2007年07月24日

【盗難】保険会社に電話

あのさ、

確かにスペイン来る前にさ、

「何でも体験したい」って言ったよ?

でもさ、

盗難まで経験したいとは誰も言ってないぞー!!!むかっ(怒り)

・・・とマドリッドの中心から叫びたいixel25歳、盗難事件から5日目を迎えた。

動きのとろい私は今日になって「あ、保険屋に電話して保険が適用されるか訊いてみよう」とふと思いついたのだったが、こういうことに関しては私は動きが相変わらず鈍くてほんとしょうがない。面倒くさがりやはこういうところで損をしていると思う。そういえば、高校を決めるときも後ろから「宿題せぇ、宿題せぇ」と先生がお尻を叩いてくれるような、課題に厳しい学校をわざと選んだんだっけ。

さて盗難事件が起きてから初めて開いた・・・と言ってもいいほど見ていなかった保険の「トラベラーズハンドブック」。昨夜パラパラと一通り見て、自分の掛けておいた保険で何が適用されるか、どのように請求すればよいかなどを調べておいた。今日はそのハンドブックと共に電話。

私の掛けていた「エース保険」は海外に6ヶ所の日本語サービスセンターがあり、一部の地域を除いてはフリーダイヤルで電話がかけられるとのこと。電話をかける今の今まで知らなかったが、これは大変有難い。その後、日本人オペレーターと通話。まずは事故届から。これは先日警察に盗難届を出しに言った時と同じ要領だが、異なるところはやはり金額を訊かれるところ。

その後、保険金の請求の仕方について現地支払いを希望したので、パリの現地オフィスに書類を送ることになった。書類送付後、向こうのオフィスで検討され、その後日本の銀行口座に保険金が振り込まれるという仕組み。もともと旅行であれば、日本帰国後に保険金を請求するというのが普通の流れなのだが、私のような長期滞在の留学生などは現地請求ができるのだそうだ。

送らなければならない書類の内容を聞いた後は帰宅し、書類を揃えると、怠け者にしては早い動きでお店にコピーをしに出かけた私。「やればできるじゃ〜ん」とか何とか自分をほめながら?(笑

初めて保険にお世話になりそうだ。でも、毎回こういう時のためにと掛けているんだもんね。
お世話にならない方が本当はいいのだけれど・・・ありがとう保険!

ちなみに興味のある方は。
→エース保険




☆★☆保険のことも書いちゃう留学日記は今日もランキング参加中★☆★
banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。