2007年10月24日

留学200日目を迎えて

久しぶりに開いてみた自分のブログ。
サイドバーを見ると、留学開始から今日が何日目であるかを表してくれるツールが。

たまたま見たところ、200日目だった。

もう200日経ったのか・・・あっという間だな、と今になってみれば思う。
が、夏のころは「まだまだ!」と思っていた。
時というのは実に不思議だ。
そして人間の心理も。
「まだ」と思うか「もう」もしくは「あと」と思うかで、その後のモチベーションは大いに変わってくる。

時々日本に帰りたいなとふと思う。
友人に会いたい、好きな店で買い物をしたい、美味しいご飯をたらふく食べたい、ドライブしたい・・・
という思いは様々にしろ、日本を数ヶ月も離れて初めて気づいた日本の良さ、住みやすさに、まるで憧れに似たものを抱いているかのような感覚に陥る。

が、「まだ」4ヶ月ある。
巷の仲間には「ixelは帰っちゃいけない。本気で言ってるんだよ。スペイン語もちゃんと話せるんだし、絶対生かすべきだ。仕事だってきっと見つかる。分かった?ixelはこっちに残るの、日本に戻るなんて君はそんなこと言っちゃいけない。」と言われる。
ここまで言ってくれる仲間に出会えたことは正直に嬉しい。心の底から嬉しい。
こういう話をしていると、日本にはまだ帰りたくないなと思う。
つまり、どっちもどっち。
帰りたいし、帰りたくない。

しかし!
残り4ヶ月とは言えど、まだまだやることは目白押し。
インターンシップも始まる、旅行にも出かける、高校の恩師とも再会する。
日本に帰るとか帰らないとか、そんなことで時間を割くような暇はないほど経験することはいっぱいある。1日1日を噛み締めるように・・・とはなかなかいかなくても、何かしらの発見や考えが持てるような生活にしたい。
posted by ixel at 23:00| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。