2008年03月14日

Barcelona no me deja salir!!!

Estos días han sido bastante buenos ya que podía ver a muchos amigos estupendos para despedirme de ellos...
Les agradezco mucho.

Por fín hoy fui al aeropuerto de Prat con mi maleta pesada de 33kg y muchos recuerdos de España...
Tenía bastante ganas de volver a Japón...ohhhhhhh mí país!

Pero,
Pero,
Pero,

¡NO PUDE COGER EL AVIÓN!むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)


por culpa de pu*a compañía aerea inglesa: BA (ya no cogeré ningún vuelo de BA nunca más! grrrr!!!).
Lo que pasa es que en este enero cambié la fecha del vuelo para volar ayer pero BA se había equivocado en el proceso de la anulación y la reserva de nuevo así que no me encontró en la lista de pasajeros del vuelo de ayer ni me podía sacar billete.

Menos mal dos amigos míos me acompañaban hasta aeropuerto porque luego tuve que ir a varias ventanillas entre BA y Iberia para reclamar. Ellos me ayudaron mucho y me imaginaba que habría llorado y estado super nerviosa si no hubiera venido con mis amigos...tenía mucha suerte.

Reclamar y reservar nuevamente han estado chungo, porque BA no tiene oficina en aeropuerto de Prat, en Barcelona tampoco, pero como tiene vuelos cooperativos con Iberia fuimos a la ventanilla de Iberia también y allí al principio nos trataron muy mal.
Una mujer encargada de la venta nos mandó a freír esparragos y diciendo '¡Somos Iberia y no somos BA, no puedo hacer nada para ella(ixel) y no tengo ninguna responsabilidad!' etc..., qué fuerte esta señora, ¿no? Bfff!!!

Pero bueno, resulta que hay que cambiar la fecha del vuelo otra vez y como ya no hay nada que hacer más en aeropuerto, al final volvimos a nuestro barrio Sant Andreu.
¿Podéis imaginar qué vergüenza yo tengo?
Es que no podía creer que tendría que volver al mismo piso del que me despedí por la mañana del día mismo e imaginaos qué cara tenía mi compañera del piso: Sandra...cuando nos vimos en el portal del piso y le pregunté '¿Me echabas de menos, verdad?' y me contestó sonriendo 'sí'...qué bueno, no? Ayer todo el tiempo yo me cachondeaba de todos. jajaja

O sea que...

¡ESTOY EN BARCELONA AÚN!


'Anda ixeeeeeeeeeeeeel, qué buena que Barcelona no te deja salir' 'te tienes que quedar aquí hasta el veranoooooo'

Mís amigos y sus padres me decían así como quisieran, pero es cierto, me daba una sensación parecida.
No he podido salir de Barcelona porque ella me quiere...jejeje

Pues me voy a quedar en BCN hasta el 23 de marzo, entonces 9 días más. Ahora tengo que aprovechar el tiempo y voy a hacer una lista para cumplir todas las cosas que no podía hacer aunque quisiera.

*****************************

バルセロナにも時折春の風が吹くようになった。
暖かくて、そしてどことなく土くさい「春」の匂いが鼻まで届いてくる。

こないだフランス人の友達のバニーに、
「あっ、春が来たな!ってときの、あの春風の特有のにおいが分かる?あの匂いを嗅いで春を感じるのが大好きなの!」と私が言うと
「分かるよ!私も大好き!」
と返ってきたことを思い出した。

昨夜午後7時近くまで働いていた私は、冗談ながらにも思った。
「私、明日ほんとに帰れるんだろうか」って。
帰る気がしなかった。

否、
帰る気がしないというか、

実際、帰れなかった。


と言った方が正しい。

10:30、アパートの前でアルナウとクリスティアンと待ち合わせ、
2人は親切にも空港まで送ってくれた。
そこまではよかったのである。

が、

結論を言うと、イギリスの航空会社BAの予約ミスで飛行機に乗れなかったのだ。
1月に予約を変更して確かにこの日に乗るように手配したのだが、私の名前が搭乗者リストに載っておらず予約の入っていない状態だったとのこと。
チェックインカウンターに着いてからイベリアのチケットカウンターとBAのチェックインカウンターとをたらい回しにされ、いい加減私も友達もうんざり。おまけにイベリアのカウンターの女性は「これはBAの問題でイベリアには一切関係のないことですから、何もして差しあげられることはございません!!」との一点張り。共同運航してるんじゃないの?BAはバルセロナにオフィスがないので困る。空港にもないので、最後はアルナウがマドリッドにあるBAオフィスに電話し、BAの予約ミスを突き止めたのだった。お金は前回同様、変更手数料の66ユーロを払うだけで済みそうだ。

結局友達の強力な助けもあったおかげで、その後には新たな搭乗手続きをしてもらったのだが、次回空いている便がなんと9日後の23日とのこと。「バルセロナが私を日本に帰らせてくれないんだわ」なんて冗談を言いながらスーツケースと重いリュックを背に、空港からまた自宅に舞い戻ってきた時の一緒に住んでいる友達の顔といったら・・・

空港に着いたら「あぁいよいよ日本だな」と思えてきて帰国が楽しみだったのだが、いざ今日帰れないと分かったらスペインをもう少し楽しめるということで嬉しくなった単純な私である。
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

帰国日決定

Desde esta mañana estaba tan tan tan tan nerviosa porque hasta hoy tenía que cambiar la fecha del vuelo para Japón, sino tendría que subir al avión el día 21 de enero, es decir, tenía la reserva de ese día. Así que después del trabajo cogí una bici del Bicing y fui a la oficina de CATHAY PACIFIC, una compañía aérea de Hong Kong en la Rambla Catalunya.

Ayer cuando Arnau llamó por teléfono para cambiar la reserva, la chica con quien habló él dijo que no se podía cambiar la fecha del vuelo pero como dijo también que hacía falta confirmarlo, tuve que venir directamente a la oficina.

Pues la verdad es que lo conseguí cambiar la fecha, entonces ahora estoy ya tranquila. Pude cambiarla sin dificultad ni descontento ni nada. Qué bieeeeen.

Así que... volveré a Japón en marzo, el día 14 y llegaré ahí el día 15 por la noche para dormir directamente, jajaja

Pero, ¿sabes? Cada día que se está acercando el día para marcharme de España, me embargan sentimientos contradictorios...son "Quiero volver" y "No quiero volver". Tengo ganas de partir mi cuerpo en dos para pasar dos vidas en Japón y España...¡jeje!, pero bueno, ya sé que no se puede hacerlo así que a ver qué pasa.

************************

本日キャセイパシフィックの営業所へ出向き、帰りのチケットの日付変更を行ってきた。昨日の時点では電話で「変更はできません」と言われてしまったのでどうなることやらとドキドキしていたが、すんなり手数料もかからず希望の便に変えることができたのでホッとした。変更できなかったら1月21日に予約が入っていたから。

ということで帰国は3月15日の夜に決定。3月14日にバルセロナを発つのは、学生証の有効期限が14日までだから。最後の最後まで存分に楽しむつもりでいる。
posted by ixel at 22:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

【盗難】保険会社に書類送付

保険会社に送る書類を全て作成し終えた今日、やっとの思いでポストへ投函してきた。この手紙が会社へ着き、それから審査を通り、やがて日本の銀行口座へ保険金が入金されると全てが完了となる。

盗難の際の保険金請求に必要な送付書類としては、
・保険金請求書・状況報告書(各保険会社のフォームがある)
・保険証券コピー
・事故証明書(ポリスレポート)コピー
・購入時の価格・購入先を示す書類(領収書・レシートなど)
・パスポートのコピー

など

また対物の賠償責任保険が生じる場合は、加えて
・損傷物の修理見積書
・示談書
が必要とのこと。

申請に必要な書類など、各会社で異なるかもしれないが大体は同じだろう。
盗難に遭ったら必ず面倒でも保険会社にはすぐ電話連絡をし、事故届けをしなければいけない。
これ、教訓。

щ(゜Д゜)щランキング参加中だぜー
→→→banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

【盗難】10mを4時間かけて歩いた日

盗難事故最大の難関と思われる、この「学生証の複製」
複製の場合は警察署ではなく、他の役所での取り扱いになるらしい。

昨日警察署に行ったら「ここじゃないよ」と言われたので、もらった紙を頼りに役所へ電話をかけ続けること約1日。今朝になってマリパスともかけてみたが、やっぱり話し中ばかり。「おっ!かかった!」と思っても今度は相手が電話に出ない・・・これでは埒が明かないと思った私とマリパス。「直接行ってみたら?」と言われ、私もその方が早いと判断、学校へ行く途中に方向転換して地下鉄に乗ったのだった。

10時ごろに役所前へ到着、警察ほどではないが10mほどの比較的短い列を見つけた。訊くと申請用の列だということで並び始めた私。

・・・しかしこれがびくとも動かない!!!

少し動いた!と思っても、入っていくのはほんの2、3人。
これには理由があった。

やはり「電話予約」だ。
あんなに回線が混んでいるのに、やはり予約の取れた人はいるみたいで、待たずにそのまま入口でリストを持って立っている警官に名前を告げると、そのままスイーっと入っていく人を幾人と見た。

後ろに並んでいた外国人の女性も学生証が欲しいとのこと。「申請してから4ヶ月も待ってるのに全く音沙汰なしなの。ただ取りにきただけなのにこんなに待たされるなんて・・・。」と呆れ顔。私もいつ入れるか分からない列に並んでいるのもアホらしく感じたが、こんなことは1日で済ませてしまいたいと思うと待たないではいられなかった。

全然進まないと思った列も30分に1度くらいは前進した。と言ってもやっぱり入っていくのは数人。

列に並び始めてからもうすぐ4時間が経とうとしていた頃。
時刻は2時前。私の前にはもう5、6人いた。入口まであとちょっと!という時だった。

1人の警察官が口を開いた。

「今日の業務はこれで終わりです。電話で予約を取るか、また明朝早くにここに並んでください」

ガーーーーーーー(八、)〜〜〜==3 ーーーーーーン。

そりゃないよー!!!(+_+)
Joeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

警官の話を聞き、あるおじいさんが「今日はもう閉まったんだとよ!さぁみんな家に帰ろう帰ろう」と言ってすたこら帰っていったのを皮切りにゾロゾロ歩き出した人々。

私も「これは明日出直しだな・・・」と思った。
結局私は何しに来たんだか。建物の脇をただ4時間かけて10m歩いただけに過ぎない。学校にも行けなかった、授業もサボってしまった。そして明日も休むことになるだろう。これは完全に1日棒に振ったなと。盗難の事故処理にこんなに時間を割くなんてもうこりごりだ。

最後、警官のお兄さんに尋ねてから帰ってきた。
学生証の複製には、警察署で盗難の届出をした際に作ってもらった告発状(denuncia)が必要とのこと。それがあれば一先ずいいみたい。

ま、明日に備えて午後は不貞寝シエスタするとしようか。


☆★☆10mを4時間かけて歩いた日もランキングに参加中★☆★
banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

【盗難】3度目の警察

さて、盗難事故から6日目の夜が明けた今日(すごいな、もうそんなに経ったのか)、今度はスペイン警察から学生証(tarjeta de estudiante)を再交付してもらうべく、あの憎きDiego de León駅近くにある毎日行列でいっぱいの警察署へ。(笑)こんな行列相手に毎日仕事している警察署員の方々、本当にご苦労様です、と言いたいが、あれでよくやり方を変えないなと思うのも確か。何らかの対処策を考えても良さそうなのに、変えないのはあのままでいいと思っているからか、それともただ怠け者だから変えたくても変えないからか。

アリシア先生の授業はあまり欠席したくないので(彼女の授業は楽しいし説明も分かりやすい)、彼女の授業が終わってから学校を早退、警察署へ行ったわけだが・・・

行ってすぐ1人の警察官へ質問。1人1人言うことが違うという信じられないこの国の警察官、今日は人の顔を選んで「この人なら」と思う優しそうな人に訊いてみた。

すると「学生証を盗まれたから新しく作りたい?なら・・・」と1枚の紙を渡してくれた。

れ?

紙を見ると、違う場所が記されていた。
「こっちに行って手続きをしてください」とのこと。

なにそれ。申請場所が違うとな・・・???

とんだ無駄足だこと。

こないだ中国人のソフィア(元同居人。詳しくは5月の日記を参照)から聞いた話では「友達も学生証を盗まれて、そこの警察で再申請したら3週間くらいで届いたって言ってたから大丈夫だよ!」ってことだったのに、全然話が違うじゃない!おーい。

こうなりゃ仕方ない、紙に書いてある役所La Oficina de Extranjeros (地下鉄:Puerta de Toledo) に電話するかと携帯電話を取り出してかけてみるが、通話中ばかり。おーい。この役所、電話で予約をしてからでないと行けないと書いてあったので、少し心配になった。こんな状態が毎日続くのであれば、私はいつになったら学生証を手に入れることができるのか!!!家に帰ってからマリパスにこのことを話すと、「移民がたくさん来ている今は、役所に行きたい人が殺到するから、回線が混んでいるんだわ。朝電話した方がいいから、明日かけましょう」と助けてくれた。ホームステイのよさはこういった問題が起こったときに助けてくれるスペイン人が近くにいるというところにある。

そういうことで警察からとんぼ返りをした私、学校に戻って授業に出られる時間がまだあったので、それからまた学校に行って文化の授業を受けた。少しでも学校に行かなければ、払った授業代が勿体無いからね!

☆★☆学校に出席しながらランキングにも参加中★☆★
banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

【盗難】保険会社に電話

あのさ、

確かにスペイン来る前にさ、

「何でも体験したい」って言ったよ?

でもさ、

盗難まで経験したいとは誰も言ってないぞー!!!むかっ(怒り)

・・・とマドリッドの中心から叫びたいixel25歳、盗難事件から5日目を迎えた。

動きのとろい私は今日になって「あ、保険屋に電話して保険が適用されるか訊いてみよう」とふと思いついたのだったが、こういうことに関しては私は動きが相変わらず鈍くてほんとしょうがない。面倒くさがりやはこういうところで損をしていると思う。そういえば、高校を決めるときも後ろから「宿題せぇ、宿題せぇ」と先生がお尻を叩いてくれるような、課題に厳しい学校をわざと選んだんだっけ。

さて盗難事件が起きてから初めて開いた・・・と言ってもいいほど見ていなかった保険の「トラベラーズハンドブック」。昨夜パラパラと一通り見て、自分の掛けておいた保険で何が適用されるか、どのように請求すればよいかなどを調べておいた。今日はそのハンドブックと共に電話。

私の掛けていた「エース保険」は海外に6ヶ所の日本語サービスセンターがあり、一部の地域を除いてはフリーダイヤルで電話がかけられるとのこと。電話をかける今の今まで知らなかったが、これは大変有難い。その後、日本人オペレーターと通話。まずは事故届から。これは先日警察に盗難届を出しに言った時と同じ要領だが、異なるところはやはり金額を訊かれるところ。

その後、保険金の請求の仕方について現地支払いを希望したので、パリの現地オフィスに書類を送ることになった。書類送付後、向こうのオフィスで検討され、その後日本の銀行口座に保険金が振り込まれるという仕組み。もともと旅行であれば、日本帰国後に保険金を請求するというのが普通の流れなのだが、私のような長期滞在の留学生などは現地請求ができるのだそうだ。

送らなければならない書類の内容を聞いた後は帰宅し、書類を揃えると、怠け者にしては早い動きでお店にコピーをしに出かけた私。「やればできるじゃ〜ん」とか何とか自分をほめながら?(笑

初めて保険にお世話になりそうだ。でも、毎回こういう時のためにと掛けているんだもんね。
お世話にならない方が本当はいいのだけれど・・・ありがとう保険!

ちなみに興味のある方は。
→エース保険




☆★☆保険のことも書いちゃう留学日記は今日もランキング参加中★☆★
banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

学生証の申請

「連休またぎの平日(puente)なので込むよ」とマリパスに言われたけれど、今日を選んでしまった私とソフィア、警察署に学生証(Tarjeta de estudiante)の申請をしに出かけた。
何時に家を出たと思う?

・・・6:30だよ!!!6時半!

さすが首都マドリッド、連日のように移民登録者が訪れるため長い長い列をなして申請を待たなければならないことを噂で聞いてはいたが、聞きしにもまして大幅に予想を覆す数の人、人、人。警察署前の公園の周りの柵をぐるんと取り囲んでいたのを見てひるんでしまった。

・・・のが7時
ちなみに夜明け前です夜

さて7時に警察署に着いた私たち、そこから長かった・・・!!

IMG_0851_1.JPG

▲警察署前に並ぶ人、人、人


全ては15時半に終了したの。
申請手続きはものの3分だったのに!
待った時間は8時間半ですけど何か!!!むかっ(怒り)

スペイン人の受付の人、これまた噂には聞いていたけど結構私事でもお構いなしなのね。外に何人の人が待っているか私には関係ないと思ってるのか、知らないのか、焦らないのか、知り合いが訪ねてきたら「あーっ!ちょっと待ってね」と待たせるのは申請に来た客の方。申し訳なさそうにはしているように見えても、ムッ。こっちは何時間も待ってるのに〜と思うとイライラした。こういうことがあるから、全然申請手続きが進まなかったんじゃないの???ふーっ。

結局必要だった書類(マドリッドのみで有効)は、
1.警察署で渡される学生証申請用紙2部(1部は控)
2.パスポート
3.学校の入学許可証
4.2と3のコピー1部ずつ

なんか、いろいろ持っていった割にはあまり受付の人は目を通さず、思っていたより申請は易しいものだった。

学生証は今からおよそ2ヵ月後に出来上がるらしく、出来上がったら学校に手紙で知らせてもらうように書類に住所を書いておいた。あとは待つだけ。しなきゃいけなかったことだったから、無事申請できてホッとした。

ホッとしたついでに遅めの昼食。ソフィアと一緒に警察署と目と鼻の先にあるレストラン「La Flecha」へ。日替わりランチ(Menu del día)を頼み、たらふく食べて帰ったとさ。

banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

ビザ申請のため大使館へ

昨日スペイン語で日記を書いたが、日本語でも書こう。
22日。会社を休んでスペイン大使館まで行ってきた。
続きを読む
posted by ixel at 00:00| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

A la embajada para solicitar el visado

Hoy fuí a la embajada de España en Tokio.
Salí de mi casa en Gifu a las 8:30, subí al tren bala llamado "Nozomi" a las 9:54, y por fin llegué a la estación de Tokio a las 11:30. Uy, ¡Qué velocidad!

Al llegar a Tokio, cambié a la línea del metro Marunouchi y luego, a la línea Hibiya. Me bajé en la estación de Kamiya-cho. Yo salí de salida 4b, pero no sabía adónde debería caminar. Me paré y lo recorrí todo con la mirada...todavía no estaba muy segura de llegar a la embajada sin tener nada y preguntar a nadie el camino. Entonces saqué el plano de Kamiya-cho de mi carpeta y empecé a caminar mirando el plano hasta la embajada. Después de haber pasado un hotel muy famoso que se llama "Hotel Ohkura", encontré la bandera de España y de Unión Europea. Allí era la embajada de España. Se tardó 10 minutos más o menos de la estación de Kamiya-cho.

スペイン大使館1.JPGスペイン大使館2.JPGスペイン大使館3.JPG
▲La embajada de España en Tokio

La embajada, a mí me parece un poco pequeña y poco animada...? (jejeje) Como el portal es demasiado estrecho, al principio confundí la entrada con la puerta de servicio y me moví inquieta, entonces un guardián japonés me llamó y hizo pasar a una sala que tiene ventanillas para proceder a expedir el visado de estudiante etc. (Ah! a mí me registró y a mi carpeta también) Al entrar la sala...Nadie había estado ni venido en la sección de espera. ¿¿Era 12:00, por eso??

Al poco rato, oí una voz femenina me llamó del fondo de la ventanilla, "número 9". Era japonesa y me parece una persona cariñosa como mamá.
Saqué de un sobre cual yo traje y los papeles que se necesitan para presentar a la embajada. Había muchos papeles. Dicen que la embajada no los acepta jamás cuando si hay algún error, entonces estaba un poco nerviosa aunque había confirmado el contenido varias veces. ¡¡Yo vine de GIFU!! ¡¡No me permitió ningún error!!

Por fin me libré de mi desazón gracias a su palabras de "OK, está bien. A ver, hoy muchas gracias por venir de lejos, Gifu.:-)" Ella me sonrió.

¡Ha pasado mis papeles! ¡¡ARRIBAAA!!


Ahora sólo espero, espero, y espero la contestación para expedir el visado.
posted by ixel at 23:50| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ビザ申請 清書のためにセンターへ

12月16日17時。中区栄にある、私のお世話になっている留学センターへ。
ビザの申請が迫っているが、今日はその書類の清書をするためにやってきた。

ビザ申請担当:澤Dさんの見つめる視線を感じつつ、ノーミスで書類記入を終えると、あとはちょろちょろっと説明を聞いて終わり。書類一式を揃えて今度の週明けに、センターから自宅に送ってもらったのを受け取ったら、あとは大使館に行くだけ!現時点では来週金曜日辺りに、つまり22日に東京へ行くつもりにしているので東京にお住まいの方々宜しくね〜(ぇ

※ちなみに!スペイン大使館は年末年始も特に決まった休みはなく開いているそう。ただクリスマスは完全に休みだということなので、ま〜事前にやっていることを確認してから行った方が無難というこっちゃ。

さて澤Dさんが引っ込んだ後は、T澤さん改めエミリアさん(!?)がおいでになり、これまたちょろっとお喋りをした。このブログのことをお話したら大変興味を持って頂けた様子。早くコメント来ないかな〜わーい(嬉しい顔)
posted by ixel at 23:30| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

スペイン長期ビザ(学生査証)申請方法

留学スタートまであと約4.5ヶ月というところで「そろそろビザ申請手続きの説明をしますから留学センターに来てください。」との連絡を受けたのは11月半ば。11月下旬から少しずつビザ申請のために必要な書類を集めていくことになった。
予定では12月中旬〜下旬にはスペイン大使館へ申請しようとしている。
そのため現在準備中だが、快調に進んでいる・・・ハズ。

で、その集める書類や条件なんだけど、予想以上に多い!大変!厳しい!ということをよく思い知らされた。

ここでは私が取得予定のスペイン入国ビザ【学生査証・6ヶ月(181日)以上】に対する必要書類・条件を記載しておこうと思う。
そしてどんなに準備が大変かを感じて頂ければと・・・
(これを代理店介さずに自分の力でやり遂げた知人には、尊敬の念を込めて心から拍手を贈りたいバースデー
続きを読む
posted by ixel at 14:40| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

無犯罪証明書申請/健康診断書

今日は思い切って会社ビルを休むことにした。
ビザの申請期日が迫ってきており、その書類集めに奔走するためだ。
行くべきところがたくさんあったので、あそこでしょ〜ここでしょ〜と計画して車で廻る車(セダン)車(セダン)車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

で、今日のその行き先トップは・・・
続きを読む
posted by ixel at 00:00| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

傷害保険に入る

留学を決め、代理店の方と契約を交わした当初から言われていたこと。
それは「保険に入ってね」ということ。
今までず〜っと放ったらかしだったが、いよいよ「動くか〜手(グー)」という気になり、本日どれに加入するか決めた。急に動き出した理由はビザの申請の関係もあり、「急げ急げ」とお尻を留学センターの担当者に叩かれている気になったから(苦笑)。怠け者の私には、「あぁやっぱり代理店に頼んでよかった〜もうやだ〜(悲しい顔)」と思えた一瞬だった。昔から私ってそう、人から言われないとお尻に火が点かないタイプなの。

さて、海外旅行をしていれば毎度お世話になる、この傷害保険。
海外旅行保険というと、「傷害・疾病・賠償責任・救援者費用・携行品・入院一時金・航空機寄託手荷物・航空機遅延」などの際に助けてくれるのが一般的。しかし今回は旅行に比べて11ヶ月と超ロングラン。お金がどれくらいかかるのか心配だが、さてどうだろう・・・と1通のパンフをめくってみた。
続きを読む
posted by ixel at 19:00| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。