2007年11月11日

風雲!たけし城 in スペイン‐humor amarillo

続・スペインのテレビネタ。

実はこっちで大人気の日本発バラエティ番組があった。
そして今この瞬間、その番組を観ながらブログを書いている!

humoramarillo4humoramarillo5humoramarillo6

その名も"HUMOR AMARILLO"、日本では「風雲!たけし城」として1986年にTBSが制作したもの。humor negraがブラックユーモアなら、humor amarilloはイエローユーモアと言いたいところだが、きっと東洋人だから「黄色」と使っているのだろうかとixelは推測する。日曜の朝10:45からの放送という時間帯だからスペイン人の殆どが知っている。ビートたけしという人は北野武と同一人物だと分かっているようなのはいいとしても、訳はかなりいい加減だし(嘘ばっか!)、20年も前の放送をいかにも日本でちょっと前に放送されてたみたいに勘違いされるのは、オイオイそれは違うぞと言いたい。
だって私、スペインに来るまでこの番組観たこと無かったよ!!!(爆
「天才・たけしの元気が出るテレビ」は観てたけど・・・って懐かしいなぁ・・・

この番組、日本で観たことの無い世代の皆さんのために分かりやすく言うと、
一般参加者や若手芸能人が屋外に設置された数々のアトラクションに挑戦するというもの。巨大丸太の上を走ったり、ぐらぐら揺れる吊り橋を渡る途中にバレーボールが飛んできてそれを受け取らなければならないとか、今の日本のバラエティの手法に残るところもある。TBSのホームページを観たら、当初のたけしのコメントが載っていた。

【ビートたけしからの挑戦状】
昔のガキは遊びの天才だったぜ。原っぱさえあれば、一日中遊んでいた。いま。原っぱなんかどこを見たってありゃしない。だからコンピューターゲームがのさばるんだ。でも勘違いするなよ。あんなもの遊びじゃない。遊びは汗をビッショリかいて、泥だらけになったり、すりむいたり、コブをつくったり、叱られたり、泣いたり、わめいたり、必死なものだ。昔、ガキだった奴も、今、ガキをやってるやつも思い切って泥だらけになってみろってんだ。それがこの番組だ、わかったか!ジャジャーン!


だって。
そして20年前の番組だから、当然出演者たちが・・・若い!!!

谷隼人デーブ・スペクター大木凡人稲川淳二
▲御なじみの面々。テロップ等は日本語で出る

谷隼人はあまり変わってない感じがしたけど、稲川淳二、島田洋七、城みちる、渡嘉敷勝男、そしてたけし軍団のメンバー・・・それから特に一般参加者の髪型や顔、服装、やはり時代の変遷を感じずにはいられない。(笑

中でもixelが一番びっくりしたのは、彼。

humoramarillo1humoramarillo2humoramarillo3
▲20年前は家老でした

20年後、宮崎県知事に誰がなると想像したであろうか。
今度言ってみようかなぁ、スペイン人の友達に「この人とある日本の県の知事さんだからね!」って。
皆どんな顔をするだろうか。

スペイン人がこれを喜んで観るとは驚いたが、日本人である私にとっては20年前の番組を観ても特別面白いと思えないのは当然と言えば当然だろう。特にこの手の番組は多く制作されて見慣れてしまったから。それでもこれを放送しようと決めているテレビ局は、北野武が出ている番組だからきっとプッシュしてるんだわ。

「でもさ、あれに出演した日本人で誰も怪我した人はいないの?」と心配そうに訊いてきたアリシア。多少の擦り傷、切り傷はきっとあるけどね。それ以上に冒険心を掻き立てて楽しかったんじゃないかな。・・・なんて傍観者だから言えることだろうか。(笑

《スペインテレビ情報》
Humor amarillo(風雲!たけし城)
チャンネル/canal:cuatro(4)
放送時間/horario:毎週土曜朝 10:45〜/Sábados a las 10.45h
http://www.cuatro.com/programas/entretenimiento/humoramarillo/

Un clásico de la televisión

Vuelve Humor amarillo, un hilarante concurso en el que un grupo de japoneses sufre indecibles torturas por un buen puñado de yenes.
Llega la versión 2006 del mítico programa Humor amarillo, versión española de Takeshi's Castle, un concurso japonés dirigido por Takeshi Kitano, director de cine de culto. Gracias a este programa sabemos que también es persona, y una persona con mucho sentido del humor.

banner_02.gif
posted by ixel at 11:36| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | España/スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。