2007年07月25日

【盗難】3度目の警察

さて、盗難事故から6日目の夜が明けた今日(すごいな、もうそんなに経ったのか)、今度はスペイン警察から学生証(tarjeta de estudiante)を再交付してもらうべく、あの憎きDiego de León駅近くにある毎日行列でいっぱいの警察署へ。(笑)こんな行列相手に毎日仕事している警察署員の方々、本当にご苦労様です、と言いたいが、あれでよくやり方を変えないなと思うのも確か。何らかの対処策を考えても良さそうなのに、変えないのはあのままでいいと思っているからか、それともただ怠け者だから変えたくても変えないからか。

アリシア先生の授業はあまり欠席したくないので(彼女の授業は楽しいし説明も分かりやすい)、彼女の授業が終わってから学校を早退、警察署へ行ったわけだが・・・

行ってすぐ1人の警察官へ質問。1人1人言うことが違うという信じられないこの国の警察官、今日は人の顔を選んで「この人なら」と思う優しそうな人に訊いてみた。

すると「学生証を盗まれたから新しく作りたい?なら・・・」と1枚の紙を渡してくれた。

れ?

紙を見ると、違う場所が記されていた。
「こっちに行って手続きをしてください」とのこと。

なにそれ。申請場所が違うとな・・・???

とんだ無駄足だこと。

こないだ中国人のソフィア(元同居人。詳しくは5月の日記を参照)から聞いた話では「友達も学生証を盗まれて、そこの警察で再申請したら3週間くらいで届いたって言ってたから大丈夫だよ!」ってことだったのに、全然話が違うじゃない!おーい。

こうなりゃ仕方ない、紙に書いてある役所La Oficina de Extranjeros (地下鉄:Puerta de Toledo) に電話するかと携帯電話を取り出してかけてみるが、通話中ばかり。おーい。この役所、電話で予約をしてからでないと行けないと書いてあったので、少し心配になった。こんな状態が毎日続くのであれば、私はいつになったら学生証を手に入れることができるのか!!!家に帰ってからマリパスにこのことを話すと、「移民がたくさん来ている今は、役所に行きたい人が殺到するから、回線が混んでいるんだわ。朝電話した方がいいから、明日かけましょう」と助けてくれた。ホームステイのよさはこういった問題が起こったときに助けてくれるスペイン人が近くにいるというところにある。

そういうことで警察からとんぼ返りをした私、学校に戻って授業に出られる時間がまだあったので、それからまた学校に行って文化の授業を受けた。少しでも学校に行かなければ、払った授業代が勿体無いからね!

☆★☆学校に出席しながらランキングにも参加中★☆★
banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。