2008年01月02日

傘を取り戻せ!-intento de robo-

A todos y a todas que estáis viendo esta página,
¡¡Feliz año nuevo!!

Os deseo que todo vaya lo mejor para el año 2008.

Por cierto, ¡hoy escribo lo que me ha pasado algo malo por esta noche!
Pues esta noche estaba tomando algunas copas con un amigo Claudio en Gato Negro que es un bar donde vamos "demasiao" y mientras estabamos tomando y charlando en la barra, me desapareció mi paraguas muy chulo que estaba colgado en un gancho donde está debajo de la barra, o sea que ¡¡hostia, me robaron!!
Cuando me di cuenta que ya no había, salió una palabra "mierda" desde mi boca automáticamente... ¡Es que el paraguas era como un recuerdo de Salamanca donde lo compré y me ha encantado, además hoy ha sido el primer día de lo que he traido el paraguas desde mi casa! Así que me daba mucha rabia.
(Link para ver cómo es el paraguas que compré en Salamanca)

Luego empecé a preguntar a la gente de alrededor de mi a ver que si había alguien que viera algo. Y dijo Claudio, "supongo que alguien borracho lo ha llevado." es que aquel momento era justo cuando aumentó la gente en el bar y había muchos australianos borrachos.

Fui al lavabo con una cara de rabia y al volver de allí, vi todas las partes del bar y las cosas que la gente tenía fijamente...

y en ese momento, ¿qué sucedió?

¡¡¡Vi una chica rubia que tenía MI PARAGUAS colgado en un bolsillo de sus vaqueros!!!        

¡¡¡¡¡¡¡¡AAAAAAHHHHHHHH!!!!!!!!


Entonces, me acerqué a ella, lo cogí sin decir nada y dije "Oye perdona, pero este paraguas es mío."
La rubia me pareció borracha totalmente y me dijo que no se había dado cuenta o algo por ahí. ¿Qué ella habría hecho si yo no hubiera podido buscarlo? ¿Lo habría cogido y llevado hasta su casa? Pero, ¡hombre, por favor! Su respuesta me dejó estupefacta. Menos mal que podía encontrarlo, porque sino...uf, ¡¡madre mía!!

***********************************************************

2日は新年早々、傘の盗難未遂に遭った話から。
まさか2日の夜にもう飲みに行くとも思わなかったが、もはや飲み友達になっているクラウディオに誘われていつも行く、というか行き過ぎな感さえ覚えるガト・ネグロ(スペイン語で“黒猫”の意)へ。夕方辺りからバルセロナは久しぶりに雨が降っていたので傘を持って出かけたのだった。

彼が日本の2週間の旅を終えて帰ってきたというので久々に会い、彼の土産話に耳を傾けながらお酒を気持ちよく飲んでいたと思ったところに見事にやられたのが、この傘盗難。バーの下にあるフックにかけておいた傘が綺麗すっかりなくなっているのに気づいた。

時は折りしも、ちょうどオーストラリア人の酔っ払った若い子達が多く入ってきて、我々の周りにも何人か群がっていた時。「してやられた!」と無性に悔しくなる私。それもそのはず、持ってきた傘はサラマンカの美術館で奮発して買った、モネの絵柄の入った私のお気に入りだったからだ。(当時の日記はこちら)しかも外に持ち出したのはこの日が初め。もうやだー!と思いながら、悔しいながらも一旦お手洗いへ向かった私。
ここでクラウディオが「酔っ払いの人が大勢入ってきたから、その内の誰かが盗っていったんだと思うよ」と言ったのを思い出し、お手洗いから出ると、自分の元いたカウンターまで店内を隈なく見ながら戻ることにしてみた。客の持っている荷物にまで目を配る・・・

と、その時。

あった!!!!!


金髪の女の子が自分のズボンの後ろポケットに傘の柄を挿して、立ちながらお酒を飲んでいるではないか!ムッとした私は無言で傘を彼女のポケットから引き抜き、振り向いた彼女に「これ私の傘だよ!」と一言。彼女の顔は赤く、完全に酔っ払っている様子。彼女は『そうなの?ごめーん』とか何とか言ってヘラヘラ。傘が戻ってきたからそれ以上言うこともなく、そのまま私はカウンターへ戻っていったが、どういうこっちゃ!(怒)私が傘を見つけられずにいたら、彼女はそのまま自宅まで持って帰っていたのだろうか?これだから酔っ払っておかしなことする人っていやーねー。呆れてものも言えなかった。

って、帰ってきたお気に入りの傘に何度もキスをして、撫でてやった私も十分おかしいけどね。笑
posted by ixel at 23:07| パリ | Comment(3) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなことがあったんですか・・・。

お気に入りなものが盗難されるなんてたまったものじゃないですからね。
無事戻ってきてキスしちゃうのも分かる気がしますね。
まあしかし腹の立つ話ですな。

自分の盗難は、スクーターのヘルメットが消えていたことがありました。
戻ってきたらなくなっている・・・。
仕方ないのでノーヘルで帰宅。
夜中だったこともありなんとか無事着でしたけど、本当あの時はやり場のない怒りを感じました。

Posted by すぎ at 2008年01月04日 13:31
明けましておめでとう。
携帯の次は傘か・・・
気をつけていても食事での席ではどうしてもホッとしてしまうもんね。これ以上被害に合わないようにね!!!

こっちは雪が降っているけど、スペインは降ってる?残りのスペイン生活がんばれ!!
Posted by maya at 2008年01月05日 17:36
>おすぎさん
こちらは日本よりもずっとずっとスリ・盗難が多いことで有名です。7月にレストランで食事中に鞄をまるごと盗まれたことがありました。毎回外出するときは周りの様子に目を配って気をつけているのですが、ふと気を抜いたときに盗難に遭ってしまいました。危ないものです。
すぎさんも盗まれた経験がおありで!
盗まれた後ってめちゃくちゃ悔しいですよね。
お互い気をつけましょう。


>maya
携帯どころか、鞄丸ごとだったよ。財布、携帯、デジカメ、鞄、家の鍵・・・あの日は悲惨でした。忘れようとしても忘れられません。ギャー!

スペインは山間部は雪が降っているようだよ。
バルセロナは12月にとっても寒い日が何日かあったけど、それでも雪は降らないところみたい。昨日なんかはポカポカ陽気で気持ちのいい1日でした。
Posted by ixel at 2008年01月07日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。