2008年03月05日

Viaje por París 6

Un día libre!
Hoy Amandine tenía lección en casa (venía un maestro particular) entonces yo por la mañana planeé cómo y adónde visitar sola. Había algunos sitios que quería ir según mi guía y hoy ya he cumplido visitar casi todo! jejeje!!!

·Museo Picasso (Musée de Picasso)
Cerca del metro St-Paul. Aparte de cuadros, también hay objetos de arte, esculturas etc. Me daba pena no haber podido ver cuadros principales que se ponen en la guía. Me parece que totalmente este museo se ha cambiado mucho. ¿Está en obra?

·Río Saine
Después de la visita de Museo Picasso, fui a Tuileries en metro, pasé por el Jardín y el río Saine para ir al Museo de Orsay. Hacía sol y estaba muy agradable al paseo.

·Museo de Orsay (Musée d'Orsay)
¡MAGNIFICO! Me encantó. Estuve ahí 3 horas o algo por ahí y resultó que había visto casi todas las partes del museo. He visto muchos cuadros famosos de los pintores impresionistas: Renoir, Manet, Monet, Millet y posimpresionistas: Van Gogh, Gauguin y Cézanne. No sabía que tenía tantos cuadros famosísimos en este museo ya que estaba flipando y sentía como si viera a una persona que se busque y de repente apareciera delante de mí...

·¡Tania!
Una amiga mía que es mexicana se llama Tania vive en París hace 2 años y hoy nos hemos visto. Me emocioné mucho ya que no nos habíamos visto desde que ella se marchó de Japón en el 2005. Qué bueno que podamos vernos en París, ¿quién podía imaginarlo? Ya nos vimos en México, en Japón, en París... y ¿la próxima vez dónde quedaremos Tania?

·Jean Paul Hevin
Parece una chocolatería bastante buena y famosa incluso en Japón. Compré un poco de chocolate (otra vez!) y Tania me regaló macaron para mi familia, ayy qué maja es ella!!

231, rue St-Honoré 1er
Tel: 01 55 35 35 96
10:00-19:30
www.jphevin.com

·Jean Paul Gaultier
Es una marca francesa muy conocida en el mundo que le gusta a mi novio. Quería entrar en la tienda, pero cuando llegamos ahí ya eran las 19.30h y era demasiado tarde. Ahhhhhhhhhhh!!!

·Arco de triumfo (Arc de triomphe de l'Etoile)
Al final de este día...por fin subí al Arco de triunfo!!!
Tampoco sabía que muchas calles se dirigen hacia este monumento. Si ves desde arriba del arco, se ve todas las calles principales como si fuera una estrella. Además como subí con Amandine y Tania por la noche, París estaba lleno de luces...qué emoción, no? Una cosa que más me sorprendió era la torre Eiffel de las 21h. Empezó a brillar!!! Joeeeeeeeeee!! Era ACOJONANTE, de verdad. Esa escena se me quedó grabada profundamente.

**************************

1日自由行動の日!と書くと、まるで修学旅行生のようだが(笑
家庭教師がやってくるとのことで、アマンディーヌは1人家で先生を待たなければならず「今日だけはごめん!一緒に行けないの」と言われたが、ここぞとばかりに予定を詰め込むことにした。一緒に行くより、1人で行った方が気が楽でいいと思えるところを集めて。
そう、美術館とか。美術館とか。美術館とか。ハハハ。

·ピカソ美術館
地下鉄サンポール駅近く。
(・・・あのぅ、サンポールというのは聖人の名前であるということは重々承知なのだが、どうしても私にはあの緑のボトルのトイレ用洗剤にしか思えなくて・・・ごめんなさい、サンポール。)
行ってびっくりしたのだが、ガイドブックに載っている大方の作品が置いてなかった。ん!?改装工事でも始めたのだろうか、確かにガイドブックには今年2008年の6月だか7月から閉館し、改装工事を始めるとの記述があったが・・・少し消化不良。
それでもピカソの絵画だけでなく、オブジェや彫刻等、様々な素材を使い様々な手法で芸術を表していたことを目の当たりに出来て嬉しく感じた。

·セーヌ川
「パリ」と言うと、エッフェル塔、凱旋門、そしてセーヌ川というイメージが次々と浮かんでくるのは、日本人だけでなく外国人なら誰でも考えることだろう。落ち着いたセーヌ川のほとりを歩いたら、ちょっとパリジャンになった気分を味わえるかな、などと勝手な想像をもとに、ピカソ美術館からオルセー美術館へ行く道すがら通ってみた。
日も出ていたし、川も穏やかに流れ、水面がキラキラ揺れているのが見ていて美しかった。

·オルセー美術館
素晴らしい!大好きになった美術館である。どこから見たらいいのか迷う館内の構造はさておきだが(苦笑)3時間ほどいただろうか、全部見てから美術館を出た!驚いたのは、自分が思っていたよりはるかに有名作品を所蔵していること。特に印象派であるルノワール、マネ、モネ、ミレーやポスト印象派と呼ばれるゴッホ、ゴーギャンやセザンヌらの作品が多くあったのが嬉しかった。ここに所蔵されているとは知らず、作品を目の前にして息を呑んでしまったこともしばしば。例えば、日本の自分の部屋の壁に貼ってあるルノワールの「少年と猫」のポストカード、何年も前に好きで買ったものだが実物を見たことがなかった。ところが今日オルセーでばったり!「ここにいたのか君は!」長年会えずにいた初恋の恋人にばったり会えた時のような、そんな感じにさせられた。

·¡Tania!
メキシコ人の友達、タニアである。2年前からパリに住んで、日本語の勉強を続けているそうだ。フランス語もマスターして、今や流暢に話している(ように見えた)。2005年の秋に彼女が日本留学を終えてから会っていなかったが、まさかここパリで再会できるとは誰が想像しただろう。初めての出会いはメキシコで、次は日本、そしてパリ。タニア、今度は地球のどこで会おうか?

·Jean Paul Hevin
ジャンポール エバンと読む。立ち読みした「地球の歩き方・パリ」の中にあった、有名と言われるチョコレート屋。日本でもバレンタインなどに取り扱われているみたいで、ここのパティシェはいくつか賞をもらっているとあって店も繁盛しているようだ。お客が後を絶たなかったから、「日本人」の。(笑)地球の歩き方に載るということは、こういうことなのだろう。ここでタニアが「ixelの家族にプレゼントするよ」とマカロンを買ってくれた。我が家に3ヶ月ホームステイしていたこともあって、あの頃のことが懐かしいと今でもよく思い出すのだと言う。嬉しい限りである。

231, rue St-Honoré 1er
Tel: 01 55 35 35 96
10:00-19:30
www.jphevin.com

·Jean Paul Gaultier
言わずと知れたジャンポール ゴルチェ。どんなものかと覘きに行こうとしたのだが、閉まっていた!そりゃ19:30に行ったら遅いかぁ。すっかりスペイン癖がついてしまっている!?(スペインは21時くらいまで開いてる店もあるから)

·Arco de Triumfo (Arc de triomphe de l'Etoile)
本日を締めくくるのはパリの象徴「エトワール凱旋門」!!!アマンディーヌのお母さんも「是非上ってみて。昼間より夜の方がいいよ」と太鼓判を押すほど。どんなに素敵だろうと思ったが・・・実際上ってみたら想像はしていたけれど、やっぱり実感するということは別物だと分かった。パリで見かけたポストカードを見て初めて知ったが、大きな12本もの道路が凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場に終結している(それともここから延びている?)こともあって、その姿を上から眺めるとまるで星のようなのである。今はシャルル・ド・ゴール広場と呼ばれるらしいが、昔はその星にちなんでエトワール広場(星の広場)と呼ばれていたそうだ。夜のころはさらなり、ライトアップが加わって一層華やかに。びっくりしたのは21時のエッフェル塔。タニアやアマンディーヌが「21時のエッフェル塔を見なきゃね、いいからいいから待ってみて」と言うので何が起こるのかと思いきや、塔全体がキラキラ輝きだした!同じ時間にパリの至る所で、これを眺めてため息を漏らしている人が果たして何人いただろう・・・愛の都パリ、夜の演出まで美しい。忘れられない光景となった。
posted by ixel at 20:00| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | viajes/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パリのピカソ美術館に関して

>行ってびっくりしたのだが、ガイドブックに載っている大方の作品が置いてなかった。

それもそのはず!
パリのピカソ美術館の作品のほとんどは、現在マドリッドのレイナソフィア美術館に来ています。
総作品数427点!
私も見に行ってきましたよ〜。(ホームページアドレスで飛びます)

ixelさんは、もう日本ですか?
日本は、今は桜の真っ盛りかなあ??
Posted by SOLLA at 2008年03月30日 08:56
>SOLLAさん

ご無沙汰しております。
パリのピカソ美術館の情報有難うございました。
な〜んだ、そういうことだったんですね!
見どころと言われる作品ばかりなかったので、「あれっ、これだけで終わり!?あの作品は?」って思っていました。

トラブルもありながら、何とか帰国しました。今は日本です。満開の桜も見ることができて本当にいい時期に帰ってこられたなぁと自分も仲間もそう言っています。

このブログに関しては、日記をまとめて本にしようと思っています。しかし神経質な私は、ここまでくると毎日の日記がないとどうも嫌だし、書き忘れていることや、どうしても記しておきたいことなどがあるので製本は大分後になりそうです。これからも過去の記事にはなりますが、少しずつまた書き足していけたらと思っています。
更新した際にはトップページでお知らせ等しますのでまたいらして下さいね。
SOLLAさんのブログはいつも拝見していますよ〜SOLLAさんもお元気で頑張ってくださいね。
Posted by ixel at 2008年04月08日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。