2008年02月09日

Carnaval Otaku -オタクカーニバル-

carnaval otaku

Después de la SIESTA POR LA MADRUGADA de 2 horas ya me desperté y me fui de casa para quedar con Laura y sus amigos para ir a un carnaval ESPACIAL, es decir, el Carnaval Otaku! "Otaku" significa aficionado, sobre todo a manga (cómic japonés), disfraz de personaje preferido de los cómics (se llama cosplay) y tal. Al ver a Laura donde quedamos, ya ella estaba disfrazada de Nero, un personaje de videojuego que se llama Devil May Cry 4 y todo el mundo la estaba mirando con curiosidad. ja ja ja

Cuando llegamos al lugar donde se celebraba el carnaval, había más chicos disfrazados por supuesto y hacían muchas fotos con otros. Me hizo gracia.      

carnaval otaku1

▲Laura(derecha) y otros "otakus" / ラウラ(右)と他のイベント参加者でコスプレごっこ?

CARNAVAL OTAKU
Fecha: 9/02/2007
Lugar: Casal de Joves de la Guineueta
Metro L4 Parada LLUCMAJOR (Barcelona)
- Karaoke
- Cosplay
- Videojuegos
- Proyecciones
- Talleres

Este carnaval no era tan grande como otro festival, por ejemplo la Sala de Manga (aunque no fui el del año pasado, me imagino cómo era porque la vi por televisión), pero estaba bastante lleno de gente en todas las plantas del edificio (tenía las 3).

Veía por la tarde a muchos chicos comiendo Cup Noodle y yo también lo compré pero me costó 3 euros...ayyyy qué caroooooo. Me di cuenta de lo que tenía sabor diferente al de Japón aunque fuera mismo producto de misma empresa. Era más suave que el otro que comía en Japón. Creo que es un sabor especial para los extranjeros. jaja

Me marché a las 3 ya que estaba cansada, claro, sólo dormí 2 horas esta mañana entonces no pude ver el concurso de cosplay, pero luego Laura me contó lo qué pasó a ella... ganó el primer lugar en la categoría cosplay idividual!!! TOMA! Enhorabuena Laura!!

************************

オタクカーニバルなるものに行ってきた。
ixel初めての参戦・・・といっても、あくまでも傍観者ですけども。(笑)

夜通し踊って、朝に2時間寝ただけの体に鞭を打ち、約束の場所に行ってみればラウラの方が大遅刻。朝食抜きだったので近くのスーパーでパンと飲むヨーグルトを買い、外のベンチでぼーっとしながら朝食を取っていると、目の前でとくと見せ付けられたハトの交尾に朝から萎える私。今週はずっと寒い日が続いていたが、ハトには関係ないようで・・・ああ、なんて平和だ。

お腹も満たされたところでラウラ、キム、クリスティアンがやって来た。まだ10代の、元気な3人だ。ラウラは既に変装しており(いわゆるコスプレ)、デビル・メイ・クライ4というテレビゲームの登場人物「ネロ」になりきっていた・・・と書いているが、そんなキャラクターは一切知らない私。スーファミ世代にはもはやついていけない境地である。(涙)お母さんと一緒に服を作り、剣はダンボールを切って、銀色のテープで巻いたの、という。彼女が通りを歩けば、通行中の誰もが珍しそうに彼女を見つめる。『皆ラウラのこと見てるよ』と言うと「もう慣れてるからいいの」と彼女。恥ずかしさよりも、変装できた快感の方がずっと勝っているようだ。

会場に着けば、多くのコスプレファン。NARUTOの変装をした人が一番多かったように思う。それから日本の女子高生風やら、メイドやら、着物もどきコスプレやら、綾波レイやら(エヴァンゲリオンの彼女を知っているのが私の限界!)それからなぜかスーツに忍者ハットリくんのお面をかぶった女性もいて、これは理解に苦しんだ。(笑)

それほど大きなイベントではなかったけれど、カラオケ大会、アニメの映写会、ゲーム大会と3つのフロアーに分かれての開催で、どの階にもまぁまぁの人の入りだったかな。カラオケ歌いたかったけれど、一緒にいた3人が歌うとか歌わないとか、外に行くとか行かないとかでモタモタするもんだから結局歌わず。中島美嘉の"GLAMOROUS SKY "(映画『NANA』の主題歌)とか、宇多田ヒカルの"First Love"を上手く歌っているスペイン人の女の子もいて、なかなかやるじゃな〜いと思いながら見ていた。

carnaval otaku2

▲A cantar! 歌詞カードを見ながらのカラオケ大会


cup noodle昼に食べたのはカップヌードル!(爆
しかもこれまた3ユーロだよ、500円近く払っていることになる。しかしこれが凄い売れ行きのようで皆こぞって食べていた。店側は熱湯を用意するだけだから楽でいい商売だ・・・。ラーメンの味が薄く、日本のと少し違っていた。外国仕様のようだ。外装が発泡スチロールでなく、ただのプラスチックなので熱い!発泡スチロールを用いようと発案した安藤百福さん(日清カップヌードル生みの親)に敬服。


さて15時になって退散した私。さすがに体も疲れてきたし、することもなくダラダラするだけなら家に帰って休みたかったというのが本音。18時半から始まると言われたコスプレ審査は結局見ないまま・・・で、後からラウラから入ってきた吉報によると、彼女が1位を取ったらしい。これは素直に嬉しいもんだね、おめでとう!

海を越えた、日本から遥かに遠い距離にある国でもこれだけ漫画・アニメの熱を感じられるって凄い。
posted by ixel at 21:06| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

ixel、ドイツ人になる

Hay un cibercafé a donde voy de vez en cuando.
Se llama Planet Café y está en la zona Universiat (C/ Casanova). Voy allí porque tengo una reunión con algunos estudiantes que hacen prácticas como yo a través de una agencia, hombre, no es una reunión seria, es para charlar con ellos tomando algo y ya está. Viene una chica de la agencia también, se llama Adriana, y ella organiza una actividad a las 2 semanas y eso me parece bien.

Pues esta noche fui a la cafetería y hablé con ella y 2 alemanes. Luego salimos de ahí, fuimos al piso donde vive Adriana y quedamos ahí tomando copas hasta las 2 de la noche. Resulta que había quedado con 5 alemanes, 1 neozelandesa (de Nueva Zelanda), 1 italiana Fedelica con quien trabajo en la misma empresa y Adriana, la búlgara y todo el mundo sabía hablar alemán menos yo. Joeeeeeee!! Sentía como si estuviera en Alemania y fuera alemana a pesar de que no hable alemán, jajaja. Entonces me daba rabia y una sensación de un poquito de soledad porque claro, no entendía NADA de lo qué estaban hablando ni podía conseguir hablar inglés porque estoy fatal del inglés en este momento y tal. Pero bueno, menos mal que gracias a Fedelica y Christie (no sé cómo se escribe su nombre exactamente, pero creo que es así) podía hablar castellano y me entendían bien.  

Después salimos a una discoteca que se llamaba "mirabé"...lo que pasa es que ya conocía esta discoteca porque antes Sandra me llevó ahí para tomar copa y ver el paisaje nocturno, como está en el medio de la montaña y en la zona Tibidabo, se ve muy bien desde ahí. Llegamos a esta discoteca a las 3 más o menos (se tardó bastante minutos porque había un mal rollo... gracias al taxista cabrón!!) y seguimos bailando hasta las 5 o sea que quedamos hasta que se terminó la música. Pasamos muy bien.

Ah... ¿sabes lo qué pasó? El día siguiente tendría que quedar con Laura y sus amigos a las 10 de la mañana, pero cuando llegué a mi casa ya eran las 7...tenía 2 horas sólo para dormir, uyyyyyy vaya chica que estoy tan ocupada y enérgica!!!

Mirabé
Doctor Andreu, s/n
08035 Barcelona
Horario: L-D de 19 a 3
Metro: L3 Penitents
Barrio: Sant Gervasi
Tel: 934340035

****************************

よく行くネットカフェがある。と言っても、ネットを利用するために行くのではない。
2週間に1度行われる、インターンシップの仲介をしてくれた会社が提供する学生の交流会に出るため。堅苦しいものではなく、ただ隔週の金曜夜8時に集まって、何かを飲みながらいろいろお喋りをして、そしてこれまた隔週に1度行われるアクティビティについて話し合うというもの。

で、今夜それがあって行ってきた。行った時にはまだアドリアナ(仲介会社から、ということでまとめ役)しかいなかったが、その後2人のドイツ人も来て計3人と話をした。その後「今夜はこれから何人かの仲間とディスコに出かけようと思ってるんだけど、ixelもよかったらおいでよ」と誘われ、予定も特になかったのでまずはアドリアナの家に寄ることに。22時にディスコに行っても誰もいないからね。(笑)で、結局集まったのが5人のドイツ人にニュージーランド人が1人、ブルガリア人のアドリアナにイタリア人のフェデリカと私で計9人。まーなんて国際色豊か・・・と思ったら、驚くことに私以外の8人はドイツ語が喋れるということでたちまちドイツ語の飛び交う空間に入り込んでしまい、ここはドイツか?私はドイツ人か?と錯覚を起こすくらいのドイツ攻撃が私を襲ってきた。いや、実際に私を襲ったのはドイツ語がさっぱり分からずちんぷんかんぷんで、話にのりたくてものれない孤独感だったけれども。「ixelがドイツ語が分からなくてかわいそうだから私たちは英語で喋るべきだわ」と誰かは言ってはみるものの、慣れていない言語で話すというのは労力の要るもの、数分と持たなかった。私も英語で話す気力がないし・・・ぶぅ。しかし幸いフェデリカとクリスティーの2人のお陰でスペイン語を話せた。話さないで聞いているばかりだと眠気が襲ってくるし、彼女たちもスペイン語を話したそうにしていたから。

2時になり、ようやく重い腰を上げてディスコへ。フェデリカとクリスティーはディスコに早く行きたがっていたのに、他の子達がいつまで経ってももたもたするもんだからこんな時間になった。行ったディスコは山の中腹にある“ミラベ”。ティビダボ地区にあり、行くのに時間がかかったが(我々を下ろす場所を間違え騙した、いい加減なタクシー運転手のせい!)、雰囲気がいいのも知っていたし(サンドラが以前連れて行ってくれた)バルセロナの夜景が見渡せるのも知っていたので皆に薦めたのだった。着いたら既に3時、そのまま私たちはラストの5時まで踊り続けた。

それから歩いて下山(笑)、地下鉄に乗り、私が家に着くと時計は7時を指していた。実はこの日、朝の10時にラウラと彼女の友達と会う約束があった・・・ということで私に残された睡眠時間はおよそ2時間、しかし約束通りに出かけたのだから我ながらエネルギッシュだと思う。ここ数年で人に言われて気がついたことだけれど。
posted by ixel at 23:44| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

バルセロネタをお散歩 -Barceloneta

Después del trabajo, llemé a un amigo japonés Hiro por teléfono para comer y luego fuimos hacia Barceloneta porque hacía muy buen tiempo y quería comer cerca de la playa. Hemos pasado muy bien aunque le robaron su bolso cuando estuvimos en una cafetería antes de comer...¡Qué rabia!

En la playa nosotros cambiamos nuestro iPod y estabamos escuchando música hasta que anocheció. No me imaginaba que podría escuchar tantas canciones japonesas en la playa extranjera...¡qué bueno!

barceloneta1barceloneta2barceloneta3

      ▲昼のバルセロネタ。1月と言えど、ビーチには人がちらほら

金曜の仕事帰り。天気もいいし、このまま帰るのは勿体無いと日本人の友達ヒロを電話で呼び出し、一緒にご飯を食べる約束をした。そのまま2人自転車に乗って行ったはバルセロネタ!バルセロナのビーチである。青い空に青い海!うーん最高!食事前に彼のバッグが盗まれた出来事はめちゃくちゃ悔しかったけれど。彼にとっては初めての盗難被害だったらしい。

barceloneta4


食事の後は海の近くまで行って腰を下ろすと・・・あら、夜になっちゃった。こんなに夜になるまで浜辺で何をしていたかというと、実はiPodの交換。お互いのiPodに入っている曲をずっと聴きながら一人カラオケをしていた海を見ていた。いや〜やっぱチャゲアスいいよね!彼はチャゲアスのことを分かってくれる数少ない友人。
あ〜カラオケ行きたくなってきた。(爆

barceloneta5

      ▲奥に見えるツインタワーは、バルセロナ1の高さを誇る
posted by ixel at 20:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

paseo hacia la playa

iPod y novela

Como los reyes magos me regalaron iPod touch desde Japón y un amigo japonés que se llama Hiro me prestó sus libros, con ellos fui a playa que está cerca de Diagonal Mar. Hoy ha hecho muy buen tiempo, así que tenía muchas ganas de ir fuera. Después de comer a las 13:30 salí de mi casa y empecé a andar hasta El Clot para coger bicicleta del servicio "Bicing", luego hasta la playa pasando por la calle Diagonal en bici... y tardé 1 hora y 15 minutos en total. ¡Uf, qué cansancio!

avda. meridiana
▲Avinguda Meridiana (cerca del metro Fabra i Puig)

pero no pasa nada, porque cuando llegué ahí vi el mar azul precioso, bajé hacia la playa y me senté encima de una roca y ¡ya está!

playa bcn1
▲Maaaaarrrrrrrr!!!!!

Allí cerca del mar yo estaba desde las 15h hasta las 17h y media y estaba escribiendo 4 postales para Japón, leyendo una novela (de terror!) japonesa y al final escuchando música de Sting. Me ha encantado ese lugar, podía relajarme muchísimo.

playa bcn2playa bcn3playa bcn4


******************************************


サンタさんからの贈り物iPod touchと、ヒロから借りた(というか押し付けられた?爆)小説を持って、1人こんな晴れた素敵な日曜の午後は海に行って日向ぼっこしよう!と決行。自転車サービスを受けるため、クロットまで自宅から歩いて行く。地下鉄に乗らなかったので1時間も自転車のために歩いたが、いいんだもん。そこから自転車で海まで。ディアゴナル通りの中央には自転車専用道路があるのでスイスイ進めて嬉しい。

大体15時から17時半くらいまでいただろうか。日がモンジュイックの方へ沈むまで、海に突き出た岩の防波堤のところに腰掛けて、4枚年賀状の返事を書いたり、ヒロからの小説を読んだり(内容がホラーだった・・・苦笑)、そして日が傾いて空が橙色になってきたらiPodでStingの“Shape of My Heart”を聴いたりした。スティングの歌を海で聴けるとは、あたいもうすぐで涙が出そうになったよ!(笑

playa bcn5


1人でボーっとしたり、読書したり、好きな音楽聴くにはもってこいの場所だね。友達と行くなら、ご飯作ってピクニックとかしたら楽しいだろうなと思った。この過ごし方、病み付きになりそう。
posted by ixel at 21:21| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

No fa fred! -Copa Nadal-

copa nadal 2007-1

▲puerto de Barcelona

Todo ocurrió por lo que dijo mi maestro Kenta anoche cuando cenamos juntos en un restaurante situado en La Rambla...
"¿Oye ixel, quieres nadar con nosotros mañana?"

...¿¿Qué dices?? ¿Nadar en la navidad?

Ya sabía que habría Copa Nadal en el día 25 de diciembre, pero no sabía qué era exactamente y me lo imaginaba como un partido amistoso de waterpolo en piscina o algo así, así que pensaba que iría a verlo en piscina muy tranquilamente. Entonces me asusté de lo que me dijo él y no entendí nada porque él quería que yo nadara aunque no fuera nadadora ni waterpolista...(Kenta sí, era waterpolista y sigue entrenándose aún)    
Y luego se aclaró cómo era la Copa.

"Copa Nadal"...es una competición de natación organizada por el Club de Natació Barcelona y hoy en día ya tiene historia de 100 años desde el comienzo. Ésta se celebra todos los años en agua del puerto de Barcelona, delante del monumento de Colón, el día 25 de diciembre a las 12h ("nadal" significa "navidad" en catalán). La distancia de la calle tiene 200 metros y luego hay varias categorías para carreras.

Pues... digo la conclusión primeramente.
¡Asistí a la Copa y conseguí nadar 200m! ¡Toma yaaaaaaaaaaaaaaaaa!
En realidad llevaba muchos años sin nadar tantos metros aunque me guste nadar, así que estaba un poco nerviosa porque no estaba segura de que si podría conseguirlo o no. Pero bueno...decidí asistir a la Copa porque pensaba que tendría que aprovechar la oportunidad y quería experimentarla porque soy una chica que tiene mucha curiosidad sobre todos. jijijijijiji

Después de ponerme el bañador (en mi caso bikini rosado, ¡¡qué vergüenza!!) crucé el puente de Port Vell para montar en un barco pequeño que tenía una plataforma para tirarse en el puerto. En el barco había 30 chicas más o menos, todas con bañador DEPORTIVO, y yo BIKINI ROSADO con un gorro AMARILLO (¡qué hortera estaba yo!). Luego el barco nos llevó hasta el centro del puerto donde estaba la línea de salida. Mientras estabamos dirigiéndonos hacia ahí, había una chica que trajo una botella del agua y empezó a echarnos para no tener tanto frío y a animarnos. Todas repetimos "No fa fred!" "No fa fred!" y mutuamente nos dimos palmadas en los blazos y la espalda. Como no sé hablar catalán, al principio no sabía qué significaba "No fa fred!" entonces pregunté a una chica y me lo enseñó. Luego me enteré que significaba "no hace frío" en castellano.

Al llegar a la línea de salida, sonó un silbato y nos tiramos en el puerto.
Inmediatamente me di cuenta que no hacía tanto frío en el agua que yo me imaginaba, y tampoco me dolían los ojos por el agua del mar. Creo que era por los 3 barcos que regaban mucha agua. Todas las chicas que veía delante de mí nadaron a mucha velocidad, claro, eran deportistas de VERDAD. Y yo, la chica de bikini intenté nadar a crol, pero para mí me costó mucho respirar ya que no me había entrenado nada, así que cambié nadar a espalda y seguí nadando con este estilo hasta la meta.

copa nadal 2007-2
▲gente nadando en el puerto...¡qué frío!


copa nadal 2007-3
▲la meta. se tiene que nadar desde el centro del puerto hacia aquí


No tengo ni idea cuánto tardé en nadar 200 metros a espalda. Aunque llegué tarde, estaba muy contenta. Todos mis amigos y las personas a quien conozco me dijeron que había hecho muy bien.
Creo que ha sido mi primera vez y mi última vez a la vez de nadar en el puerto en invierno que tiene mogollón de frío, pero bueno, era muy buena memoria para mí. Ahora ya puedo probar que soy chica muy valiente aunque no tenga dos cojones!! jajajajajaja!!!!!    

*******************************************************

copa nadal 2007-5

▲大垣東高水球部&スペインSant Andreuチームの皆と

全ては昨夜、S濱先生の一言から始まった。
「ixelも明日一緒に泳いだらええやん」

え???何のことでしょう?

「明日、バルセロナの港で皆で寒中水泳やんねん」

か、寒中水泳?

「毎年参加してるよ」

は?あのー、スケジュールに“コパ・ナダル”って書いてありましたけど?

「だからそれやねん」

バルセロナと日本対抗の水球親善試合かなんかと違うんですか?

「明日はバルセロナ港で寒中水泳やって」

で・・・

「ixelも泳ぐ?」


・・・・・。

ixelの勘違い。
事前にアントニオに渡されていた1週間のスケジュールを見て「ふ〜んコパ・ナダルねぇ〜、じゃクリスマスは朝からプールで試合観戦ね」と思っていたら、ところがどっこい。コパ・ナダルとはバルセロナが100年も前から続けてきた伝統行事である寒中水泳大会のことなのであった。母校・大垣東高校水球部の全員が既にエントリー登録してあるとのこと、「ixelもアントニオが登録してくれてるんとちゃう?」と先生。急な話でただただビックリする私。

しかし、寒中水泳とは面白そう。(ぇ
半信半疑だったが、「では水着を持っていきます」と返事。当日の雰囲気を見て決めることにした。

で、結論から話すと、泳いでしまった。200m完泳である。
言っておくが、私は水泳選手でもなければ水球選手でもない。プールで泳ぐことは好きだが、長いこと200mも泳いでいないし、この日のために訓練を積んできたなんてとんでもない話だ。一緒に参加すると思っていた日本人とスペイン人の女の子たちは、やれ「水が冷たい」だの「臭いし汚い(油が混じっている)」だの「クラゲがいる」だの「体調が悪い」だの言って、誰一人泳がないという状況。彼らこそ水球選手なのに何てこと!ここまで来たら後に引けなくなった私、一緒に連れ添う人がいないことに寂しさを覚えつつも出場を決意した。

更衣室に入って水着に着替える。スペインで寒中水泳をするなんて予期もせず、こちらに持ってきたのはリゾート用のビキニ1着、しかもピンク色という、何とも・・・。そして義務付けられた黄色のゴムキャップ。このミスマッチさが、いよいよ私を浮かせていく。恥ずかしいったらありゃしない。おまけにこのアジア人顔が一層輪をかける。スタート台の出る船に乗るべく、ポル・ベイの橋を渡り待機。女性一般の部だか何だか知らないが、多くの女性に囲まれて船に乗り込んだ。

周りを見渡せば、全員がスポーツマンに見える。ガーン!
着ている水着は競泳用か、つなぎのもので、彼女らより肌の露出が多い私は些か心配になってきた。先日の先生の話では「寒すぎて、感覚がなくなる」と仰っていたし、どうしよう!そう言えば、橋を渡る際、多くの選手が体にワセリンを塗っているのを目にした。冷水からの皮膚の保護のためである。そんなワセリンまで用意できるはずもなく、ますます心配に。おまけに船の上から「クラゲよ!」なんて言ってる人につられてクラゲを目撃してしまう。わー!どうすんや!そのうち1人の女の人が海水の入ったペットボトルを皆に振りかけ出し、海に入った後のショックを和らげるためお互いの体をパチパチ叩き出した。「寒くないぞ!」「寒くないぞ!」と声も掛け合って。

そうこうしているうちに、船はスタート地点へ到着。港の縁にはたくさんの観戦客。たくさんの知り合いが私に「ixel〜〜〜!!日本人がんばれー!」と声をかけてくれているのが分かり、笑顔で返す。

ホーンの合図でスタート。一斉に海へ飛び込む。目の前の選手たちは猛スピードでクロール。寒い海から早く出るためにも速く泳いだ方がいいとのことで、私もクロールで泳ごうと試みるものの、何せ持久力が全くついておらず呼吸が苦しくてもたない。初っ端から出遅れたが、マイペースでいこうと背泳ぎに変更。200mを背泳ぎで泳ぎきった。

copa nadal 2007-4
▲泳いでゴールを上がったところ。中央にいるのが私(Estoy en el centro)

最後のゴール地点では陸に上がるために梯子を上らなければいけないのだが、泳いで体はフラフラ、かなりの体力を消耗したことに気がついた。寒い体を温めるために、温かいスープのサービスを受ける。長い髪がずっと濡れたままだったので冷えて、着替えた後から震えが止まらなくなったが、風邪はひかなかったのでよしとしたい。多くの友達、先生、保護者の方に褒めていただいた。「よくやったね!」「お前すごいなぁ!」「勇敢やなぁ、すごいわ」と。

クリスマスを過ぎてから、「クリスマスどうだった?」と訊かれる全ての人に「泳いだ!」と返すことにしているixel。全員が「はっ!?」って顔をするのを見るのが面白い。好奇心旺盛なこの性格が、今年のクリスマスを忘れられないものにしてくれた。
posted by ixel at 23:17| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

Sagrada Familiaの夜

昨日の天気予報では、ここカタルーニャ地方は雨やら雷やら降るって言ってたのに嘘つかれた!(笑
雨降るならと思って今日は一日中家にいるつもりが、晴れられたらなんだか外に出なきゃいけないような気がしたので、夕方から私の友達・香織ちゃんの恋人でバルセロナ在住のタカを誘って散歩に出かけた。

どこに行こうと考えて思いついたところが、サンパウ病院サグラダファミリア近辺。
夜の景色を見たことがなく、サンパウ病院に至っては一度も行ったことがなかったので提案したところ、着いてみたら「こんな近いのに今まで来たことなかったの!?」と言われ。怠け者の私はこうまでしないと(誰かと約束したり)行動に移さないのである(・・・それもこれも家の居心地がいいからだコノヤロー、サンドラありがとー!)。

hospital sant pau_noche1
▲サンパウ病院正面。夜も散歩できる

hospital sant pau_noche2hospital sant pau_noche3
▲サンパウ病院構内

地下鉄5号線"Hospital de Sant Pau"で下車すると病院前に到着。
サンパウ病院とサグラダファミリアを繋ぐ道、その名も「ガウディ通り(Avinguda de Gaudí)」からの夜景を眺めるのが最高だと彼に教えてもらった。3ヶ月バルセロナに住んで、初めて知ったよこの場所(*゜ロ°)ノミ☆教えてもらっていなければ、わたしゃこういう穴場というか、絶景スポットとか見逃したまま日本へ帰ってたんかね、そう思うと震えが止まらん。(笑

avda gaudi1

avda gaudi2
▲ガウディ通りから見るサグラダファミリア(desde la avda. Gaudí)

avda gaudi3
▲街はクリスマスムード一色

avda gaudi4
▲どんどん近づいております(Estoy acercándome hacia ella!!jejeje)

夜のサグラダファミリアはライトアップされて、中にこそ入れないけども景色を見るのもまた乙。
おすすめ。
sagrada familia nocturna1

sagrada familia nocturna2

sagrada familia nocturna3
▲言わずと知れたサグラダファミリア(聖家族教会)を一周
posted by ixel at 23:18| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

卓球ワールドカップ in Bcn

グラナダから寝台車でバルセロナに戻ってきた朝。12時間の長旅も眠ったままならば、両者の距離はずっとずっと近くに感じた。サンツ駅から一旦自宅へ。シャワーを浴びて、朝食をとり、出発の準備をしたら今度はバスに乗車!

出かける先は、ここ。

copa del mundo de pingpong1
▲卓球のワールドカップ会場(el Pabellón Olímpico Vall d'Hebrón de Barcelona)

これもそれも2007年バルセロナ卓球男子ワールドカップの決勝を観に行くため。ワールドカップ自体は12日〜14日と熱戦が繰り広げられた模様だが、世界最高峰の試合を間近で観られるとあって、一度生で試合を観てみたく、一足先にバルセロナに帰ってきた。昼前に着くと、人はガラガラ、案内で訊くと「夕方から3位決定戦と決勝が残っているのよ」と言われる。持ってきていた本と、そこで貰った新聞を読みながら暇つぶし。2時半ほどになると、入口に既に入場の列ができていたので私も並んで入場。しかしC席は一番安い席だからか、全然人が来ない!テレビで生中継されることも知っていたので、こんな恥ずかしいところを放送に映されたくないとひたすら「どうか映りませんように!」と祈っていたら、どうやら映らなかったようね♪A・B席は何とか人で埋まっていたものの、C席はガラガラ、スペインの卓球人気はまずまずのようだが、体育館を人でいっぱいにするのにはまだまだ人が足りないと見た。

16時近くだったか、3位決定戦が開始された。選手はボル(ドイツ)王励勤(中国)。試合開始前から、中国人がきっと勝つんだろうなと思っていたら、やはりそうなった。ヨーロッパの中でも、ドイツは卓球の盛んな国として前から知ってはいたが、中国人の練習の量や国民の浸透度を見れば違いは一目瞭然。しかし弱者を応援したくなる癖のあるixelはボルの粘り強くピン球を追いかける姿に、手に汗握るものがあった。何年も前から、卓球は11点先取制になったので、ゲームもあっという間に1セットが終わってしまう。1球1球を大切にしないとなーと思いつつ、自分の中学時代によくやっていたヘマを思い出して苦笑せずにはいられなかった。

3位決定戦が終わると、いよいよ決勝!カタルーニャ人司会者が両者の名前を読み上げて、彼らも観客席に手を上げて挨拶する。最後はやはりアジア人対決。中国人対韓国人となった。準決勝でボルを下した世界ランキング1位の王皓(中国)と、世界王者の王励勤に競り勝った柳承敏(韓国)というペンホルダー同士の組み合わせ。世界の頂上を決める2人がペンホルダーなんて、ixelはめちゃくちゃびっくりがく〜(落胆した顔)exclamation×2した。時代はシェイクハンドが主流で、ペンホルダーなんて年配の方ならともかく、若手で使っている人は今更珍しいと思っていたから。そんなこと全然ないのね、そしてペンはシェイクに劣るとばっかり思っていたのもixelの大きな勘違いだったということを痛切に実感した!ペンで世界を制することができると知れたのは、なんか嬉しかった。(自分がペンホルダー派だから)

copa del mundo de pingpong2copa del mundo de pingpong3copa del mundo de pingpong4

試合は終わってみれば4−0のストレートで中国人・王皓の完勝。とはいえ、両者とも相手の打ち込んだスマッシュを何度も打ち返したり、ギュルンギュルンに回転がかかっていたであろうサーブをどんどん繰り出すところは圧巻。欲を言えばどうやってサーブを出しているのか、もっと近くで見てみたかった。そしてあの並外れた動体視力は信じられない。私なんか、スマッシュを打ち返せたらラッキーに近かったもんなぁ。(笑

いや〜いいもの見せてもらった!
ところでスペインにはマイラケットは持ってこなかった。持ってきていたら、卓球クラブに通っていただろうか?などと考えた今日。会場を後にする時、卓球クラブのチラシを見たがあまりやる気がなくて貰ってこなかった。何かのお稽古教室やクラブに参加すれば、スペイン人の友達も増えるのだろうにと思うが、如何せんお金に余裕がないので要相談である。

banner_02.gif
posted by ixel at 19:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

Festival Ásia

またやってきた日曜の朝。今日はバルセロナ市内の美術館か博物館へ行って過ごそうかと思いつつ朝食の準備をしていたところにサンドラが1枚の新聞紙を持ってやってきた。
「これ知ってる?今バルセロナでアジアフェスティバルがやってるらしいよ」と、彼女が私に見せかったのはそのフェスティバルの模様を綴った記事だった。面白そうだったのでネットで場所を確認して出発。今日は各国の料理も出店されるとのこと、果たしてどんな盛況っぷりなのか。

行ったところはモンジュイック地区近くにある“Teatre Mercat de Les Flores”(C/Lleida, 59)。12時から夜の0時までという開催時間帯はさすがスペインならでは(笑)。お客さんは100%スペイン人の様子で全くと言っていいほどアジア人がいなかった。バルセロナ市内であんなに見ていたアジア人は皆どこへ消えたのだろう?

いろんな催し物があったようだが、私が訪れたときはチベットから招かれた2人の僧侶が曼陀羅を描く実演をしていた。7,8種類の色のついた砂を木の棒の先に少量だけのせて、砂を置きたい場所の上で包丁か何かの柄でトントンと叩きながら砂を落として色をつけていく。少しずつしか進まない気の遠くなるような仕事である。多くのスペイン人が足を止めてその作業を見つめていた。チベットから来たという僧侶と何か会話でもできたらよかったが、作業中に邪魔はできない。残念。

IMG_1541_1.JPG
▲チベット僧侶による曼荼羅実演

それから外へ出てみると、こちらでは各国の料理が食べられる食事コーナーが。インド、中国、チベット、タイ、フィリピン、韓国、日本、インドネシア、ネパール、イラン、ペルシャ、飲茶と幅広いエリアの出店に感動するも、如何せんお金がない貧乏学生は涙を飲んで素通りするだけに止めなければならなかったのであった。ちなみに日本のブースは寿司を出店。松竹梅の3コースのメニューがあり、中でも一番値の低い梅でさえ8ユーロという高さ(1280円相当)。こりゃ手も足も出ませんよ。

パンフレットを見ると、その後には日本の盆栽の実演や各国のダンス披露もあったのだが、開始までに少し待たなければならなかったのとお腹が空いてきたのとでどうしようか迷っていた。一人ベンチに座りパンフとにらめっこをしていた時、席の近くで誰かが「全然アジア人いないねー、何この日本語は?これを掲示した意図全然分からない」などと日本語で話しているのが聞こえてきた。ん?と思い頭を上げてみると・・・クラスメイトのヒロさん!すかさず声をかけると、何と相手はデート中黒ハート。あわわ。しかし彼女の方も同じ語学学校なので顔見知り。その後、会場をもう1周すると3人そそくさとその場を後にしバルで1杯。それからヒロさんのお宅にお邪魔し、F1(ベルギーGP)をゆっくり見ながら彼のお手製チャーハンを3人で頂くという、デート中に入り込んでしまった私は何だか申し訳ない思いをした午後であった。よかったのかしら。

banner_02.gif
posted by ixel at 18:00| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

スペイン1日1周

「スペイン全国を1日で周ることが出来るか?」と誰かに訊かれたら、
『できるかもよ???』と答えようと思う。今日からは。

パルケ・エスパーニャと言えば、日本は三重県の誇る志摩スペイン村。(w
しかしスペインにもスペイン村が実在することを皆さんご存知だろうか。
スペインに滞在する時間のない人は、バルセロナにいらっしゃい!

学校が終わった14:30、朝にこしらえた弁当を頬張った後に向かった先はスペイン広場。タイヨーとスペイン村(Poble Espanyol)へ行くためだ。モンジュイックの丘をゆる〜く登ると、スペイン村の入口が見えてくる。・・・が見えてきたのはアビラの城壁!初っ端から飛ばしてくれますスペイン村、カタルーニャから一気にマドリッドの北西部に位置するカスティーリャ・イ・レオン自治州へひとっ飛び。料金4.5ユーロを払い(学生料金。一般料金は7ユーロ?要確認)、地図を受け取ったら村の中へ。バルセロナにいることも忘れて地図の通りに歩いてみると、スペイン中の地方の建物が続々と現れた。まずはエストレマドゥーラ、カスティーリャ・イ・レオン、カスティーリャ・ラ・マンチャなど。マドリッドの建物が1つしかなかったのは「絶対嫌ってるな」とタイヨーと笑う。しかもレストランという、建物を魅せることも忘れているこの扱いにカタルーニャの意地悪さを見た。(笑)

poble espanyol 1poble espanyol 2poble espanyol 3
▲アビラの城壁、マヨール広場、ガリシア風広場の前で

その後に見えてきたのが、素朴な石造りのガリシア地方の家。小さな広場にはサンティアゴ巡礼のシンボルである帆立貝が彫ってある石柱が立ち、その奥に行けば白い家が立ち並ぶアンダルシアへと続く。とても不思議な感じだった。「わぁガリシアに来た!」「おぉ、アンダルシアだ!」と言っては、修道院前の丘からバルセロナの街並みを一望してしまい「いかん!バルセロナや」と現実に引き戻されたり。

poble espanyol 4poble espanyol 5
▲カタルーニャ地方、アンダルシア地方のゾーン

お土産屋もたくさん。ここに来れば全国中の特産品が買えるようだ。トレドの金細工、エストレマドゥーラの刺繍、フラメンコの踊り子の人形やガウディ建築の置物、果てはガラス工房なんかもあったりして。まるで大阪のアリバイ通り???(←どこにあるのか未だ知らないので実は行ってみたいがw)

タイヨーとも話していたが、スペインをこれから旅する人には薦めたい。知ってる人には目新しいものはないかもしれないが、それでも懐かしさはある。「あーこんな感じだった!」っていう、ね。

・・・どう、行きたくなってきた?スペインのスペイン村。

banner_02.gif
posted by ixel at 18:00| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

アイススケート/スペイン遠征?

ますますパンツの締まりがよくなってきた(!)と感じる今日この頃、絶対21時以降に食べるというこの国の文化がいけないのは分かっているが、ホームステイだもの、食べないわけにはいかない私ixel。先日チャット中に母から「運動しなさいよ」と言われ、いそいそと行ってきた今日の場所はなんと、

アイススケート場!


太陽と情熱の国と呼ばれる天下のスペインでアイススケート!?!?!?と思われるだろうが、この真夏に涼を求める場所としては最適なんではないかと。(笑)今回はこのブログでもすっかりお馴染み、スコットランド人でアイススケーターのネモニーが前からずっとスケートリンクを探しており、行きたい行きたいと何度も口にしていたことを実現させたもの。以前、バーガーキングで夏のクーポン券をもらった際にスケート場の割引招待券が入っていたことをきっかけに場所を知り、いろんな人から情報を得て行くことに成功した。だってマドリッド郊外なんだもん。この日はドイツ人のレアも暇だとのことで誘えば「行く。」と言うので(彼女の目つきは鋭くて、どこかドイツ人らしい印象をくれる)彼女も連れていざ。

モンクロアのバスターミナルから出ている651番のバスに揺られ40分、終点まで。行くと、降りた目の前にアイススケート場はあった。なんと便利なんでしょう!
●Placio del hielo (Majadahonda)
http://www.palaciodelhielo.net/

さて、スケート場に入ってから気づいたことが1つ。
・・・寒い。って当たり前だろうが、上着忘れたー!!!ちなみに手袋も全員揃って忘れたー!!!(驚)手袋が義務付けられているとは知らず、そしたらスケート靴を貸し出す窓口にいたおっちゃんが気を利かして、誰かの忘れ物の手袋を3人に貸してくれた。ありがとう、おっちゃん!しかし上着のないのは寒い。2時間ほどシューシュー滑って帰ってきた。

ネモニーはさすが。全然足がもたつくことなく、軽やかに且つ速く滑っていた。始めは履き慣れず、フィギュア用と異なったお遊び用のスケート靴に「無理無理無理・・・」とか何とか口をモゴモゴさせていたが、そこはすぐ慣れた様子。「ねぇジャンプして〜♪」という私のリクエストは残念ながら「練習を何回も積まないとダメだし、スペインに来てからスケートとは全くの無縁だったから今は出来ないの!」と断られ、見ることは出来なかった。むぅ。

しかし友達の喜ぶ顔を見られるのはやっぱり嬉しいね。彼女が前々からず〜っと言っていたことを、今ここで叶えてあげられてよかった。私も久しぶりにスケートが出来て満足!そして明日は絶対太ももの内側が筋肉痛になるんだ・・・。覚悟!(w

banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

マドリッドのお化け屋敷?-Palacio de Linares-

先月だったか、マリパスがホセルイスと予約しておいてくれた、パラシオ・デ・リナーレス(Palacio de Linares)の見学に今日16時から行ってきた。一見パラシオ・デ・リナーレス・・・と言われてもピンとこないかもしれないが、場所はマドリッド一有名なシベーレス広場でスペイン銀行の対角線を結んだところに位置する・・・と書くと難しいだろうか。郵便宮殿と日本語で訳されるあのPalacio de Comunicacionesの道を挟んだ北側に位置する・・・と書いたほうがよさそうかな。アルカラ通りとレコレートス通りの角、クリーム色の建物が目印。今ではCasa de Américaと称し、パラシオの他に催し物やレストランなどを経営し、全体を管理しているようだ。といっても、元はリナーレス公爵邸である。19世紀後半の建物で、その作りの贅沢さといったら・・・というので見に行ってきた。

ところでなぜ入るのに予約が要ったか。・・・というと、ここはいつも開いているわけではないし、グループ限定のツアーをするからだ。なので公開される日はいつも押しかける人でいっぱいで入りにくいということから、われわれは事前予約をしたのだった。(というかある日、学校から帰ったら「予約したから23日に行こう!」と言われた。ラッキー&感謝)
そしてここの特徴として忘れてならないのは、そう、なんとここ

お化けが出る

らしい。

ひゅ〜〜〜
どろどろどろどろろろろろろろろろ。。。。。。。。。。。(笑

どうもリナーレス公爵の家族間に事の発端があるらしく、子どもや母親のうめき声が聞こえるらしい。ちなみにネットで“Palacio de Linares, psicofonía”と検索すると何かしらヒットし、それらの心霊現象を見られるサイトに辿り着く。以前、授業でこういった迷信・まじない・占いを信じるかという話になった時、私たちのクラスでは信じる人と全く信じない人とに別れたので、その後これらのサイトで心霊現象を録音したというファイルを開いて皆で聞いてみたことがあった。だから今日は「子どもの泣き声聞いてくる!」と冗談を言って学校を去ってきたのだった。

結論から先に言うと、・・・何も起こらなかった!(笑
それよりもやっぱり建物の美しさに目を奪われてばかり。ロココ調、バロック調、ビザンツ様式など、装飾は床、階段、天井、暖炉、壁、ランプ、シャンデリアなど、至るところに。一番ため息が漏れたのは、やはり1階から2階に上がる中央階段。シャンデリアにはたくさんのランプがつき、壁、天井共に大きな画が描かれている。手すりの下には2階まで大理石の細かい彫刻が続く。階段にはReal Fabrica de Tapicesで作られた格式高いじゅうたんが敷かれ、途中から右と左に階段が分かれ、2階まで。

その他には、それぞれのサロンをガイドさんと一緒に見学。食事した部屋、個人図書館、お茶を飲む部屋、タバコを吸う部屋、ダンスフロア、応接間など。ところでリナーレスは台所を持っていなかったらしい。自分たちで食事は作らず、一流のマドリッドのレストランから毎日食事を持ってきてもらっていたらしい。なんと贅沢な生活!私には考えられない。だって、ほら、美味しいものばっかり食べていたら・・・痛風になるっていうじゃない?(爆

館内は撮影禁止なので思い出は心と頭の中にとどめておくとして・・・
そんなことより今晩お化けに悩まされずにちゃんと眠れますように!(笑

《お出かけ情報》
Casa de América (Palacio de Linares)
日曜11:00〜13:00
月曜15:00〜17:00
・グループのみでの観覧
・観覧時間は1時間
・各時間0分からの案内開始
URL http://www.casamerica.es
TEL 91 595 48 00
Plaza de Cibeles 2, 28001 Madrid

*************************
*****ランキング参加中*****
*****banner_02.gif*****
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

スペインのプール事情

パンプローナから帰ってきて、ぐっすり眠った翌日。起きたら今日も元気にプールへ。
毎日活動ばかりで足はこむら返りを繰り返し、こんなの高校生以来だ。

ところでこちらのプールと言えば、日本人にはカルチャーショックの連続

日本人にとってのプールとは、レジャー目的はともかくも、市民プールに行くとなると「泳いでなんぼ」のところがあるが、こちらはてんで違っている。スペイン人にとってのプールは「時間を過ごすところ」らしい。だから、プールサイドにシート代わりのバスタオル、読書用の本や新聞、食べ物なんか持ち込んでいるのだ。じゃあいつプールに入るの?って、入らない人もいるくらいだし、入ってもザブン(ドボン?)とプールに入ったと思えばすぐに上がってきて、また横になるという・・・。そんなんで料金払うなんて私から見たらもったいないの一言に尽きるが、それも文化の違いか。
一緒にプールに出かけたのは、アメリカ人、スコットランド人、今日スペインに着いたばかりのドイツ人、と私の4人だったが、しゃかりきになって泳いでいたのはやはり私だけなのであった。ビキニ姿で真剣にクロールや平泳ぎを繰り返す日本人はさぞかしスペイン人の目に滑稽に映ったことだろう。。。

ということで、ここで分かりやすくスペインのプールの特徴を書いてみる。
・プールサイドへの鞄、本、食べ物、タオル持込OK
・大方はプールサイドで寝転んでいる
・よってプールの中で泳いで過ごす人は少ない
・女性の何人かはトップレスになって日光浴をしている、おまけにそのまま泳いでもいる(!)
・プールに入る前のシャワーや消毒槽がない
・飛び込みOK
・水泳帽(スイミングキャップ)の着用義務なし


・・・という、何とも「ところ変われば」的発見と驚きで私は最初目が点だった。
しかし他のヨーロッパやアメリカ諸国でもプールとはそういうところだそうで、驚いていたのは私だけだったみたい。おっかし〜な〜。
posted by ixel at 15:00| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ホームパーティー

Madrid (187)_1.JPG語学学校のクラスメイトだったブラジル人のグスタボが新しくピソを見つけたとのこと。彼女もブラジルからやってきて一緒に暮らすというので結構大きなピソみたい。「みんなで遊びにきて!」とお誘いを頂いたので、それぞれみんなが何かを持ち寄ってお邪魔することにした。アリシアはチーズケーキ、グスタボ(先生)はエンパナーダを、私はガスパチョ(市販)、ナタリア、ベアトリス、エルデルはパテ(パンに塗るレバーペースト)やポテトチップスなどのおつまみ系を持参。

夜。いざグスタボの家へお宅訪問〜!アパートへ行き、部屋番号を押して入口で向こうの応答を待つ。インターホンの呼び出し音が鳴る。プルルルル・・・

グスタボ:「¿Sí?」(はい?)
イッシェル:「Holaaaa, ¡soy yo! ¡Abre!」(やっほー私だよ!開けて〜)
グスタボ:「Hola, ixel! Vale」(やあ!オッケー、開けるよ)

間もなく「ジーーーー」となるドアの解錠の音。この間にドアを開けることができ、お客さんは目当ての人の玄関前まで辿り着くことができる。というのがスペイン風。その後は向こうもお客が来たことを分かっているので玄関まで迎えに来てくれて、これで家の中へ入っていける。

中へ入れば、「ほーぅ!」
スペインの大きなアパートは時に共同住宅になっていて、1つの玄関、1つのキッチン、バス、トイレ、サロンに3つか4つの個別の部屋があって、皆がそれぞれ家賃を払いながら一緒に暮らしてるというのが若者の親と離れて暮らすスタイルだが、グスタボのところはちゃんとした独立型アパートだった。これで月700ユーロって言ってたっけなぁ、正確には忘れたけれど大都会マドリッドでこういう一人暮らしをしようものなら絶対月10万円は下らないんだそうだ。こりゃあしっかり働かなきゃね。

夜の何時まで喋ったか分からない。食事して、飲んで(先生のグスタボがサングリアも作ってくれた!)喋って・・・と、こういう和気藹々とできる仲間!こういう仲間を待っていたんだよ私は!と思った。授業だけの付き合いをする先生ってのもなんかギクシャクするよなぁと思ったら、うちの先生は天才や!教え方も分かりやすいし、学校を飛び出しての付き合いにも喜んで来てくれる先生!大変有難い仲間に私は回り逢えた。今夜はいっぱい喋って、いっぱい笑った。あ〜幸せ。

banner_02.gif
posted by ixel at 23:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

ベルナベウに行く

IMG_2346_1.JPGIMG_2336_1.JPGIMG_2379_1.JPG

今日は学校の帰りに、ナタリアとベアトリスと一緒にサンティアゴ・ベルナベウサッカー競技場へ行ってみた。サッカーにあまり興味のない人でも名前くらいは聞いたことがあるだろうレアルマドリードの本拠地がここ、ベルナベウだ。マドリッド市の北部に位置するが、地下鉄で行けるので大変便利。

入場料10ユーロ(ちょっと高い!)を払うと、まずはサッカー場全体を見渡せる上の階までエレベーターで昇る。想像をゆうに超える観客席の数!目を閉じると、瞼に浮かぶのはたくさんのサポーター、眩いばかりの照明に、スタジアム中央に現れる選手たち、拍手と喝采でいっぱいになった活気ある夜のベルナベウ。カメラ片手にいろんな角度や方向から友達と撮り合いをした。

次に行くは資料館。レアルマドリッドの歴史がずっと展示してある。創立から、過去の写真、映像の紹介、ユニフォームやサッカーボール、優勝杯の展示。なお、レアルマドリッドはサッカーだけでなくバスケットボールチームも持っているので、バスケットチームのコーナーもしっかり作ってあった。出口近くには等身大のレアルマドリッド集合写真のパネルがあったので一緒にパチリ。まるで私のために皆が揃ってくれたような感じで撮れるから面白い。

下に下りて、サッカーコート脇までやってきた。普段選手たちが座るベンチ。1つ1つにちゃんと背もたれがついているし、素材もなんだかフカフカしてそう。座ることは禁止されているようで残念。今後はそのままVIP席の間を通り抜け、VIPの待合ロビーを通った。ロビーにあったソファに座って「ここに有名人が座ったかもしれんやろ!」と言っては喜んで座ったな。

最後は記者会見の行われる部屋へ。ここは登壇はできないけれど、会見席の前まで近づいて一緒に写真を撮るなどはできる。バルサファンのナタリアがおどけて「バルサは強いですね〜、どうしても勝つことができませんでした。悔しいです・・・!うっ」と負けたレアルの選手の真似をして私たちの笑いを誘った。レポーターの格好をして最後に皆でパチリ。

レアル好きでも、そうじゃなくても楽しめる内容になっているここ、10ユーロ払ってもいいなと思える人ならマドリッド観光のいい思い出になるだろう。

banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

生け花教室in マドリッド

こんな日が来るとは夢にも思っていなかったが、語学学校で知り合った日本人女性マリさんの招待でマドリッドはReal Jardín Botánico(王立植物園)で毎月1回開かれているという生け花教室に行くことになった。今日はその日、申し訳なかったがこんな機会も滅多にないので今日だけは勤勉な学生も授業をサボってしまい、植物園へ。前もって聞いていた話ではスペイン人マダムがたくさんいらっしゃるということだったので、彼女らがどうやって花を生けるかに興味があったのだった。私の立場は生徒ではなく、補助員のようなもの。日本にいた時に生け花を習っていたことをマリさんに話し、「あら!そしたら是非きてみて!きっと面白いと思うから」との返事だったのをいいことに来てしまった。出会いに感謝。

10時過ぎ、プラド美術館横にある植物園に到着。普段は美術館帰りのマドリッド市民や観光客が訪れる観光名所となっているが、今日の私は違う。話には「関係者用の裏口がある」ということだったが、どこか分からなかったので正面で尋ねると快く通してくれた。普段は有料なのでお金を取られたら・・・と心配していたが、・・・心配は無用だった。

ikebana1Sala de seminarioというセミナー用の教室へ行ってみると、既に花材が運ばれており、教室を開く準備がなされていた。そこにいらしたの日本人の先生が3人。それぞれが異なる流派のお免状を持っていらっしゃるということだった。未生流や嵯峨御流、マリさんは草月流で、私は華道即天門と、いろんな流派から人が集まってできた会というだけで興味深かった。ここにもし私の母がいたら池坊も加わるのかと思うと、素敵。(しかし生徒たちはその分戸惑うに違いない)

クラスは初級コースと中級コースの2種類。最初のクラスは初級から始まり、生徒はおよそ8〜10人という小規模制。中には2人の男性も習いに来ていて感心感心。

・・・が、花の生け方といったら(笑)

独創性をかきたてると言った意味ではいいかもしれないが、教えるのはすごく難しかった。特にこの日は1年の集大成ということでテーマや見本は無しの「自由」だったのでなおのこと。おかしいのはおかしいと手を加えてあげたいけれど、彼らの独創性や感性を尊重すれば、言いたいことがあったとしても口をつぐんでしまう。これはむずいぞー。ということで、何周も彼らの周りをグルグル回ってみたものの、声は実際あまりかけられなかった。かえって「そういう生け方もあるのね」と学ばせてもらった方が多かったかもしれない。文化の違うスペイン人だからこそ、我々が持ち得ない生け方の発想を時に持っているように思う。

ikebana5ikebana6
▲スペイン人生徒作

ikebana2ikebana3ikebana4

しかし水盤の水に花や葉っぱが付いていたり、とんでもなく花材の背丈が高いとか、四方に花材が広がってしまい根元が締まっていないとか、そういうところは明らかに「おかしく」感じた。ひどく人工的に見えた。だからやはり生け花の根本的な要素として、これは全ての流派に必ずしも通じことではないかもしれないけれども、「そこにあたかも咲いているように活ける」という大前提はあるなと。

日本の皆様、わたくしixel、日本から遠く離れたマドリッドでも自国の文化を忘れず、こうして生活しておりますよ。

そして今日新たに出会った人々との交流も楽しく思い出深いものになった。大切にしたい。

《クラス情報》
Asociación de Ikebana de España
Apartado de Correos nº 404
28708 –San Sebastián de los reyes (Madrid)
http://www.ikebana-spain.com

banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

フラメンコバー「カルダモモ」

Cardamomo・・・、それは香辛料のカルダモンのこと。
しかしマドリッドにきて「カルダモモ」と言ったら!

それはにフラメンコショーが見られることで人気のバルを意味することになる・・・(と勝手に思っている)。観光ブックに載っていない、ヒターノ(ジプシー)も観に訪れるという知る人ぞ知るバル、マドリッドでフラメンコをお値打ちに観たいと思う人には朗報も朗報。今すぐチェック!

ブラジル人の友人ベアトリスの情報によると、水曜日はダンスが、また木曜日は歌メインにフラメンコショーが見られるとのこと。じゃあ皆で行ってみようよ!ということで前々から約束をしており、今日のクラス終了後に出かけることにしていた。語学クラスだけでなく、文化クラスで一緒になる子たちにも声をかけたら仲間が膨らみ、結局10人以上にもなってゾロゾロ。こんな大勢で出かけたことがなかったのでワクワクした。メンバーの出身地はブラジル(5人)、日本(3人)、スイス(2人)、ポルトガル(1人)、不明(1人!?)。大勢いたブラジル人が偶然にもブラジル料理を出すバルを通りがかりに見つけたので、皆で少し腹ごしらえをしてからの出発!

さーてカルダモモの店の前に着くと、まだ扉は閉められたまま。しかしガラス窓からは、中で行われているリハーサルの様子を少々伺うことができた。

22時半頃だったか、ようやく扉が開き中へ。入り口で5ユーロを払いチケットをもらう。飲み物1杯サービスがついているようだ。早くから店の前で待っていた私たちは、幸いステージ最前列の小さなテーブル席に全員座ることができた。飲み物をバーカウンターで頼み、フラメンコの音楽が流れる中お喋りをしつつ、グッとそのときを待つ・・・。みるみるうちにお客さんの数は膨れ上がり、立ち見はザラ、というかもともと座席数が少ない。それでも100人弱くらいいたんじゃないか。

ようやく始まった時には時刻は既に0時。
いい子の皆はあくびしながら待ってたんだから!(涙

小さなステージの奥に、向かって左にカンテ(歌)のお兄さん、右にトケ(ギター演奏)のお兄さんがまず座り、演奏が始まった。横にはスタンバイしている女性が見えた。この日のカンテのお兄さんは細身で長身、今まで私が思い描いていたフラメンコ歌手とは体格が随分かけ離れているように思えたが、歌いだすとフラメンコ!(当たり前だ)ちょっとびっくりした。

IMG_1613_1.JPG
▲情感たっぷりに踊り上げるフラメンコ

その後に現れたバイレ(踊り)の女性。最前列で、もうすぐ彼女に触れられるというくらいの至近距離で観るフラメンコはものすごい迫力!こんな近くで観たことなんてなかったので、いつも以上にダンサーに釘付け。近すぎて全体の写真が撮りづらかったことはあるにせよ、そんなこと2の次にしてよかった。あの床を強く蹴る時に、こちらにまで伝わってくる振動!あの足さばきはどうなっているんだろうと、気がつけば私は彼女の足ばっかり撮っていた。(笑

中休みを置いての2部構成。最後はアンコールを含めて去っていった。正味1時間くらいだったか。
帰りがけ、皆でこれまたぞろぞろとグラン・ビアという大通りを歩いて家路に向かっていた時、ベアトリスとサラが「今まであそこで3回観たけどね、今夜のが一番よくなかった」と告白した。エー!?ベアトリスは彼女自身も長年フラメンコを習っているので見る目も厳しいんだろう、そして「客もざわついてたからいけなかったと思う」とサラ。そう、後半が始まる際に1回注意された。もしかしたら演奏者や踊り子の人たちの機嫌を客が損ねさせたのかもしれない。マナーやモラルはちゃんと守らないとね。

《お店情報》
CARDAMOMO
C/Echegaray, 15
tel: 91 369 07 57
http://www.cardamomo.net
営業時間
21:00〜3:30
最寄駅
Sevilla (Line 2)
Antón Martín (Line 1)

フラメンコライブ
●バイレ・・・毎週水曜日
●カンテ・・・毎週木曜日

banner_02.gif
posted by ixel at 23:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

リンリン

日本への電話ってこうやってかけるのね。

0081+(頭の0をとる)市外局番+個別の電話番号

こちらで購入したスペインの携帯電話(Movistar, Vodafone, Orangeがメイン)からかけられるかどうかテストしてみたいというのもあって、ミーに電話をかけてみた。かかった。よし。
しかしこれ、べらぼうに高い!・・・のでやはりメッセンジャーにかぎるなと思う今日この頃。料金が高くつくと知って、ミーにすぐ電話を切られてしまったもの。切ない・・・

ところで私の携帯電話には、毎日のように頻繁に知らないスペイン人からよ〜け電話がかかってくる。決まって皆は“Hola Julia(やあ、フリア!)”と言うが・・・フリアって誰ー!?(笑)
たぶん、以前にこの電話番号を使っていた人だろう、電話を取るたびに「私はフリアではありません」と言わなければいけないのが煩わしい。終いには留守電にまで「やあフリア!」と。
がるるるるるるるる。

さぁ今日もスペイン語の勉強!
《電話の関連表現》
フリーダイヤル teléfono gratuito
リダイアルrellamada
留守番電話 contestador
発信音 señal para marcar
話中音 señal de ocupado
呼び出し音 señal de llamada
どなた様ですか? ¿Quién es?/¿Con quién hablo?/¿De parte de quién?
そのままお待ちください No cuelgue./No se retire.
番号が間違っています Usted se ha equivocado de número.

↑今度間違い電話がかかってきたら言おうっと。

banner_02.gif
posted by ixel at 20:00| パリ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

F1スペインGPとカンペールの日


先日、大学後輩のマミちゃんに「今週末はスペインGPだね!」とメールしたら、
『・・・って何ですか?』と返してきた。

・・・おおおおおおおぉぉぉぉーーーーーい!!!
それでも君はバルセロナに住んでいたのかぁぁぁ!むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

学校のサロンでメールをチェックした瞬間、ナタリアがいる横で一人プッと笑ってしまったixel。
Hombre!スペインGPって言ったらF1のことじゃない!

お金があったらバルセロナに行って、観戦したのになぁと思いながら起きた今日の朝。
バルセロナに行く交通費と、宿代と、観戦チケット、合わせたら幾らになるか・・・たぶん10万円くらい必要だろうと思ったので今回は断念。しかしお金を貯めていつかはと心の中で誓ったのであった。

朝からテレビをつけると、どこのチャンネルだったか忘れてしまったけれど朝からレースばかり。F2の後はバイクレース、そして14時からは待ってましたF1!お腹を空かせて外へ出た私とネモニー、F1のスタートはとあるレストランのテレビモニターで見た。彼女は私ほどF1に興味はないらしく、私が話しても「ふ〜ん」で終わるという・・・。しゅん。しかもレースの途中でレストランを出てきたので、続きは家で観よう!と思っていたら、家ではマリパスが違う番組を観ていて邪魔できず・・・、結局残り30周というところで観れなくなってしまった。うぉーっ続きが気になる!アロンソや佐藤琢磨が順位を上げたり、マッサの車体から炎が上がったまま走り出したのを見たので尚更。スペイン人レーサーのアロンソの活躍が著しくなってきたここ1,2年、途中のCMにはアロンソが出ずっぱりだった。彼への期待は大きかっただろう。いつもよりずっと通りには人気がなく、きっとスペイン中の多くの人がテレビの先にいる彼を見つめていたと思う。

で、結局マッサ、ハミルトン、アロンソの順位だったらしいね。
スペインで順位が分かった頃、日本ではこれから放送が始まるという時刻だった。メッセンジャーで友達のがっちゃに放送前に順位を教えたのも何だか不思議な感じがした。

さてその後。17時から実はアウトレットモールに出かけた。何とも急な話だったが、「映画を見に行くんだけど、隣にあるアウトレットモールに行きたい?行きたかったら一緒にホセ・ルイス(家によく訪ねてくる。親戚?友人?)の車で連れて行くよ」とマリパスが言ったのだ。願ってもなかったことだったので両手を挙げてネモニーと共に喜んだ。今回の滞在初めての自家用車!アウトレットモールに着くまでは、右をキョロキョロ、左をキョロキョロ。「あそこに首相が住んでるの」「あっちに国王一家が住んでるの」「あそこの美術館は行ったほうがいい」「あっちには○○がある」など、まるでホセとマリパスは専属ガイド。

着いたアウトレットモールは“Las Rozas Village”というところ。およそ100店舗のブランド、お店が並ぶ大きなところだった。作りは日本と殆ど一緒だが、1階のみ。日本の実家の近くに、ジャズドリーム長島(三重県桑名市)というどデカいアウトレットがあるが、あれは桁違い。(笑)

さて、アウトレットに我々を案内してくれると、マリパスとホセは映画を観に戻っていった。「あなたたちはゆっくりショッピングを楽しんで」と、20時過ぎに落ち合う約束をし、4人は2手に分かれたのだった。

まず目に入ってきたのは有名ブランドのLOEWE(スペインが発祥)、Calvin Kleinなど。YANKO(ヤンコ)という有名(らしい)靴ブランドも入っており、私にとっては見るのは初めてだったが、革もしっかりしていて質感もよかったので気に入った。・・・がまだ買ってない(笑

この日買ったのはCAMPER(カンペール)という有名靴ブランドのサンダル。アウトレットということで、CAMPERならぬRECAMPERという標記が値札に書かれてあったのが印象的だった。靴・サンダルはほぼ全てが30%OFF!うっほー!いろいろ見て回った結果、黄色のかわいいサンダルを買うことに決めた。サイズは36。日本の23.5cmと同じだろうか?

最後は皆でタパスをたらふく食べて、シードルをたくさん飲んで帰宅。
あ〜美味しかった!

banner_02.gif
posted by ixel at 23:00| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

初めてのダンス教室、失敗

月曜からダンス教室に通い始めたナタリアに続け!とばかり、19時半に始まるクラスに勇んで行った私とネモニー。しかし!

拒否られたぁ〜。

理由は、「毎年10月開講のクラスだから、今入ってもかなり進んでいるので全くサルサを踊ったことがない人には無理がある」とのこと。なるほど〜ってかそんなことこないだの受付の人は言わなかったぞ!(涙
ネモニーがっくり。私も同じくがっくり。隣にいたおじさんもがっくり。(←彼もサルサを習いに来たっぽい)心だけはいっちょ前に中級者並みだと勝手に思っていたが、だめだったか・・・ちっ。(笑 

し・か・し。ここで朗報。
「クラスが6月に終わると7月から集中レッスンがあるので、それに来てみたらどうですか?」と受付のお姉さん。7月頭の2週間は初級コース(月〜木の毎日1時間ずつ、2週間で計8回のレッスン)があるそうで、「日にちや時間割、金額等は決まったらお知らせしますから、よければ電話番号を書いていってください」と。そういうわけで名前と電話番号を書いて教室を出てきた。

先週の日曜日、テレビで“¿Bailamos?”(アメリカ版「Shall we dance?」)を見たばかりとあって、2人ともダンスする気満々でいたのに、ちーとショック。帰りはアイスクリームを買って帰宅。

よぉ〜し7月になったらダンス月間だ!サルサだ!
「7月になったら暑いよ〜?」というマリパスに、『稽古の後は・・・ディスコ行ってまたサルサ踊る!』と半ば冗談半ば本気で言ったら「サウナやサウナ!ゲラゲラ」と笑っていた。

banner_02.gif
posted by ixel at 22:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

Madrid Visiónを使い倒す

日本から持ってきたお金が私にそろそろ底を見せ始めた(笑)ので、スペインのATMからお金を初めて引き出してみよう!と思った5月の第1週の土曜日。1人ではちょっと怖いからとミチコさんにお願いして2人で出かけることにした。だってスペインの大方のATMが道路に面して設置されてるんだもん。

ということでスペイン広場までやってきた私たち。早速ATMを探すが、店内にあるATMは銀行がお休みのため使えず、キョロキョロしていると私たちの目にもんのすごい惹かれるバスが偶然やってきた!

それが、マドリッド周遊観光バス「Madrid Visión」!

ここで会ったも何とやら、お金の引き出しなんか、んなもん後回し!乗ってみよう!ということになり急遽予定変更!あれ、お金なかったんじゃなかったっけ?・・・ま、いっか!ミチコさんが「後で払ってくれたらいいよ」と微笑むのでお言葉に甘えてバスに2人で飛び乗ったのだった。こないだの5/1はレヒーナと1時間以上待ってもこなかったこの観光バスなのに、今日はどういう風の吹き回しやら。まるで私たちに合わせるかのようにしてバスが来たからびっくりした。

観光客にはうってつけのこのバス、絶対おすすめ!
皆もマドリッドに来たらまずはこのバスに乗ってみてほしい。

《Madrid Visiónについて》
●料金
・成人(16歳以上)
1日周遊パス 15,3ユーロ
2日周遊パス 20 ユーロ
・16歳未満と65歳以上
1日周遊パス 8,4 ユーロ
2日周遊パス 10,55 ユーロ
※7歳以下は無料

●運行期間と時間
12月21日〜3月20日 10:00〜19:00
3月21日〜6月20日 10:00〜21:00
6月21日〜9月20日 9:30〜24:00
9月21日〜12月20日 10:00〜21:00

●特徴
・1月1日と、サイクリングレースの開かれる9月の日曜日を除いて毎日運行
・決められた期間内なら、どこから乗っても降りても、また何回乗ってもOK!
・停留所で待っていたら8〜18分の間隔でやってくる
・切符はバスの中、ホテルや旅行代理店でも扱っている
・ルートは2つ、もちろん乗り換え可能

●順路
1.ルート1「マドリッド歴史地区散策コース(勝手に命名)」
王宮→トレド門→マヨール広場→プエルタ・デル・ソル→アルカラ通り→シベーレス広場→プラド美術館→アトーチャ駅→レティーロ公園→アルカラ門→コロン広場→グラン・ビア→スペイン広場→オエステ公園→王宮

2.ルート2「マドリッド・サラマンカ地区縦断コース(勝手に命名)」
シベーレス広場→コロン広場→カステジャーナ通り→サンティアゴ・ベルナベウ サッカー競技場→アルゼンチン共和国広場→セラーノ通り→アルカラ門→シベーレス広場

●注意事項
・降りるときは前もってブザーを鳴らすこと!鳴らさないとスルーされる。

私たちは1日で全てのコースを周遊し、2人でバスから見える景色を写真にたくさん収めることができた。雲もないくらいの快晴で2階建てバスからの眺めは最高!
途中、お腹が空けばバスを降りてお茶をしたりご飯を食べに行ったりした。カフェには、以前から行きたかった“Café Gijón”へ。昼ごはんには和食の“どん底”へ。スペインに来て2回目の日本料理は、1回目よりも本物に近かった。

・・・で、お金の引き出しはどうしたかって、ちゃんとバスを降りてから引き出しましたよ。
こんな行き当たりばったりの1日も楽しいもんだ。

banner_02.gif
posted by ixel at 22:00| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | excursión/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。