2008年02月15日

3年前の思い出、再び -La Esquinica-

仕事が終わり、自転車にまたがると、途中ばったりアルナウに遇ったりしながら1時間近くかけて帰宅。19:30からはアルナウの家に行き、リチャール、チャビとも合流して一緒に任天堂のwii(ウィー)で遊んだ。スペインでもプレステやwiiは大人気。ファミコンとスーファミしか家にない私は「ixelはどのゲーム機持ってる〜?」と訊かれて返す言葉がない。そもそもスーファミはスペインにも上陸したのかも謎。(苦笑)あぁマリオカートよ永遠なれ。あれくらい私のやり込んだゲームは後にも先にもない。

“wii sports”で遊んだ。
テニス、野球、ボーリング、ゴルフ、ボクシングとあるメニューの中から選択、コントローラーを振って実際に体を動かしながらゲームを楽しむというものである。テニスではうまくいかず、リチャール・チャビペアに連敗を喫してしまったアルナウ・ixelペアだったが、ボクシングでは何と私、3人の男性を抜いて優勝してしまった。
みんな!KOになるまでボッコボコに殴ってしまってごめん!(笑

その後、21時過ぎになってベロ(ベロニカ)の家まで車で出向いて彼女を迎え、皆で食事に行った。その行った先のバルというのが“La Esquinica”(ラ・エスキニカ)、こここそが3年前にリチャール・アルナウ・マノロ、それから日本から一緒に大学の卒業旅行に来ていたみき・いくみ・まゆみと食事したあの思い出深いバルだった。そう、辿り着きたくても行けなかった名店。なぜならバルの場所がどこだったかさっぱり記憶になかったから。そして苦い思い出と共にあの頃のことはリチャール・アルナウと私と双方がよく覚えている・・・。

時は遡ること3年前の2月。

彼らに連れられて、この“ラ・エスキニカ”でおいしいスペイン料理をたらふく食べた私達日本人の女の子4人。食事と共に「クララ」というビール+レモンジュースの飲み物を豪快に飲んだのであった。中ジョッキまではないにしても、およそそれくらいの高さはある細めのジョッキに並々と注がれたクララを飲み干しバルを出た私達。その後地下鉄に乗って、ディアゴナルまで。グラシア通りの端からずーっとウィンドウショッピングをしながら歩き、その後ランブラスを通り、港まで歩く予定だった。

が、途中激しく私達に襲ってきたもの。

(ねぇ・・・トイレ行きたくない?)ボソ

誰かが言い出した。

(うそっ、実はわたしも)
(わたしも行きたい)
(わたしも実はそう)
(ねぇ、どうする?)
(でもトイレってどこに行くの?)
(彼らに言わなきゃ)
(誰が言うの)
(ixel言ってよ、友達なんだから)
コソコソコソコソ・・・

推定500mlのクララを飲み干したわたし達全員がトイレに行きたくなり、実は観光どころではなかったのだ。「ほら、ここにカンペールの店があるよ。中に入って見てみる?」という親切なリチャールらに誘われるように中へ入るも、誰も見る気がしない・・・というかあまりの尿意に見られない!!!(爆

わーーーーーrg;psk:p;l。おいyじゅgtrdうぇgrfghcjv7たgryひh:えp!!!!!

・・・日本人はこういうところがモジモジしてて、内気で、思ったことをすぐ言えないのよね。それが美徳なのだろうけど。

で結末としては、我慢できなくなったので、「あのね、実はね、私達トイレに行きたいの」と思い切って言って、近くの喫茶店のトイレに皆で駆け込んだ・・・というものなんだけど。
あー恥ずかしい。

あの頃のことを「トイレなんてのはさ、誰だって行くものなんだから別に恥ずかしがったり隠したりすることなんか全然ないんだよ。おぅちょっと小便行ってくる!それでいいじゃん」とリチャールが笑って振り返る。今じゃすっかり笑い話だ。

そんなクララが引き起こしたトイレ駆け込み事件。(笑

私は今夜もそのクララにわざと逢うことにした。
悲劇は二度も繰り返されることなく、ゆったりと店を出られてよかったよかった。
しかしあれからもう3年も経ってしまったのかと思うと、本当に時の経つのは早いものである。店の場所は分からなかったけれど、店内の雰囲気はちゃんと覚えていた。それは、どこに座って食事したかまで。店の前に立ってからというもの、全てが懐かしく感じられた。

la esquinica1

▲実は隠れた名店。夜になると外にこんなにも人が集まり、行列を作って待つほど。
客は整理券を取って、番号で呼ばれる

clara
▲問題のクララ


tapas de la esquinica

今夜食べたものリスト。
(写真奥から)
-爆弾に見立てたポテトコロッケ(bomba)
-コウイカのガーリック炒め(sepia)
-ホタルイカのフライ(chipirones)
-ピーマンのグリル(pimiento de Padrón)
-タコのガリシア風(pulpo a la gallega)
-じゃがいものフライ にんにくソース(patatas bravas)
-コウイカのフリッター(choco)
写真にはないが、他にも
-ホタルイカのガーリック炒め(pulpitos)

どれも美味しかったが、結局はパンとピーマンとじゃがいもと、イカとタコしか食べてないんだよな。(笑
スペインもイカについては日本と同様いろんな種類があり、調理法もバラエティに富んでいるから面白い。

日本に帰る前に一度来たいと思っていたので、その夢が叶ってよかった。
道ももう覚えたし、また来られると思うと嬉しい。

la esquinica2

La Esquinica
Passeig de Fabra i Puig, 296
08031 Barcelona
tel. 93 358 25 19
posted by ixel at 23:45| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。