2008年03月01日

Viaje por París 2

Me desperté a las 7:30 de la mañana con la visita de un revisor para devolvernos el billete.
El tren llegó a la estación de Austerlitz (París) a las 8:48 y al bajar del tren, ya estaba una amiga mia parisina...Amandine.

Es mi amiga a la que conocí en Madrid con la que yo vivía en la misma habitación durante 2 semanas en el principio del abril del año pasado. Llevabamos casi 11 meses sin vernos pero casi siempre hablabamos por messenger aunque estemos separadas. Tiene 16 años, es mucho más menor que yo. y además hay una cosa que tengo que apuntar para aclarar cómo podíamos mantener la relación tan fuerte entre ella y yo... La cosa inolvidable acerca de ella es que está loca con los "Johnnys" (los chicos japoneses que son cantantes y actores). Es una pasada que una francesa ve y sabe muchas más telenovelas japonesas más que yo... es que a veces no puedo contestar sus cuestiones ya que son muy maniáticas, ja ja ja.

Hoy fui a Museo de Louvre (Musée du Louvre) con Amandine y su amiga Héloïse que está muy conocido por lo donde está Mona Lisa de Leonardo da Vinci y la Venús de Milo, etc. Este museo es demasiado grande así que hay que elegir las obras que quieres ver porque sino luego te cansa mucho.

He visto los dos que he apuntado arriba, pero perdí ver otras pinturas fablosas...por ejemplo "La Libertad guiando al pueblo" (La Liberté guidant le peuple) pintada por Delacroix...Ahh!! Quería verlaaaaaa, es que no sabía que estaba aquí! Me daba mucha rabia.

Luego paseabamos por el jardín de Tuileries, plaza de Concorde donde había ejecución por guillotina, avda.Champs-Elysées y hasta el Arco de Triumfo. Por supuesto cantamos "LES CHAMPS-ELYSÉES" andando y comiendo helado de Häagen-Dazs!!
¡¡¡¡¡Aux Cahmps-Elysées!!!!!

Je me baladais sur l'avenue, le cœur ouvert à l'inconnu
J'avais envie de dire bonjour à n'importe qui
N'importe qui, et ce fut toi; je t'ai dit n'importe quoi
Il suffisait de te parler pour t'apprivoiser

Aux Champs-Elysées, aux Champs-Elysées
Au soleil, sous la pluie, à midi ou à minuit
Il y a tout ce que vous voulez aux Champs-Elysées


***********************

さて定刻通り8:48にパリはアウステルリッツ駅についた寝台車。列車を降りるや否やすぐに目の前に現れたのが、私のたった16歳の友達アマンディーヌであった。4月に2週間のみ、マリパスの家で一緒に過ごしたと言うだけで、ここまで連絡を取り合い、しかもパリで再会できるとは思わなかった。それもこれも、彼女が狂うほどに愛を注ぐ日本の「ジャニーズ」がいたからこそだろう。「知ってた?マドリッドでの1番の思い出と言ったらixelだったのよ」と言ってくれるのは嬉しいが、それもジャニーズネタが収集できたり、日本語が学べたりしたからじゃないか?はっきり言って一緒に出かけたこと1度しかなかったぞ・・・と独り毒づく25歳。まぁいい、相手はまだ10代の女の子だ。

午前中は彼女の家でゆっくり。これから始まる1週間のプランを練ったりした。そして昼には彼女の友達のエロイーズも合流。彼女もまた、日本人のコギャルを目指したメイクをして、白のショートパンツ、黒タイツにルーズソックスを合わせるというスタイルで登場するもんだからビックリした。でも似合っていて可愛い。

午後はルーブル美術館へ。モナ・リザやミロのヴィーナスが展示されている大きな大きな美術館であることで知られる。その展示数といったら計り知れないので、大体の目的と目安をつけて回らないと、後でヒーヒー言うことになるということが分かった、というか分かっていた。結果大体見たのだが、後になってフランス絵画の大作の並ぶ廊下に行き忘れたことに気づき、ドラクロワ作の「民衆を導く自由の女神」を見忘れた。これはかーなーりショックである。美術館を出てからこのことを言うと「明日戻りたい?」と訊かれたが、オイオイ。君達はタダで入れるのかもしれんが、私は9ユーロ払ってるんだから!頼むよ!

その後は美術館を出て散歩。美術館脇にあるテュイルリー庭園(これがフランス語で言うとめちゃくちゃ難しい)を抜けて、コンコルド広場。ここはかつて見せしめのギロチン処刑があったことで知られる。そこから地下鉄に乗り、凱旋門の近くまで。シャンゼリゼ通りにあるハーゲンダッツでアイスクリームを買い、歩きながら食べた。自然と口ずさまれたのが、言わずもがなの「オーシャンゼリゼ」。3人で歌うと何とも愉快!意味が分からないままフランス語の歌詞を覚えていた私。こういうところで役に立ったかな、なんて。

ところでパリの凱旋門、やっぱりデカかった。
バルセロナの茶色の凱旋門よりずっと太く、高かった。すげー。
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | viajes/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。