2008年03月02日

Viaje por París 3

Hoy fue domingo, entonces casi todas las tiendas estaban cerradas y Amandine me aconsejó que visitasemos Notre-Dame y Sainte-Chapelle que son iglesias. Me parecía bien.

Esta mañana empezamos a pasear para el jardín de Tuileries...mmm? espera, si no me falla la memoria estabamos allí ayer ya! pero Amandine no sabía que Museo de Louvre y el jardín estaban juntos. Pero bueno, paseamos por el jardín y hicimos algunas fotos también.

Luego cogimos el metro y hasta una crepería(crêperie).
Un crêpe...es lo que quería probar en París. En Japón, hablando de crêpes supongo que la mayoria de japoneses imaginan como dulce, pero aquí hay de todo.

Nosotras pedimos:
·Foie-gras poire caramélisée (Foie con pera caramelizada)
·Roquefort-chèvre-noix (Rocafort-queso de cabra-nuez)
·Jambon-fromage-champignon-oeuf (jamón-queso-champiñón-huevo)
·Chocolat-banane-chantilly (chocolate-banana-nata)

mmm, ¡¡qué bueno todo!! Sobre todo ¡foie! Nunca lo había comido así con crêpe...qué bueno, qué bueno...

Luego fuimos al Notre-Dame y Sainte-Chapelle. Me emocioné mucho cuando subimos arriba de la St. Chapelle que está llena de vidrieras de colores...

En el camino de ir a una heladería, nos encontramos a un artista ambulante francés. Él me cogió mi brazo y me pidió que participase su show. No tenía nada que hacer y sólo estaba de pie, pero como estaba en centro y todos espectadores estaban alrededor de mí, me sentía muy bien. jajaja

Al final, fuimos a la heladería "Maison Berthrillon" que es la más buena en París según mis amigas y los libros para guía trística. Sí que era bueno, la próxima vez quiero probar uno de pistacho!

**********************

日曜日は各種のお店が閉まってしまうので教会等に行こうと提案されたixel。たぶんそれがいい、と今日も張り切って出かける。エロイーズも一緒。

まず腹ごしらえが、念願のクレープ屋!と言っても普通のレストラン、屋台ではない。値段もいっちょ前にする。(笑
日本でクレープと言うと、最近では野菜やサラダを巻いたものも見かけるが、まだまだデザートやおやつといったイメージが強いのではなかろうか。今日頼んで食べたものを書き出してみる。

今日頼んだもの:
・フォワグラ/キャラメルがけ洋ナシのコンポート
・ロカフォートチーズ/ヤギのチーズ/胡桃
・ハム/チーズ/マッシュルーム/卵
・チョコレート/バナナ/生クリーム

最後のチョコバナナは日本でも食べられるが、上記3つはやはり本場ならではの感じがする。クレープの皮も、デザート用の小麦粉ではなく、違う粉を使用しているようだ。小麦粉なのだろうけど、色が黒い。
ところでフォアグラと洋ナシのコンビは絶妙だった。初めてクレープという形でフォアグラを食べたが、美味しいなぁ。

そこからかの有名なノートルダム寺院とサント・シャペル教会へ。後者のことはよく知らなかったが、入ってみて驚いた。2階に上がると礼拝堂があるが、そこのステンドグラスと言ったら・・・!!!圧巻。周りをぐるりと囲むかのように施されたステンドグラス、どの観光客もうっとりして、用意された椅子に腰掛けて心行くまで眺めているようだった。

ノートルダム寺院とサント・シャペル教会は付け加えれば、セーヌ川に浮かぶ1つの島にある。なのでそこから橋を渡って別の島にある有名なアイスクリーム屋に行こうとしていた私たち。

大道芸人にひっかかった。
気がつくと、私はたくさんの人だかりの中心にいた。
ちょっと気持ちいい。

「ixelはそこにいてーーーーーーーーーー!!!」
という、フランス語訛り100%の英語を話すスキンヘッドの愉快なおじちゃんに言われるまま、ただ突っ立っていただけなんだけど。それからおじちゃんは自転車の曲芸を見せてくれた。アクロバティックな乗り方をして、皆「おおお〜」って言っていたな。最後に一緒に記念撮影をして我々はその場を去った。

本日の最後はアイスクリーム屋「メソン ベルトゥリヨン」。ガイドブックによるとパリで一番美味しいアイスクリーム屋らしい。おすすめは何か?と尋ねたら、「カシス」と。他にもいくつか挙げられたが、カシスはこの店が初めて作った種類のアイスクリームだったからということで頼んでみた。味が濃厚だ、なるほど旨い。でーも、今度行ったときはピスタチオ味を頼もうと心に決めているixel、なぜなら?味見したエロイーズのアイスの方がずっとずっと美味しかったから!(笑
posted by ixel at 20:00| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | viajes/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スペイン、残留中のixelさんへ。

パリ、いいですねー。
私も旅に出たい!

多分そのクレープはそば粉ですね。
いわゆるガレットというやつではないでしょうか?
ブルターニュの名産で、ガレット&シードルの組み合わせは特に有名です。

私も酒飲みの宿命で、どちらかといえば辛党なので、デザート系クレープより、チーズやハムや卵なんかのおかず系ガレットと酒!の方が好みです♪
日本にいるときに一時期、家族ぐるみではまって、よく作ってました。

ところで真の帰国日は、折りしもセマナサンタ当日なんですね。
それまで、存分に楽しんでくださいね!
Posted by SOLLA at 2008年03月19日 09:50
>SOLLAさん

読んで頂けましたか?残留の話。(苦笑

パリ良かったですよ!本当に。
大好きになりました。
天気だけはスペインが最高だけれど。

黒いクレープはやっぱりそば粉ですかね。
「ガレットはそば粉」という認識があったのですが、
クレープにおいてもそば粉を使うのでしょうか。
フランス人の友達に訊いてみたのですが、
私がスペイン語で「そば粉」をどういうのか知らないように
彼女も表現に困っていて、結局真相は分からないままだったんです。
ああ、そういや私が行ったレストランも
シードル用のお椀が置いてありました。
有名なんですね。知りませんでした。

SOLLAさんと同様、私も実は生クリームたっぷりのクレープが苦手でして、
日本ではいつも避けて通っていたんですよ。
SOLLAさんのお宅ではよく作っていらしたとのこと、なかなか素敵ですね。
我が家には超保守的な父がおり、外国の料理を滅多に口にしないので
きっと作ったとしても食べてくれないでしょうね・・・

今週日曜日に発ちます。
しばしまたお別れ会が続く(またぁ!?)と思いますが、楽しんでいこうと思います!
Posted by ixel at 2008年03月20日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。