2008年02月17日

No es país para viejos

"No es pais para viejos" ... es una novela por Cormac McCarthy.
Esta noche vi esta peli con Sandra la cual es nominada a los Oscar en 8 secciones distintas y es famosa por el personaje de Javier Bardem, que logró el Oscar al mejor actor secundario ( y es la primera vez que un actor español lo consigue).

Pues... aunque sea una peli muy buen hecha, no me gustó mucho porque era llena de sangre y asesinato. Había muchas escenas que no quise ver y cuando se acabó la peli, ya tenía náuseas de verdad.

Siempre hablo con Sandra después de ver peli para aclarar el contenido, y esta vez resulta que nos faltaba información. No nos hemos enterado nada por qué el asesino psicópata (Javier Bardem) siguió matando a la tanta gente, ni por qué podía conseguir encontrar a Llewelyn aunque no tuviera detector y ni de dónde salió este tío de todos modos. Además creemos que el final, la escena que apareció Sheriff y contó sobre 2 sueños que había visto tiene una clave de esta película pero tampoco entendimos muy bien.

Ya tenemos muchas pelis pendientes que hay que volver a ver.
Se nota, no? jajajajaja

Sinopsis
Río Grande, Texas, principios de la década de los ochenta. Llewelyn Loss decide quedarse con una maleta llena de 2 millones de dólares y muchos problemas. Será el inicio de una cuenta persecución a dos bandas. Un Sheriff crepuscular tratará de hacerle entrar en razón y un asesino psicópata, matarle. La ley quedará superada por la ambición y la brutalidad.

****************************

「ノーカントリー」(原題 "No Country for Old Men")を観てきた。「ノーカントリー」と言われるとなんか響きがカッコイイが、スペイン語の題も原題をそっくりそのままスペイン語に置き換えただけだったので、あらすじも何も知らなかったサンドラと私にはどんな内容の映画なのかさっぱりイメージできなかった。年寄りには国がないってどういうこっちゃ!?といった具合に。
この映画、今年度の第80回アカデミー賞で8部門にノミネート、そこから助演男優賞(ハビエル・バルデムというスペイン人俳優)、監督賞、作品賞、脚本賞の計4部門での受賞という快挙を遂げた本作品、見ている間にじわじわと襲ってくるスリルが何とも言えない、が、はっきり言ってどんなにいい作品だと批評家が言おうが私やサンドラにとってはあまり観ていて気分のいい映画だとは思えなかった。そりゃあスリラー・サスペンスだからねと言われればおしまいなのだが、血と殺人がいっぱいのこの映画、観終わった時には私は本当に気持ちが悪くなって胃がムカムカしていたもの。何度目を逸らしたくなったことか知れない。

私がスペイン語(吹き替え版)を隅から隅まで十分理解できなかったというところにも問題はあるだろうが、映画の進み方に不明瞭な点がいくつかあり、説明が足りないように思った。というのはサンドラも同じように思ったらしい。なぜ殺し屋はあんなにも人を殺すのか、どうして人の居場所をつき止められたのか、など。最後のシーンなんか、この映画のタイトルを思い出させてくれるようなまとめの仕上がりになっていたはずなのに、ポーっとしていたら聞き逃した。

やー、またこれ帰国したらDVDで観てみないといけない・・・とは言ってみるが、この作品は観るかなぁ。(苦笑

《あらすじ》
リオグランデ、テキサスが舞台の80年代前半。ルウェリンは2百万ドルの入ったケースを抱えて逃亡の旅に出る。それが2人からの追跡に遭うことになる。ベテラン保安官は謎の究明に奔走し、狂った殺し屋はルウェリンの命を狙って追いかける・・・
posted by ixel at 23:15| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

Los Crímenes de Oxford - The Oxford Murders

Los Crimenes de Oxford cartel.jpg

Esta noche he visto una peli nueva en el cine con Sandra y Eva y la cual se llama "Los Crímenes de Oxford". Era una peli policiaca y me ha gustado, era muy chula. Cuando vi el cartel de esta peli, estaba puesto muchas fórmulas así que pensaba si iba a tratar las matemáticas y a ser una peli complicada... pero no lo era. A mí me gusta peli como ésta que se trata de algo más real y que hay algo que solucionar y tal. En contra, no me gusta nada de ver dibujos animados (porque esto es para niños) ni una gran aventura (ficción científica) ni 3D ni...bueno, algo así.
Duraba 2 horas, pero para mí ha pasado el tiempo muy rápido. Creo que vuelvo a verla para entender mejor.


<SINOPSIS>
Un joven estudiante de matemáticas argentino (Wood) se traslada a Oxford para completar sus estudios, más precisamente con el profesor Seldom (Hurt). A pesar de la admiración que el estudiante siente por el profesor la relación no comienza bien, ya que los puntos de vista en general no coinciden en lo más mínimo, Hurt, un escéptico total y Wood todo lo contrario. Sin embargo, el destino decide volver a reunirlos, ya que el profesor recibe una carta donde le indican que visite a una vieja amiga, esta anciana resulta ser la casera del estudiante. Cuando ambos llegan a la casa descubren el cadáver de la mujer y ambos deciden investigar que el homicidio...

Los Crímenes de Oxford  (The Oxford Murders)(2008)
actor: Elijah Wood
           John Hurt
           Leonor Watling
           Julie Cox
           Anna Massey
           Alex Cox
           Dominique Pinon
           Jim Carter

Guionista:Álex de La Iglesia, Jorge Guerricaechevarria
Director: Álex de La Iglesia
http://www.clubcultura.com/clubcine/clubcineastas/delaiglesia/oxford/index.htm

***********************************

「オックスフォード連続殺人」という邦題になるであろうこの映画。(なぜなら原作の本がある)今夜はサンドラ、エバと私の3人で観てきた。ついこの間公開になった映画で、エバの仕事仲間が「これはいいよ!」と言って推してくれたのだそうだ。
結果・・・いやぁ面白かった。ジャンルでいうならミステリーといったところか。

映画ポスターを見ての通り、バックに数式がたくさん書いてあるので、数学に関することが扱われてるんだろうなということは分かった。それからオックスフォードということからもすぐに大学を連想させる。専門用語の多い難解な映画にならないことを祈りながら見始めたら、心配するほどでなかったからよかった。数式は出てこないけれど、事件の謎を解く鍵として、数学の図形がいくつか出てくるくらい。事件に大きく関与する主人公と大学教授の2人が、共に数学を専攻する者であるということは前提で。

こういう謎解きのある映画って好きだな〜と思った。アクションと、ミステリーと、時々コメディ。現実離れしているのはどうも好きじゃないな〜って、これ前も言ったか。(笑

<あらすじ>
数学を学ぶ1人のアルゼンチン留学生が (ウッド) オックスフォード大学にやってきた。セルダム教授 (ハート) の講義を受けてみるが、2人の考え方がまるで違うので学生は失望してしまう。しかしある日教授が年配の友人を訪ねていったところ、実は友人とはその学生のホームステイしている家の女主人であり、家先でばったり会った2人は更に家の中で彼女が死んでいるのを発見する。2人はそこに潜む謎を一緒になって解き始めるのだが・・・

《映画情報》
オックスフォード連続殺人 (原題: The Oxford Murders)(2008)
出演: イライジャ・ウッド
           ジョン・ハート
           レオノール・ワトリング
           ジュリー・コックス
           アンナ・マッセー
           アレックス・コックス
           ドミニク・パイノン
           ジム・カーター

脚本: アレックス・デ・ラ・イグレシア、ホルヘ・ゲリカエチェバリア
監督: アレックス・デ・ラ・イグレシア
http://www.clubcultura.com/clubcine/clubcineastas/delaiglesia/oxford/index.htm
posted by ixel at 23:07| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

TORRENTE -El brazo tonto de la ley-

Después de cenar, vi una peli que se llama "TORRENTE". Hace pocos días pusieron esa peli en tele pero no la vi porque no sabía a qué hora empezó exactamente. Entre algunos amigos míos hay opiniones a favor y en contra de ello. Por fin, esta noche entendí lo que ellos querían decir...es que ésta es muy guarra. A veces me han aparecido algunas escenas que me da asco, eso no me ha gustado nada. Sobre todo cuando este tío Torrente sacó grasa del grano en su cara........ayyyyyy dios mío, ¡qué tanto asco sólo el recordarlo!  
Pero a partir de eso, bueno, no me aburría ni me cansaba así que...bien, pero no sé si vuelvo a verla! Si lo hago, eso es para el ejercicio de comprensión oral. Es que ahí toda la gente habla español muy muy coloquial.

<SINOPSIS>
TORRENTE es un policía español fascista, machista, racista, alcohólico... y del Atleti. Este magnífico representante de las fuerzas del orden vive con su padre parapléjico en Madrid, donde desempeña su labor de "defensor" de la justicia. Gracias a su olfato descubre, en su propio barrio, una importante red de narcotraficantes. Con la ayuda de unos amigos muy especiales pondrá en marcha en arriesgado plan para desarticularla...

España, 1998
93 min. aprox.
director: Andrés Vicente Gómez
escrita y dirigida por: Santiago Segura

*******************************************
今夜は夕食後にソファで1人トレンテ(TORRENTE)というスペイン映画を観た。こないだテレビで放送されたらしいが、放送の時間帯を間違えて観られなかったもの。今回は友達がDVDを貸してくれた。
借りる前から、友達の間で賛否両論のあった作品。何でもすごーく下品で卑劣なんだとか。コメディ映画は好きなんだが、はてどれだけ下品なのかと観始めた。

・・・・・。

観てるそばから、目を塞ぎたくなるような場面がいくつか。気持ち悪いのから痛々しいのまで、例えば主人公のトレンテが鏡の前で顔にできたニキビをつぶすシーン。中から脂が飛び出してくるのなんかは、うへぇ、今ここで書いていても気持ち悪さが蘇ってくる。

ということなので、また観たいと思うかは謎。ただスペイン語の聞き取りの練習にならね〜といった感じか。ものすごく話し言葉と、生活感溢れる場面が多い映画だったので、その点は参考に・・・なるかぁ?(笑

《映画情報》
TORRENTE(トレンテ)
スペイン、1998年
93分
監督 アンドレス・ビセンテ・ゴメス
作・演出・主演 サンティアゴ・セグーラ  
posted by ixel at 23:11| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

AMERICAN GANGSTER

毎度お馴染み、サンドラとの映画。映画館が近いっていうのと、チケットが安いっていうのは本当にいいことだ。そして今日は特にそう。なぜなら彼女の友達が映画のタダ券をくれたから。但し券は1人分しかなかったので、2人でチケットの半額を払った。ラッキー♪タダ券の有効期限が今日までということで急いできたから、特にこれが観たいというお目当ての作品もない。いろいろポスターを見たり、上映時間を見て、“AMERICAN GANGSTER”を観ることに決めた。映画を観始めたら、主演がデンゼル・ワシントンだった(爆)。おお、これはいい、好きな役者だと2人で妙に納得。

ストーリーはというと、アメリカの麻薬(ヘロインだったかな)の巨大密売組織のボスVSそれを暴こうとする特別組織の、1960年代に実際にあったお話。特別組織の方にはラッセル・クロウが出ている。最後にはラッセル・クロウ達がこのどデカい密売組織を洗いざらいにして秘密を根こそぎ暴いてしまうから、見ていて気持ちがいい。

近年、私はアクション映画やこういうストーリー性のある映画に傾倒していて、もろにコメディタッチのものやアニメ、それからSF超大作!といった類の映画は苦手で、あまり観る気がしない。DVDで観るならまだしも、あの映画館の大きなスクリーンで映画をどうせ観るなら私は激しいアクションものを観たいと思うね。

さて、こんな年の瀬に映画をゆっくり観られるなんて日本じゃ考えられなかったけど、来年もいい映画にたくさん出逢えますように。
posted by ixel at 23:45| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

Michael Clayton

【Michael Clayton (2007)】

Hoy he ido al cine que está cerca de mi casa con Sandra para ver "Michael Clayton" que sale George Clooney...que es nuestro ídolo!!

Es una película que Michael soluciona un asunto muy difícil. Él es un miembro de un órgano de abogados, pero no lo es exactamente sino es como detective. A mí me gustan las películas policíacas. Ésta también. Pero...

Después de verla, como tenía algunas dudas sobre la peli (porque era complicada), se las pregunté a Sandra, aunque ella no entendía bien tampoco. ¡Madre mía! jajajajaja ... pero bueno, en fin me di cuenta que no entendía NADA de esa peli.
Aaaayayay hostia, tengo que volver a verla en DVD...con subtitulos japoneses!!!

Por cierto a mí me parece que a ella también le encanta George Clooney. Mientras estabamos dirigiéndonos a la casa, lo hablamos y nos alborozamos porque hemos visto a George por la pantalla del cine muuy grande.

Qué guapísimo eres tú, George!!!

http://michaelclayton.warnerbros.com/
******************************************************************

日曜の午後、久しぶりにサンドラと映画館へ。
観たのは2人とも大好きなジョージ・クルーニー主演の「マイケル・クレイトン」。予備情報など何も持ち合わせていなかった2人であるが、ポスターを見ただけでなんだか真面目そうな雰囲気はしていた。とはいえ刑事ものやアクション映画が好きなixelだから問題ない。

おまけに主演がジョージなら喜んで!(ってお前ジョージの何なんだよ)

スペインにいる以上はもちろんスペイン語の吹き替え版で。
日本にいた時は吹き替えなんて有り得ない!というほど、どの映画も字幕で見ていたが、さすがにこちらへ来ると「音声:英語」の「字幕:スペイン語」を2時間も追いかけるのは辛いからだ。そうこうしていると肝心の画を見ないまま時が過ぎていってしまうほど。頭の中は爆発寸前になる。

さて映画終了後。
頭の中がいくつかの「???」で埋まっていたので、サンドラに「ちょっといくつか疑問点があるから訊いていい?」と訊くと『私も分からんかったとこがあるから、ちゃんと答えられるか分からんよ(笑』と。
映画の内容は一通り分かっていたつもりのこの私、結局のところ彼女の話を聞いていたら「私は何も解っていなかった」という結論に至り撃沈。(笑

これは日本に帰ったら、日本語の字幕つきでもう一度見直さなければいけないような気がしている。

てゆーか〜つまる所、
ジョージ・クルーニーのかっちょいいお顔をあんな映画館の大画面スクリーンで観られたからいっか!みたいな。ぐふ。サンドラも同じとのこと。帰り道、「やっぱ彼かっこいいよね〜」という意見で一致したことでキャーキャー盛り上がり、無事家路に着いたのであった。

http://michaelclayton.warnerbros.com/
posted by ixel at 20:40| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

シッチェス国際映画祭‘07

毎年開催されるカタルーニャ地方で有名な映画祭があり、今年もその時期がやってきた!
それがSITGES‘07 festival internacional de cinema de Catalunyaである。Sitges(シッチェス)というのはバルセロナから南へ海岸沿いに30kmほど行ったところにある小さな町。夏にもなると、ビーチにはたくさんの人で賑わう場所なんだとか。残念ながらバルセロナで泳ぎそびれた私、季節もここまで来るともう泳げないね・・・しゅん。まぁ、いい。今日は映画を観にはるばるバルセロナから駆けつけたのだった。サンドラと、彼女の友達のエバ。

後から学校の先生に聞いたのだが、このシッチェス映画祭、上映される作品は全てが「ホラー」らしい。
し、知らんかった・・・。

今夜3人で観たのは、話題作“El Orfanoto”。オルファナトとは「孤児院」のことであり、まさにそれはこの映画の舞台かつ彼女の住む屋敷でもある。主人公であるラウラ(ローラ)が幼少時代に過ごした孤児院を引き取り、知的障害を持った子どもたちを預かる施設を作ろうとするのだが、その場で彼女自身の息子の行方が分からなくなり・・・というストーリー。日本の公開はずっとずっと先だろうと思うので、楽しみを欠かないためにもネタバレは止めることとしよう。しかしホラーを映画館で観たことも無ければテレビで観たことも殆ど無い私がこの映画を薦めたい理由はちゃんとある。皆に言うと決まって「ホラーは怖いから嫌だ、見る気がしない」って言うけれど、作品の展開、構成、テーマの観点から見ると本当に面白い。久しぶりにいい映画を観た。先日観たタランティーノの“Death Proof”はスカッとさせる娯楽のための映画なのに対し、これはもっと芸術性を帯びているというか。1つ言うとすれば、“シックスセンス”に通ずるところがあるかも。映画を観た後に、観客同士で謎解きが始まるのは無理もない。

サンドラと2人、この作品のDVDが出た時には是非買おうと言っている。

・・・が、夜に一人で見る勇気はとても出ない。そんな私の横で「私は全く平気」と言ってみせるサンドラ。ほら、今もこれを書いてる瞬間にいくつかのシーンを思い出したら武者震いがした。

アカデミー賞 外国語映画賞出展作品、オスカーも狙える傑作!
怖くて鳥肌立つけど、観ないと絶対損するぜぃ???

《映画情報》
El Orfanato 紹介ホームページ(スペイン語)
http://www.clubcultura.com/clubcine/clubcineastas/guillermodeltoro/elorfanato/

banner_02.gif
posted by ixel at 23:00| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

SIN RESERVAS

まったり日曜日の午後。
「映画でも観に行こうか」とサンドラが提案してくれて、遅いスペインの昼食をとり、シエスタ(休憩)を30分とったら2人で近くの映画館へ。18:15から“Sin Reservas”という映画を観た。主演はキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。

ちょっとお洒落なレストランで料理長を務める彼女の役どころ。話の途中にもたくさんのクッキングシーンが出てくるが、映画公開前のインタビューをテレビで観ていたら本当はプライベートでは全然料理をしないのだそうだ。なんかショック。

友達の子どもと、そして新しく入ってきた男前のシェフとで変わる彼女の生活。最後のハッピーエンドを見るとほのぼのさせられた。スペイン語も比較的易しく、楽しく観られた。
posted by ixel at 23:21| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

Death proof

今夜は生まれて初めてのタランティーノ作品をサンドラと一緒に映画館で観た。家から歩いて5分足らずで着く、目と鼻の先にあるショッピングモールに映画館はある。水曜は割引の日なので、わずか5.7ユーロで見ることができた(912円相当)。それでもバルセロナはマドリッドよりやや物価が高いなという印象。マドリッドなら割引の日は5ユーロ(800円相当)。

映画のタイトルは“Death Proof”。どんな映画なのか噂も何も聞いたことがなかったが、サンドラは「いい映画だって友達に聞いたよ」という。それなら!ということでつまみのお菓子を買って、いざ!

日本ではいつ公開になるのだろう?ここで書いていいものか、楽しみにしている人もいるかもしれないので敢えて話の詳細は書かないことにする。が、端的に言うと、始めは事故のシーン等あり思わず顔をしかめるようなところもあって恐ろしいと思ったが、最後は大笑いで終わった。タランティーノ本人も登場するのはお馴染みの作風らしいね。知らなかったので、いろいろ彼の映画の撮り方に興味を持った。キル・ビルも途中まで見て最後まで結局観たことがないし、あれからというもの私の頭の中には常にT.M.Revolutionの“White Breath”がグルグル回っていることは言うまでもない。(「♪タランティーノぐらいレンタルしとかなきゃなんて」という歌詞があるwww)
 
“―――聞いただろ、この車は死を試す車なんだよ”(映画本編より)

さて、ここスペインでは映画を観るときは大体吹き替え版が通常。私、本当は字幕スーパー派なのだがここでは吹き替えでいいかなと。以前オーシャンズ13を見たとき字幕版で観たが、音声:英語で字幕:スペイン語という両方とも母国語ではない映画に両方とも私の理解を助けてはくれたものの、字幕を追っていたら肝心の画を見ることが出来なかったという苦い経験が。いい勉強にはなるが、物語が楽しめなくてはね・・・ということでここはスペイン語に集中したい。

banner_02.gif
posted by ixel at 22:00| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

スペインで映画を観る

思い起こせば中学校を卒業したあの春、初めて映画館で映画を見たのは何を隠そう「Mr. Bean」だったが、まさかここスペインでも見ることになろうとは誰が予想しただろうか。

文化や生活習慣の違いから、本当は21時以降に食事をしたくないネモニー・ミチコ・私の3人は、映画の前に夕食を済ませることにした。18時過ぎにグラン・ビア沿いのレストランに到着。わたしはワンプレート料理にプラスしてガンバス・アル・アヒージョ(先週の日記を参照)を頼んでみるも、・・・不発。塩気が足りない。やはり元祖が一番なのだろうか。

⇒押してみて黒ハートbanner_02.gif

続きを読む
posted by ixel at 22:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。