2008年02月07日

生クリームスプレー

fresa y nata3.JPG

▲¿Qué es esto?


ヘアセッティング用のムースか?
・・・いや違う

掃除用のスプレーか?
・・・いや違う

じゃ、なんだ!?

スペインのスーパーマーケットに売っている、バターやマーガリンに並んで売られているそのスプレーとは・・・!!!

なんと生クリーム黒ハートである。


生クリーム好きにはたまらないであろうこのスプレー缶、なぜって買ってすぐに生クリームが楽しめるからだ。これなら自分で泡立てる必要もないし、ボタンを押せば勢いよく飛び出してくる生クリームをそのままデコレーションに使うことだってできる。全く世の中には便利なものがあるもんだ。ただ、ゴミに出すのに厄介だと思うのは私だけか。

ホットチョコレートの上に生クリームをのせれば、ウインナーコーヒーならぬ「スイス」だし、スペインではイチゴときたら練乳ではなく生クリームを併せるのが普通。スーパーのイチゴ売り場の横に併せて置いてあるのは練乳ではなく、決まって生クリームのスプレー缶なのだ!

で、作ってみた今日の私の食後のおやつ。

fresa y nata1.JPG

じゃじゃじゃ〜〜ん!!
型にハマりまくりのイチゴ+生クリーム。
これがスペイン流の食べ方。
イチゴも安いので贅沢にも大きいのを5個入れてみた。
生クリームをたまに食べるのも悪くないなぁ。

fresa y nata2.JPG

▲正体。(爆
posted by ixel at 02:00| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

ガーン!

No hay ningun momento tan desesperado que se da cuenta de equivocarse al ver un artículo que quería comprar de verdad...esto es lo que yo sentía hoy.

Teatro Liceu

▲Teatro Liceu


Hoy por la tarde fui al teatro Liceu, ...no, para ser exacto, a la tienda que está junta al teatro para comprar un bolso muy chuuuuuuuuuuuuulo, es que lo vi hace 2 días por el escaparate y me volví loca desde la primera vista. Y hoy, decidí ir allí para verlo más cerca y comprarlo.

Sin embargo, en realidad "el bolso chulísimo" no lo era, ...era toalla.

Toalla, toalla y toalla!!! ¿¡¿¡¡¿¡¿¡Ésto qué es!!?!?!?!??!?!?!?!?!?

Pero se vende como si fuera bolso! Se paracía tanto que me había confundido!
¡¡¡HOSTIAAAAAAA!!! Me cago en la pu*a!!
¡No me venda nadie así para que no esté desesperada después porfa!

***********************

あれが欲しいいいい!!!と強く願っていたものが、実は思っていたものと全然違っていたことに気づいた時のショックといったら他にない。

・・・そんなことを今日体験した。
 
仕事が終わって、ランブラス通り沿いにあるリセウ劇場まで足を伸ばしたixel、行きたかったのは劇場ではなく、隣接された売店だった。実は2日前の夜、この前を通りかかった際にショーウィンドー越しに見た、ピンクの筒状になったバラの柄のとてつもなく可愛いバッグに一目惚れ、今日こそ買ってやるぞ!と意気込んでいったのだった。買い物は好きだが、一目惚れすることは少ないと自分では思っているので、こんなことは珍しかった。ましてやスペイン、こんなこともあるのかと思っていた・・・ ・・ ・の に 。

入店してバッグと思しき品を手にとって見ると、何とこれがただのバスタオル。

・・・

なんじゃこりゃーーーーー!!!怒怒怒

バッグに見立ててタオルを丸め、御丁寧に手に提げられるように皮の取っ手までついている有様。
これじゃ夜に見た人全員が間違うよって。
てか紛らわしいんじゃーーーーーーーーーーーー!!!ガオーーーーーー!!!
こんな売り方してくれるなーーーーーーー!!!

ということで、今晩かなりがっくりきてます。
バスタオルだけじゃなくて、あのデザインで本当にバッグ作ってくれたら買うのに。ぐすん。

ああ!ちなみにバラの柄というのも嘘!
本当は劇場にちなんでト音記号の柄だった。バラの花びらのように角ばっていたの。
posted by ixel at 22:33| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

遅く起きた朝は

ほんげー。

火曜と木曜は午後出勤なのをいいことに、目覚ましをセットしないで起きる。
今日は起きたら11時だった。あーよー寝た。(笑

出勤前の時間は有効に使わないかん。ということで、朝日を浴びるため、お買い物にでかけた。野菜と果物を買いに行った。
大型スーパーでは野菜をまとめて買わなければいけなかったりするので、1人暮らしには不向きだと前から思っていたところ、生鮮食材(野菜・果物・肉・魚)のみ扱う他のチェーン店を見つけたのでそっちに足を延ばしてみた。

みかん3個にキウイも3個、鶏は手羽先、それとじゃがいも3個、にんにく4玉、トマト2個を買った。にんにくとトマトは勿論レンズ豆の煮込みを作るために。早く作ってあの味を再現してみたいものだ。

それから・・・「チリモヤ」も購入。

果物なんだけど、一度も食べたことがなくて。
美味しいと噂で聞いているので、食べてみようかなと試しに買ってみた。今日はまだ食べていない。さて、どんな味がするのかな?
posted by ixel at 20:50| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

無印良品バルセロナ店-MUJI Barcelona-

muji1

▲MUJI Barcelona Rambla Catalunya (izquierda)

Desde hace poco tiempo, ha habido una tienda a la que he querido ir y hoy lo he conseguido por fin.
Esto se llama "MUJI", es una cadena de tiendas que viene de Japón y que vende los productos muy simples. "MUJI" es la abreviatura de "MUJIRUSHI" que significa "no tiene marca", así que "MUJI" no tiene ningún sentido propio, pero bueno, para los extranjeros es muy difícil de pronunciar MUJIRUSHI, es que demasiado largo, ¿no? entonces bueno, para ellos, es "MUJI".

Está en Rambla Catalunya, también está cerca del cruce con la calle Valencia.
Aunque eran las 3 de la tarde cuando fui había mucha gente que estaba comprando. Allí se venden los artículos de escritorio, de necesidad cotidiana y tal. Me da pena que no haya surtido de los alimentos ni dulces japoneses...las mejores cosas que me gustan en MUJI.

Pero si hubieran puesto esos ahí no los habría comprado...porque al ver los precios me sorprendí y a mí me parecía un poco caro comparando con los que se venden en Japón aunque sean los mismos productos. Entonces para mi es un poco absurdo que los compre aquí en Barcelona, porque luego vuelvo a Japón y puedo comprarlos a bajo precio.

Por ejemplo, hoy he visto que se venden un paquete en que incluyen 12 pañuelos de papel por 2.5 euros, pero en realidad en Japón se vende por 85 yenes o sea vale 1.35 euros o algo así. ¿Lo ves?
Así que pues...no voy a comprar nada en esta tienda. ja ja ja
Pero me alegro mucho de haber visto a la gente de aquí compra varias cosas.    

MUJI Barcelona Rambla Catalunya
Rambla Catalunya, 81
08008 Barcelona, Spain
tel. +34 93 467 65 60
fax. +34 93 467 65 61
De lunes a sábado 10:30 〜20:30

MUJI L'ILLA
Centre Comercial L'ILLA DIAGONAL
Avgda. Diagonal, 545-565
08029 Barcelona, Spain
tel. +34-93-444-37-44

Página Oficial 
http://www.muji.net/

************************************************
muji2

噂に聞いていた「無印良品バルセロナ店」、その名も「ムジ」の視察に行ってみた。
通りは、グラシア通りの1本横にあるランブラ カタルーニャ通り。道の中央にはたくさんの街路樹と遊歩道があって、ショッピングするには気持ちの良い通りとなっている。

無印があるのはバレンシア通りとの交差点近く、店の構えは日本のそれと大差なく、看板も日本で見る馴染み深いもの。「おお〜っ」と1人、海外で初めて見るムジに小さく感動。

中は1階のみの展開で、文房具、日用品(食器、化粧品の詰め替え容器等)と衣類のコーナーが少し。

で、以上。

日本人の私としては、「え〜!」ってなもんで。
だって無印に何しに行くって、私は食料品目当てで行くことが多いから。
なくて残念だった。いや、うすうす感づいてはいたんだけど。

それにしても、それぞれの値段。やはり高い。
スティックのりが日本じゃ85円のところ、こっちでは1.5ユーロ。日本円にして244円( ※1ユーロ=163円で換算)だよ。こんなんじゃ誰が買うか!って思うね。(苦笑)それから、上記のスペイン語日記で挙げたのはポケットティッシュの詰め合わせパック。これも85円のものが400円くらいとか。だから苦笑いするしかなかった。

日本へ帰る予定の私としては、ここでは恐らく、いやきっと何も買わないだろうが、海外でたくさんの人が無印のものを求めて買い物に来ているのを見るのはなんだか嬉しかった。

※住所は上記参照
posted by ixel at 16:53| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

Turróóóóóóóón

turron1
▲Turrón en "Planelles Donat"

No era hoy, pero otro día Sandra me llevó a la fira de Santa Llucia que está delante de la catedral y luego fuimos a una pastelería muy famosa que se llama "Planelles Donat" para comprar algunos turrones. Turrón es un dulce muy típico en España, sobre todo se come mucho por la Navidad y tiene dos tipos: uno es turrón duro (de Alicante) y otro es blando (de Jijona), los dos son hechos de almendras y miel. Cuando fuimos allí, había mucha gente para comprar turrón como nosotras y tuvimos que coger el ticket para esperar el orden de pago.

Planelles Donat*hay 3 tiendas
C/Cucurulla, 9
tel: 93 317 22 38
C/Portal de l'Àngel, 7
tel & fax: 93 317 29 26
C/Portal de l'Àngel, 25
tel: 93 317 34 39
fax: 93 412 65 71

**************************************************

スペインのお菓子、トゥロンのお話。
先日サンドラが、カテドラル前の季節限定マーケットに連れて行ってくれた帰りに寄ったのが、バルセロナだけでなくカタルーニャでも有名なトゥロン屋さん。トゥロンというのは、アーモンドや蜜などで固めたお菓子で、特にクリスマスのこの時期によく食べられるのだそうだ。代表的なのには2種類あり、アーモンドが固形のまま入っていてとっても固いハードタイプと、アーモンドが粉状で入っていて柔らかいソフトタイプがある。蜜で出来ているだけにとっても甘い。

サンドラがお父さんお母さんにも買っていこうというので、多めに買っていた。私たちの分は今でも台所に置いてあり、サンドラと私の2人で少しずつ食べている状態。甘いから少しずつ、ね。

ということで、バルセロナ中心部へ出かけた際は見かけてみて。私たちが行ったのはカタルーニャ広場からカテドラルに延びる通り、el corte inglésから目と鼻の先にあるところ。
posted by ixel at 16:59| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

スペイン発 日本風味

スペインにある大型スーパーCarrefour(元はフランスの会社。日本にも店舗があるらしい)でお買い物をしたixel。牛乳4Lに大好きなカカオラット1L、スパゲティ1キロも買えば、かごの中は6キロですよ奥さん。肝心の野菜や魚や肉が買えず、「何しに買い物に行ったん!?」という声もどこからか聞こえてきそうな今日であるが、まぁスーパーも近くだしまた行けばいいかなと思って今日は帰ってきた。

これと一緒に。
fideos japoneses1
▲日本食のつもりらしい

どうやら水と油で茹で上げて作るタイプの即席もののようだ。
袋の表には「和風!」と書いてあったが、「どうせ・・・(略)」といぶかしく思いながらも試しに買ってしまった。スペインで言う「日本食風味」とはどんなものを指していうのか興味があったからだ。

で、家に帰って早速作ってみた。
fideos japoneses2
▲できあがり

出来上がりがこんな感じ。袋の中身は全てフリーズドライ、麺は平麺(しかも細切れ)、具は小さなにんじんと、きくらげとエビ。肝心の味は・・・ん〜なんじゃこりゃ?和食とも言えず、中華とも言えず、何ともニュートラルな見かけとその味に、ixelはこれが何料理なのか判断がつかなかった。

まぁ、二度と買わないでしょう。(苦笑)

banner_02.gif
posted by ixel at 18:01| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

chocoadicta, ixel

スペイン語学習者の皆さん、“drogadicto,ta”という薬物中毒をさす形容詞や薬物中毒者をさす名詞、ご存知だろうか。だろうと思うけれども、ではこれは?

“chocoadicta”


・・・国語辞書には載ってなくとも、いまや通ずるスペイン語単語のうちの1つ。
それが、「チョコ中毒」である。

そしてまさにここに1人のチョコ中毒者が。
ixel、何を隠そう手元のチョコをきらすと手がぶるぶる・・・(笑
な〜んて嘘だけど、でも半分本当。自販機に売られているチョコをつい買ってしまう。
侵されてるなぁと思う。

そしてカタルーニャ地方限定だと勝手に思い込んでいるチョコドリンクにも惚れ込んでおり、朝はコップ1杯のチョコミルクから始まるといっても過言ではない状態に。旨くて困る!
さぁそのixelを魅了してやまないドリンクの名前とは!

IMG_2403_1.JPG
▲cacaolaaaaaatttttttttt!!!!!!!!!!!
憎めないCacaolat、カカオラットである!

喫茶店やバルでも頼めば殆どのバルで出てくると思うこのカカオラット、バルで頼めば200mlほどの小ボトルだけで2ユーロくらいはとるけども、スーパーで1Lのお徳用を買えば2ユーロもかからない。ここがバルセロナ在住の強み、しかもこれだけで飲むと私にはとっても甘いのでいつもミルク割り。程よいほのかな甘さになるのと同時に牛乳のまろやかさが加わって何とも言えない。まぁ味はといえばココアと何ら変わらず、何か特別なものがあるわけではないけれど。けれど!
とにかく旨い!のだ。

きらすと必ず買いに行くカカオラット、これもれっきとしたチョコ中毒者の行動かと。
来月はスイスに訪れる予定もしているし、絶対両手に抱えきれないほどのチョコレートを買って帰ってくると思うんだ。あぁ嬉しかったり怖かったり(笑)

banner_02.gif
posted by ixel at 22:00| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

Manantial de Salud

学校の先生が最近代わった。エミリアに続いて、今度の先生はエレナという年配のベテラン先生。お母さん!といわんばかりのおっとりした優しそうな先生だ。
その先生が、先日「バルセロナにとってもいいハーブ専門店があるのよ」と授業中に教えてくれた。聞くところによると店員がお客の症状や要望を熱心に聞き、その後はそれぞれに合ったハーブティーをオリジナルで調合してくれるのだという。店はいつもお客でいっぱいだが、店員は待っている客に特に焦ることなく、1人1人のお客さんをすごく大切に扱うのだとか。ホワイドボードに親切に行き方の地図まで描いてくれた先生、これは行くっきゃない!
授業後、本当はチョコレートの博物館に行こうとしていた私とドイツ人のイリスの2人だったが、この先生のオススメで今日は噂のハーブティー屋さんに行ってみることにした。

エレナ先生に言われて来たのは地下鉄4号線Jaume I駅付近。「たしかこの辺りなんだけどな〜」と言いながら彼女と歩く。ゴシック地区付近はいくつもの通りがあって迷いやすい。通りがかった、いかにもハーブティー屋を知っていそうなおばちゃんに道を訊いてようやく辿り着いた。たしかに駅に近いけど、用がなけりゃここは通らんなぁ。(苦笑

manantial de salud1
▲Manantial de Salud


お店の名前は“Manantial de salud”、日本語で言う「健康の泉」の意。店内を見ると確かにたくさんのお客さん。思い切って扉を開けると、中は温かく、ハーブの匂いがぷ〜んと部屋中にたちこめていた。「うわぁ〜」と2人で感激しあう。これだよ、これ!壁にはたくさんのガラスの入れ物が並ぶ。ハーブを保存するためのものなのだろう。

椅子に腰掛けて待つこと数分、私達の前にお店の人が白衣を着た姿でやって来た。
私はたまに偏頭痛に悩まされることがあるので、頭痛に効くお茶を、彼女はドイツに住むおばあちゃんが気管支炎だというのでそれに効くお茶を頼んだ。「それにはいいのがあるの。少し待っててくださいね」と言うと店員は店の奥へ。これまた数分して、私には頭痛に効くティーを1袋、それからおでこなど、痛むところに直接塗れるミントオイルも勧めてくれた。(よく見るとこれが東洋ハッカなのか、日本産のドイツ製だった)彼女には気管支炎に効くティーを。飲み方までちゃんと指導してくれる。なるほど、エレナの言ったとおりだと私達2人ともこのお店のことが気に入った。

manantial de salud2
▲店内の様子


店で貰ったビニール袋を見ると、おや?
バルセロナ市内にたくさん出店しているようだ。

私の買ったお茶は、毎朝起きた後30分以内にコップ1杯飲むと効果的なのだそう。
さっそく明日から飲んでみようと思う。

これぞ下町の穴場!

Manantial de Salud (en Barcelona)
Mercaders, 7  Tel. 93 319 19 65
Xuclà, 23  Tel. 93 301 14 44
Gran Via, 1003  Tel. 93 266 18 13
Fabra i Puig, 25 Parada 53  Tel. 93 345 27 24
Osi, 52-54  Tel. 93 205 59 66
Vallespir, 49  Tel. 93 339 72 28
Mercat de Sta. Caterina, Pda. 50  Tel. 93 295 68 38
Fabra i Puig, 270 (Mercat de la Mercè) Tel. 93 429 14 34

herbocat@manantial-salud.com
http://www.manantial-salud.com
Fax. 93 428 23 12 
posted by ixel at 20:32| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

再度アウトレットモールへ

こんなことってありー!?と叫びたくなるような朝。昨日買ったCAMPER(カンペール)のサンダルが、片方ずつ違うサイズだったことに気づいたのは昨夜のこと。朝になってからマリパスにサンダルを見せながら話した。「両方履いて試さなかったの!?」と言われた。言われると思ったが、試さなかった。なぜって店頭には片足分しかでておらず、レジのところで箱の中身を見て確認はしたものの、そんなの形と色だけで、まさか違うサイズのものが入っているとは思わなかったんだもん。「あ〜あ、いつだって両足履いて確認しなきゃ!」とマリパス。かくして今日は自分1人でバスに乗り、アウトレットモールを目指すことになった。同じサイズのサンダルに替えてもらうために。

自分の訪れた場所は記録に残しておきたい性分の私は、昨日のうちにパンフレットを入手していたので、そこに書いてあったアクセス情報をもとに行動。モンクロア駅のバスターミナルからバスが出ているとあったので、家から歩いていくと、着いた途端にお目当ての628番のバスを発見!列に並んで早速乗った。片道1,9ユーロ(2007年5月時点で約300円の価値)。

初めてのローカルバス乗車にちょっとドキドキ。
だって日本のバスよりブザーの数はずっと少ないし、案内放送は全くないし、バス停がいくつあるのかさえ分からず、どこで降りたらいいのかも知らないまま乗ったから。本当に目的地に着くのかソワソワしていた。日本のバスや地下鉄がいかに親切か(時に人は放送が多すぎて「うるさい」とさえ言う)と言うことに気がついた。

アウトレットモールに近づくにつれ、ドキドキは高まる一方。ついに隣に座っていた同年代の兄ちゃんに声をかけるixel。「このバス、アウトレットモールに行きますよね?あとどれくらい?」すると『自分も同じところで降りるよ』と。降りるときになったら『ほら、着いたよ』と教えてくれたし、アウトレットモールに続く道も教えてくれた。いや、昨日来たから分かってるけど・・・と思ったけど笑顔でお礼。やっさし〜☆名前聞いときゃよかったかなぁ(爆

はいはいまた今日も来ましたよ、とアウトレットのゲートをくぐり、まずはカンペールの店へ。
すぐに店員さんが応対してくれ、難なくサイズ36のサンダルに替えてもらえたのでホッとした。日本ならセール品は取り替えてもらえないから、もしも拒否されたらどうしよう!と思ってたんだ。「申し訳ありませんでした」との店員さんの一言もあり、気持ちよく店を出ることができた。

それからは、当分来なくてもいいように?殆ど全ての店をチェックして回った。
中にはCarolina Herrera(キャロリーナ・ヘレラ?)の250ユーロのプリーツスカートが50ユーロだったり、125ユーロのレース地のハイヒールが80ユーロに値下がりしていたりと所々に掘り出し物があったのだが、結局何も買わずに帰ってきた。理由を言うなら、前者は絹100%だったこと、後者は38以下のサイズがなくて私には大きかったから。残念。

隈なく見て満足しきった後は帰宅。バス停を探すが、目印がない。困ったなぁと思い、降りた場所の向かい側の道に渡ると、数人のかたまりを発見。「あのぅ、ここはバス停です・・・か?・・・あ。」と言いながら地面を見ると、無残に倒されたバス停の標識。ああ、確かにここはバス停ですね、と皆で苦笑い。標識が横たわっていては探すのは難しいぞ。しかし無事発見したお陰で、その後は家に難なく帰れた。ふぅ。

camper
▲Por fin! やっと手に入れたカンペールのサンダル

banner_02.gif
posted by ixel at 23:00| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | compra/買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。