから入ってきた吉報によると、彼女が1位を取ったらしい。これは素直に嬉しいもんだね、おめでとう!

海を越えた、日本から遥かに遠い距離にある国でもこれだけ漫画・アニメの熱を感じられるって凄い。
posted by ixel at 21:06| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

ixel、ドイツ人になる

Hay un cibercafé a donde voy de vez en cuando.
Se llama Planet Café y está en la zona Universiat (C/ Casanova). Voy allí porque tengo una reunión con algunos estudiantes que hacen prácticas como yo a través de una agencia, hombre, no es una reunión seria, es para charlar con ellos tomando algo y ya está. Viene una chica de la agencia también, se llama Adriana, y ella organiza una actividad a las 2 semanas y eso me parece bien.

Pues esta noche fui a la cafetería y hablé con ella y 2 alemanes. Luego salimos de ahí, fuimos al piso donde vive Adriana y quedamos ahí tomando copas hasta las 2 de la noche. Resulta que había quedado con 5 alemanes, 1 neozelandesa (de Nueva Zelanda), 1 italiana Fedelica con quien trabajo en la misma empresa y Adriana, la búlgara y todo el mundo sabía hablar alemán menos yo. Joeeeeeee!! Sentía como si estuviera en Alemania y fuera alemana a pesar de que no hable alemán, jajaja. Entonces me daba rabia y una sensación de un poquito de soledad porque claro, no entendía NADA de lo qué estaban hablando ni podía conseguir hablar inglés porque estoy fatal del inglés en este momento y tal. Pero bueno, menos mal que gracias a Fedelica y Christie (no sé cómo se escribe su nombre exactamente, pero creo que es así) podía hablar castellano y me entendían bien.  

Después salimos a una discoteca que se llamaba "mirabé"...lo que pasa es que ya conocía esta discoteca porque antes Sandra me llevó ahí para tomar copa y ver el paisaje nocturno, como está en el medio de la montaña y en la zona Tibidabo, se ve muy bien desde ahí. Llegamos a esta discoteca a las 3 más o menos (se tardó bastante minutos porque había un mal rollo... gracias al taxista cabrón!!) y seguimos bailando hasta las 5 o sea que quedamos hasta que se terminó la música. Pasamos muy bien.

Ah... ¿sabes lo qué pasó? El día siguiente tendría que quedar con Laura y sus amigos a las 10 de la mañana, pero cuando llegué a mi casa ya eran las 7...tenía 2 horas sólo para dormir, uyyyyyy vaya chica que estoy tan ocupada y enérgica!!!

Mirabé
Doctor Andreu, s/n
08035 Barcelona
Horario: L-D de 19 a 3
Metro: L3 Penitents
Barrio: Sant Gervasi
Tel: 934340035

****************************

よく行くネットカフェがある。と言っても、ネットを利用するために行くのではない。
2週間に1度行われる、インターンシップの仲介をしてくれた会社が提供する学生の交流会に出るため。堅苦しいものではなく、ただ隔週の金曜夜8時に集まって、何かを飲みながらいろいろお喋りをして、そしてこれまた隔週に1度行われるアクティビティについて話し合うというもの。

で、今夜それがあって行ってきた。行った時にはまだアドリアナ(仲介会社から、ということでまとめ役)しかいなかったが、その後2人のドイツ人も来て計3人と話をした。その後「今夜はこれから何人かの仲間とディスコに出かけようと思ってるんだけど、ixelもよかったらおいでよ」と誘われ、予定も特になかったのでまずはアドリアナの家に寄ることに。22時にディスコに行っても誰もいないからね。(笑)で、結局集まったのが5人のドイツ人にニュージーランド人が1人、ブルガリア人のアドリアナにイタリア人のフェデリカと私で計9人。まーなんて国際色豊か・・・と思ったら、驚くことに私以外の8人はドイツ語が喋れるということでたちまちドイツ語の飛び交う空間に入り込んでしまい、ここはドイツか?私はドイツ人か?と錯覚を起こすくらいのドイツ攻撃が私を襲ってきた。いや、実際に私を襲ったのはドイツ語がさっぱり分からずちんぷんかんぷんで、話にのりたくてものれない孤独感だったけれども。「ixelがドイツ語が分からなくてかわいそうだから私たちは英語で喋るべきだわ」と誰かは言ってはみるものの、慣れていない言語で話すというのは労力の要るもの、数分と持たなかった。私も英語で話す気力がないし・・・ぶぅ。しかし幸いフェデリカとクリスティーの2人のお陰でスペイン語を話せた。話さないで聞いているばかりだと眠気が襲ってくるし、彼女たちもスペイン語を話したそうにしていたから。

2時になり、ようやく重い腰を上げてディスコへ。フェデリカとクリスティーはディスコに早く行きたがっていたのに、他の子達がいつまで経ってももたもたするもんだからこんな時間になった。行ったディスコは山の中腹にある“ミラベ”。ティビダボ地区にあり、行くのに時間がかかったが(我々を下ろす場所を間違え騙した、いい加減なタクシー運転手のせい!)、雰囲気がいいのも知っていたし(サンドラが以前連れて行ってくれた)バルセロナの夜景が見渡せるのも知っていたので皆に薦めたのだった。着いたら既に3時、そのまま私たちはラストの5時まで踊り続けた。

それから歩いて下山(笑)、地下鉄に乗り、私が家に着くと時計は7時を指していた。実はこの日、朝の10時にラウラと彼女の友達と会う約束があった・・・ということで私に残された睡眠時間はおよそ2時間、しかし約束通りに出かけたのだから我ながらエネルギッシュだと思う。ここ数年で人に言われて気がついたことだけれど。
posted by ixel at 23:44| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

生クリームスプレー

fresa y nata3.JPG

▲¿Qué es esto?


ヘアセッティング用のムースか?
・・・いや違う

掃除用のスプレーか?
・・・いや違う

じゃ、なんだ!?

スペインのスーパーマーケットに売っている、バターやマーガリンに並んで売られているそのスプレーとは・・・!!!

なんと生クリーム黒ハートである。


生クリーム好きにはたまらないであろうこのスプレー缶、なぜって買ってすぐに生クリームが楽しめるからだ。これなら自分で泡立てる必要もないし、ボタンを押せば勢いよく飛び出してくる生クリームをそのままデコレーションに使うことだってできる。全く世の中には便利なものがあるもんだ。ただ、ゴミに出すのに厄介だと思うのは私だけか。

ホットチョコレートの上に生クリームをのせれば、ウインナーコーヒーならぬ「スイス」だし、スペインではイチゴときたら練乳ではなく生クリームを併せるのが普通。スーパーのイチゴ売り場の横に併せて置いてあるのは練乳ではなく、決まって生クリームのスプレー缶なのだ!

で、作ってみた今日の私の食後のおやつ。

fresa y nata1.JPG

じゃじゃじゃ〜〜ん!!
型にハマりまくりのイチゴ+生クリーム。
これがスペイン流の食べ方。
イチゴも安いので贅沢にも大きいのを5個入れてみた。
生クリームをたまに食べるのも悪くないなぁ。

fresa y nata2.JPG

▲正体。(爆
posted by ixel at 02:00| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

スペイン人の人付き合いについて

もしかしたら、スペイン人は日本人よりずっと腹黒いのではないか、と思う。
(ということを書きたいので、今日はスペイン語は書かない。日本語を読める人の特権としたい。)

日本人と同じくらい、いや、ひょっとしたら日本人以上に噂話の大好きなスペイン人、いつだって誰かの噂をしてはキャーキャー盛り上がっていて、話し出したら止まらない。若い子たちから、おじいさんおばあさんまで。スペインにだってオバタリアンに匹敵する言葉があるくらいなんだから(“マルッハ”という)。

スペイン人が腹黒いと思うのは、相手をよく思っていなくても一緒につるめる所。
友達なんだけど、本当はよく思っていなくて、後になって裏で陰口を叩くという。何とも陰湿だ。
そしてすぐ喋る。思ったことをすぐ喋ってしまうのは良くも悪くもあると思うのだが、陰口に関してはもう少し慎んだ方がいいんじゃないか?(だからスペインで噂話を口にするのは危険。すんごいスピードで広まるから)

それで私も友達からいろいろと人間関係についての噂を耳にするのだが、これがまた厄介。それが私の知らない人だったらともかく、いつもつるむグループ内であるから驚いた。「あの子とあの子は仲が悪いんだよ。知ってる?前にすっごいケンカがあったんだから」って言うので『じゃあ何でまだ一緒につるんでんの?』と訊いたら「あの子とあの子は仲がいいけど、こことここは恋人同士だからこっちを呼んだらこっちも呼ばなきゃけないし、で、こっちはあっちと学校の同級生仲間だから仲がいいし、でもこことここは仲が悪くてね〜」・・・って、やかましいわ!!!(笑
仲が悪いのに一緒にいなきゃいけないって辛いだろう!何やってるんだろう?と思った。特に私が住んでいる日本の町は周りに何もないし集まれる場所もなく、近所の友達とは学校を離れてから大分と疎遠になってしまったから、付き合ってる人といえば本当に仲がよくて一緒にいて楽しめる人しかいない。またそうやって人を選んできた。一緒にいるけど本当はあの子が嫌いなんて、ここ長年聞いたことのない噂だった。それを聞くのもまた不愉快なことだと改めて思った。そして「これ相手には絶対言わないでよ?」と(男の子に言われた!)念押しされたが、誰が言うかよ!告げ口する気も更々ない。(「あいつはチクリ魔だから嫌いだ」と言っていたので、『私は誰かにチクる気なんてこれっぽっちもないわよ』と言っておいた)

こないだ日本食を食べよう!と5人で集まった時、1人男の子が来なくて「何でだろう?」と皆で首をかしげていたが、実はその彼が来ていたメンバーの中の1人のことをよく思っていなくて、一緒にいたくなかったから誘いを断ったということが後になって分かった。「そんなことか」と思って、ため息をつきたくなった私。私にとったら全員がいい友達なのに、好き嫌いなく皆付き合えないものかねぇ。

私の友達だけに限らず、こういうことは日常茶飯事のようにあるらしい。仕事仲間にはライバルがいるというし、スペインもストレスの溜まる国だなぁまったく。(本当である。スペインでも年々ストレスを感じる人々は増えており、鬱に似た症状にかかる人もいるという。)
posted by ixel at 17:52| パリ | Comment(3) | TrackBack(0) | España/スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

パリ旅行を考える

port vell

▲Port Vell y WTCB (World Trade Center Barcelona)


Estoy pensando ir a París en este marzo antes de volver a Japón. jijiji

Así que hace muchos días he intentado comprar un billete ida y vuelta para Barcelona-París por internet pero la página web no me deja comprar con mi tarjeta de crédito aunque funcione bien cuando la utilizo en los supermercados y etc. Estaba cabreada con este rollo liado!! Quería ir en avión pero si no compro YA, los precios irán subiendo y no me apetece esperar hasta que funcione mi tarjeta, es un poco absurdo, pues entonces al final decidí ir en Trenhotel y hoy fui a la estación França (Francia) y conseguí comprar un billete.

Cuando decimos la estación principal en Barcelona, es la estación Sants, y es más grande que la de França, pero más a mí me gusta la posterior porque ahí tiene más tranquilidad e historia.

Espero que venga pronto la fecha de salida desde allííííííííí!!!!!!!!!!!!!!!!

************************

パリ行きの寝台車往復チケットを買いに、会社の帰りがけに寄ったフランサ駅。
サンツ駅が出来上がる前は、こちらのフランサ駅がバルセロナの主要駅だったそうだ。通りで建物が古くて歴史を感じさせるわけだね。中も落ち着いているし、雰囲気としては私はこっちの駅の方が好きだなぁ。

estación frança

▲フランサ駅/Estación França


本当は飛行機で行きたかったパリだが、インターネットでチケットを買おうとしたところ、クレジットカードのデータが間違ってるとか何とか言われて何度も試したが結局買うことができなかった。便利なインターネットだが、こういう融通聞かないところが時々私をムッとさせる。ムッ。(笑
posted by ixel at 17:09| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

ガーン!

No hay ningun momento tan desesperado que se da cuenta de equivocarse al ver un artículo que quería comprar de verdad...esto es lo que yo sentía hoy.

Teatro Liceu

▲Teatro Liceu


Hoy por la tarde fui al teatro Liceu, ...no, para ser exacto, a la tienda que está junta al teatro para comprar un bolso muy chuuuuuuuuuuuuulo, es que lo vi hace 2 días por el escaparate y me volví loca desde la primera vista. Y hoy, decidí ir allí para verlo más cerca y comprarlo.

Sin embargo, en realidad "el bolso chulísimo" no lo era, ...era toalla.

Toalla, toalla y toalla!!! ¿¡¿¡¡¿¡¿¡Ésto qué es!!?!?!?!??!?!?!?!?!?

Pero se vende como si fuera bolso! Se paracía tanto que me había confundido!
¡¡¡HOSTIAAAAAAA!!! Me cago en la pu*a!!
¡No me venda nadie así para que no esté desesperada después porfa!

***********************

あれが欲しいいいい!!!と強く願っていたものが、実は思っていたものと全然違っていたことに気づいた時のショックといったら他にない。

・・・そんなことを今日体験した。
 
仕事が終わって、ランブラス通り沿いにあるリセウ劇場まで足を伸ばしたixel、行きたかったのは劇場ではなく、隣接された売店だった。実は2日前の夜、この前を通りかかった際にショーウィンドー越しに見た、ピンクの筒状になったバラの柄のとてつもなく可愛いバッグに一目惚れ、今日こそ買ってやるぞ!と意気込んでいったのだった。買い物は好きだが、一目惚れすることは少ないと自分では思っているので、こんなことは珍しかった。ましてやスペイン、こんなこともあるのかと思っていた・・・ ・・ ・の に 。

入店してバッグと思しき品を手にとって見ると、何とこれがただのバスタオル。

・・・

なんじゃこりゃーーーーー!!!怒怒怒

バッグに見立ててタオルを丸め、御丁寧に手に提げられるように皮の取っ手までついている有様。
これじゃ夜に見た人全員が間違うよって。
てか紛らわしいんじゃーーーーーーーーーーーー!!!ガオーーーーーー!!!
こんな売り方してくれるなーーーーーーー!!!

ということで、今晩かなりがっくりきてます。
バスタオルだけじゃなくて、あのデザインで本当にバッグ作ってくれたら買うのに。ぐすん。

ああ!ちなみにバラの柄というのも嘘!
本当は劇場にちなんでト音記号の柄だった。バラの花びらのように角ばっていたの。
posted by ixel at 22:33| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

Palau Reial de Pedralbes

¿Sabíais que el primer domingo del mes fue un día especial para visitar algunos museos?
Porque ellos tienen entradas gratuitas! Eso hay que aprovechar, así que fui al Palau Reial de Pedralbes...¡oh cuánto tiempo sin visitar ningún sitio turístico en Barcelona!

metro vacio barcelona

▲¡¡...No estaba nadie en el vagón excepto yo!!


Al llegar al palacio, el jardín me esperaba. Como ayer llovió, las plantas y las hojas de los arboles tenían gotas del agua, las que reflejaban un rayo de sol. Me daba mucho gusto que las vi.

palau reial pedralbes1

▲entrada del Paracio Real de Pedralbes


palau reial pedralbes2


palau reial pedralbes3palau reial pedralbes4palau reial pedralbes5

▲Palacio, begonia, techo del palacio


Dentro del palacio hay 2 museos, que son de los Artes Decorativas y de Cerámica. Se podía visitar gratis. I'm lucky lucky!! I'm lucky lucky!! jajaja

A mí me parecía que los ambos eran curiosos, por ejemplo en museo de los artes decorativas ponen muchos muebles y cacharros según épocas hasta hoy. Me hizo gracia cuando vi muchas sillas que tienen distintos diseños a las otras y máquinas antiguas.
En otro museo, de cerámica se encuentran muchas cerámicas colocadas en varias salas según origen y también hay obras de Miró y Picasso.

pilas de agua bendita1

▲Pilas de agua bendita. Teruel, siglo XVIII


pilas de agua bendita2pilas de agua bendita3pilas de agua bendita4

▲pilas de agua bendita, las que son coloridas y bonitas


Al volver de los museos, fui al original parque Güell que está detrás de los jardines. Se permite entrar dentro sólo con guía turística así que eché un vistazo desde fuera y ya está porque está ceñido por una verja negra de hierro forjado, con un enorme dragón con las fauces abiertas en lo alto, y dos puertas, todo obra de Gaudí. Cuando acabé de verlo, empezó a llover y fui corriendo al metro. 

original parque guell1original parque guell2original parque guell3

▲Original Parque Güell(グエル別邸)


Museu de les Arts Decoratives
Museu de Ceràmica

Palau Reial de Pedralbes
Av. Diagonal, 686 08034 Barcelona
www.museuartsdecoratives.bcn.cat
www.museuceramica.bcn.cat

********************************

久しぶりのバルセロナ観光。ずっと行きそびれていたペドラルベス宮殿へ行ってきた。月の初めの日曜はいくつかの美術館・博物館で無料開放日に指定されているので、こういう日を利用しないわけにはいかない・・・が、この宮殿が実は無料であったかどうかは知らないまま行ったのであった。結果、無料、しかも同時に2つの美術館を回れるとあってラッキー!今日は地下鉄代しか払っていない。

地下鉄を降りてすぐ目の前にあるのが、この宮殿。さすが地下鉄の駅の名が「Palau Reial」なだけはある。日本語にするなら王宮前駅かな。建物に辿り着く前に広がる庭を楽しみながら通る。昨夜雨が降ったことにより、多くの植物が雨に打たれて濡れていた。雫が太陽に反射してキラキラしているのが美しい。いくつかシャッターを切った。

いよいよ中へ。王宮の中を改造しての美術館設置といった感じ。装飾美術館と陶器資料館を訪れた。装飾美術館は確か15世紀くらいからの家具や装飾品を時代別に展示。最後には近現代の商工業に関するデザインまで展示してあって面白かった。
陶器資料館では主にスペイン国内の陶器を地方別に展示。古いものも多く、興味深かった。私個人としては、メキシコのプエブラに短期研修で行った時にタラベラ焼という伝統工芸について研究発表をしたことがあるので、そのモデルの元となったマドリッド近くにあるタラベラ・デ・ラ・レイナ(Talavera de la Reina)産の陶器を見られたのが嬉しかった。大きな声では言えないが、メキシコのタラベラ焼に愛着のある私としてはいま一つ!という気がするけど・・・まぁ静かにしてよっと。(笑)それから上部に貼った写真は、聖水盤といってスペイン各家庭のどの寝室にも昔はあったもの。寝る前のお祈りをする時に、この窪みに入れた水に指を浸し十字を切っていたのだそうだ。(教会の入り口などでよく見かける)今はそんな慣習も少し廃れてきているようだ。

さて、美術館を後にすると、ここまで来たし寄りたい所が・・・
というのが、グエル別邸。この庭の裏にあるというから少し歩いてみたら、あったあった。周りは黒い鉄柵で囲まれているので中に入るためにはツアーガイドに参加しなくてはならないらしく、私は外側からチラリと見ただけで済ませた。表玄関?であろうと思われる龍の門には、何人か観光客と思しき人もいて写真を撮っていた。その後は雨がポツリポツリと降り出したのでここいらで退散!ま、雨が降る前に全部見られたのでこれまたラッキーだったな。

《美術館情報》
バルセロナ装飾美術館
バルセロナ陶器資料館

詳細は上記参照
posted by ixel at 18:33| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | museo/美術館・博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

Bcn Sushi Bar

bcn sushi bar1


¡¡Cené comida japonesa con amiiiiigooooooooos!!

Uyyyyyyyyyyeeeeeeeee...estaba riiiiiiiiiiicaaaaaaaas

Fuimos a un restaurante que se llama Bcn Sushi Bar que está en Diagonal Mar, que es un centro comercial. Otro día Xavi y Vero fueron allí y nos comentaron que estaban bastante buenos así que fuimos juntos con Cristian y Mari también.

bcn sushi bar2"Oye, tú pides algunos platos que te parecen buenos y luego compartimos. Y si saben mal, es culpa tuya! jajaja"...dijo Xavi sonriendo.
Yo pedí tallarines (yakisoba), agedashi dohu, tonkatsu, tekiyari de pollo para todos y sushi niguiri para mi. Cristian pidió arroz con gambas o algo así, como lo de con tres delicias.
Hasta que hubieran llegado los platos, practicábamos los palillos. Me hizo mucha gracia porque veía que todos estaban muy serios. Pero los manejaban muy bien y comían con palillos hasta el final. ¡Qué bien!

Al fianl, Xavi y Cristian comieron "Dorayaki" como postre. Dorayaki es un pastel japonés dulce con judias rojas y es muy conocido de lo que le encanta a Doraemon. Por cierto, lo que me sorprendí era el precio que tenía 3,75€ por uno!! ¡Qué caro, es carísimo! Les dije la verdad que se lo vendía por 80 centimos por uno en Japón y todos flipaban. De todos modos, salimos de ahí todos contentos y creo que tenemos que volver.

bcn sushi bar3


Bcn Sushi Bar
Diagonal Mar, 3ª planta
Tel. 93-356.23.27

***********************

「こないだ行った日本食レストランが結構感じよかったから、今度行かない?」と何週間前からベロニカから聞いていたことか、今夜やっと実行された。一緒に行ったのは、ベロニカ&チャビとクリスティアン&マリのカップル。いつもバルセロナで一緒にいる仲間だ。
行ったのはディゴナル・マールという海沿いにあるショッピングモールの中の「BCN(バルセロナの略) すしバー」。何ともネーミングからして日本人にしてみると胡散臭いんだが・・・行ってみることに。

「僕達日本食には詳しくないんだから、ixelの好きなように頼んでいいよ。それで後で皆で分けようよ。んで美味しくなかったらixelの責任ね!アハハ」と笑うチャビ。大丈夫、美味しそうなの選んであげるから。
彼らが前来た時に頼んだ「焼きそば」は美味しかったから、これはまた今日も食べたいの!という。なので、それ以外に揚げだし豆腐、豚カツ、鶏の照り焼き、自分用には握り寿司をチョイス。特に揚げだし豆腐なんてメニューに書いてあっても、外国人は頼まないんじゃないだろうか?飲み物欄にある煎茶や玄米茶もそう。私はここぞとばかりに頼んだけど。(頼んだ玄米茶には砂糖がついてきた。外国人にはストレートのお茶はとても苦いらしい)

食事が運ばれてくるまで、席では皆して箸で食べる練習。チャビはさすが日本に来たことだけあって慣れてるみたい。マリは「ixel教えてー」と言って箸を持ち始めた。おぼつかなさそうにしていたので、きっと初めてだったんだろう。皆がそれぞれ真剣に箸を持とうとするので可笑しくなってきて、私は一人で笑っていた。

結果、食事は皆大満足。私も久しぶりにお鮨を食べられて嬉しかった。しゃりも崩れることなくしっかりしてたし(どうやって作ってるんだろう、鮨ロボットでもいるのか?)、うなぎの蒲焼が薄くスライスされて握りに出てきたのなんかはびっくりした。なかなかやるじゃない。仲間の中では鶏の照り焼きが大好評。「これ旨い!」とのこと。

最後に、チャビとクリスティアンが「どら焼き食べたい!」と。『ドラえもんの好物のやつだよ』と教えてあげたら、「じゃあ頼む!」と。しかしメニューを見て驚いた、どら焼き1個が3.75ユーロって!今1ユーロが大体155円だから換算すると580円の計算!どらやき1個580円ってどんなに高いどらやきだよ!!!金箔でも散りばめられてるのか!?(笑)『日本じゃ100円もしないよ!』「まじでぇ〜?」と言いながら来るのを待っていたら、どら焼きがこれまた一回り小さい!「日本で1ユーロもしないどら焼きが、ここでは3.75ユーロもして、しかもサイズが小さくなってるって、どういうことだよ」と苦笑いの皆。外国で日本食を食べるとこうなるってことだよ。

最後にはお腹も十分満たして店を後にした5人。これはまた来なきゃね!と言っている。見た感じ、100%純和風のレストランではないけれど、外国で食べる分にはまぁまぁいいんではないだろうか。お鮨は良さげだった。

《レストラン情報》
Bcn Sushi Bar
Diagonal Mar(ディアゴナル マール)3階
Tel. 93-356.23.27
posted by ixel at 23:30| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

Joaquín Cortés "MI SOLEDAD"

joaquin cortes.jpg


Fui al Teatre Tívoli con Sandra para ver a la danza de Joaquín Cortés, que es un bailarín famosísimo en España y en todo el mundo también. Esperaba que iría allí pronto para verlo. Compramos 2 asientos muy buenos para verlo claro y cerca, aunque nos costara mucha pasta pero bueno, pasamos muy bien. Como estabamos en una zona muy buena, alrededor de nosotras había gente mucho más mayor que nosotras y además encontramos algunos famosos...a Juan Antonio Samaranch, que era presidente del Comité Olímpico Internacional (COI) y a 2 políticos catalanes más. Estabamos cerca de ellos. Gracias a Sandra los veía, pero si no me hubiera dicho nada no habría notado porque a mí me parecen que las caras de la gente de Catalunya son iguales! jajaja

Aquí apunto sobre el espectáculo sinceramente, para nosotras sentíamos que él nos faltaba bailar.
Porque era como un SHOW, había grupo de instrumentos, 6 cantantes aparte de él y a veces ellos sólo tocaban y cantaban sin el bailarín Joaquín. Aunque ya sepamos que baila muy bien y nos impresionó, queríamos que bailara un poco más.

Por cierto, el diseñador de toda la ropa que llevaba él es Jean Paul Gaultier que le gusta a mi novio. Me imagino que sale muy caro...wow

**************************

ティボリ劇場で1月30日から2月3日まで行われているホアキン・コルテス「MI SOLEDAD(私の孤独)」の舞台をサンドラと鑑賞してきた。ホアキン・コルテスとは、スペインでは知らない人はいないというほど(そう勝手に思っている)めちゃくちゃ有名なダンサー。コルドバ生まれのマドリッド育ち、バレエから習い始めその後フラメンコへと学びを繋げた彼だからできる、バレエでもない、フラメンコでもない、ある種のダンスの融合がそこにはある。しかし世界中で数々の舞台を成功させ、名声を博したことにより「彼はショービジネスに目がいって、ダンサーとしての自分を忘れている」などスペイン内で酷評があるのも事実。さて、今後の活躍はいかに。

ここまで有名ならば、少し奮発してもいい席で観てみたいものだ。
今回はいつもより少し多めにお金を出してサンドラと1階席に。開演前にはサンドラが前方を指差して「ほら、あそこにサマランチ元JOC会長がいるよ」「ほら、あそこにいる男の人はカタルーニャの議員さん。有名だよ」などと各界の著名人もこの場に訪れていることを教えてくれた。彼女が教えてくれなかったら誰が誰やらさっぱり分からなかっただろう。有名人も、隣に住んでるおじちゃんも私にしてみたら一緒の顔に見えるもので・・・ってのは言い過ぎか。一番高くていいゾーンだったので、私たちの周りはまたしても年配の観客が多いように感じた。「こないだのパシオン・ベガのコンサートみたいだね」とサンドラ。

さてコンサートについて。ダンスはやはり凄かった。サパテアードと言われる、足の素早い動きについては特筆すべきところ。フラメンコの踊りからきているものだが、足のかかとやつま先を地面に叩きつけて、タカタカタカタカタカタカ・・・と鳴らす、アレである。それにつられてブルブル震えている両脚、その細かな振動はそれだけ足が小刻みに音を鳴らし続けている証拠。圧巻。

でも、なんだか踊り足りない気がした。
「サラ・バラスを以前観たけど、サラ・バラスの方が好きだなぁ」と言ったのはサンドラ。理由は上に書いたのと同じで「踊りというより、ショーみたいな感じがした。」と言うのだ。私もそう思っていたからビックリした。ホアキン・コルテス観たさに来ているのに、彼は出てこないで音楽隊が演奏して、歌手が歌ってで場を繋いだりしているのには「何これ?」と思ってしまった。彼にとっては、ツアーを一緒に回っている家族のように大事な仲間だというのだが、私の観たかったのはあくまでも彼のダンスであって音楽ではなかった。最後は始めからお約束だったかのように見事なスタンディングオベーションで、我々も立って拍手はしたけれど、内心は物足りなさを感じていた。

サンドラがいい!と言っていたサラ・バラスを今度は観てみたいな。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。