2008年03月02日

Viaje por París 3

Hoy fue domingo, entonces casi todas las tiendas estaban cerradas y Amandine me aconsejó que visitasemos Notre-Dame y Sainte-Chapelle que son iglesias. Me parecía bien.

Esta mañana empezamos a pasear para el jardín de Tuileries...mmm? espera, si no me falla la memoria estabamos allí ayer ya! pero Amandine no sabía que Museo de Louvre y el jardín estaban juntos. Pero bueno, paseamos por el jardín y hicimos algunas fotos también.

Luego cogimos el metro y hasta una crepería(crêperie).
Un crêpe...es lo que quería probar en París. En Japón, hablando de crêpes supongo que la mayoria de japoneses imaginan como dulce, pero aquí hay de todo.

Nosotras pedimos:
·Foie-gras poire caramélisée (Foie con pera caramelizada)
·Roquefort-chèvre-noix (Rocafort-queso de cabra-nuez)
·Jambon-fromage-champignon-oeuf (jamón-queso-champiñón-huevo)
·Chocolat-banane-chantilly (chocolate-banana-nata)

mmm, ¡¡qué bueno todo!! Sobre todo ¡foie! Nunca lo había comido así con crêpe...qué bueno, qué bueno...

Luego fuimos al Notre-Dame y Sainte-Chapelle. Me emocioné mucho cuando subimos arriba de la St. Chapelle que está llena de vidrieras de colores...

En el camino de ir a una heladería, nos encontramos a un artista ambulante francés. Él me cogió mi brazo y me pidió que participase su show. No tenía nada que hacer y sólo estaba de pie, pero como estaba en centro y todos espectadores estaban alrededor de mí, me sentía muy bien. jajaja

Al final, fuimos a la heladería "Maison Berthrillon" que es la más buena en París según mis amigas y los libros para guía trística. Sí que era bueno, la próxima vez quiero probar uno de pistacho!

**********************

日曜日は各種のお店が閉まってしまうので教会等に行こうと提案されたixel。たぶんそれがいい、と今日も張り切って出かける。エロイーズも一緒。

まず腹ごしらえが、念願のクレープ屋!と言っても普通のレストラン、屋台ではない。値段もいっちょ前にする。(笑
日本でクレープと言うと、最近では野菜やサラダを巻いたものも見かけるが、まだまだデザートやおやつといったイメージが強いのではなかろうか。今日頼んで食べたものを書き出してみる。

今日頼んだもの:
・フォワグラ/キャラメルがけ洋ナシのコンポート
・ロカフォートチーズ/ヤギのチーズ/胡桃
・ハム/チーズ/マッシュルーム/卵
・チョコレート/バナナ/生クリーム

最後のチョコバナナは日本でも食べられるが、上記3つはやはり本場ならではの感じがする。クレープの皮も、デザート用の小麦粉ではなく、違う粉を使用しているようだ。小麦粉なのだろうけど、色が黒い。
ところでフォアグラと洋ナシのコンビは絶妙だった。初めてクレープという形でフォアグラを食べたが、美味しいなぁ。

そこからかの有名なノートルダム寺院とサント・シャペル教会へ。後者のことはよく知らなかったが、入ってみて驚いた。2階に上がると礼拝堂があるが、そこのステンドグラスと言ったら・・・!!!圧巻。周りをぐるりと囲むかのように施されたステンドグラス、どの観光客もうっとりして、用意された椅子に腰掛けて心行くまで眺めているようだった。

ノートルダム寺院とサント・シャペル教会は付け加えれば、セーヌ川に浮かぶ1つの島にある。なのでそこから橋を渡って別の島にある有名なアイスクリーム屋に行こうとしていた私たち。

大道芸人にひっかかった。
気がつくと、私はたくさんの人だかりの中心にいた。
ちょっと気持ちいい。

「ixelはそこにいてーーーーーーーーーー!!!」
という、フランス語訛り100%の英語を話すスキンヘッドの愉快なおじちゃんに言われるまま、ただ突っ立っていただけなんだけど。それからおじちゃんは自転車の曲芸を見せてくれた。アクロバティックな乗り方をして、皆「おおお〜」って言っていたな。最後に一緒に記念撮影をして我々はその場を去った。

本日の最後はアイスクリーム屋「メソン ベルトゥリヨン」。ガイドブックによるとパリで一番美味しいアイスクリーム屋らしい。おすすめは何か?と尋ねたら、「カシス」と。他にもいくつか挙げられたが、カシスはこの店が初めて作った種類のアイスクリームだったからということで頼んでみた。味が濃厚だ、なるほど旨い。でーも、今度行ったときはピスタチオ味を頼もうと心に決めているixel、なぜなら?味見したエロイーズのアイスの方がずっとずっと美味しかったから!(笑
posted by ixel at 20:00| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | viajes/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

Viaje por París 2

Me desperté a las 7:30 de la mañana con la visita de un revisor para devolvernos el billete.
El tren llegó a la estación de Austerlitz (París) a las 8:48 y al bajar del tren, ya estaba una amiga mia parisina...Amandine.

Es mi amiga a la que conocí en Madrid con la que yo vivía en la misma habitación durante 2 semanas en el principio del abril del año pasado. Llevabamos casi 11 meses sin vernos pero casi siempre hablabamos por messenger aunque estemos separadas. Tiene 16 años, es mucho más menor que yo. y además hay una cosa que tengo que apuntar para aclarar cómo podíamos mantener la relación tan fuerte entre ella y yo... La cosa inolvidable acerca de ella es que está loca con los "Johnnys" (los chicos japoneses que son cantantes y actores). Es una pasada que una francesa ve y sabe muchas más telenovelas japonesas más que yo... es que a veces no puedo contestar sus cuestiones ya que son muy maniáticas, ja ja ja.

Hoy fui a Museo de Louvre (Musée du Louvre) con Amandine y su amiga Héloïse que está muy conocido por lo donde está Mona Lisa de Leonardo da Vinci y la Venús de Milo, etc. Este museo es demasiado grande así que hay que elegir las obras que quieres ver porque sino luego te cansa mucho.

He visto los dos que he apuntado arriba, pero perdí ver otras pinturas fablosas...por ejemplo "La Libertad guiando al pueblo" (La Liberté guidant le peuple) pintada por Delacroix...Ahh!! Quería verlaaaaaa, es que no sabía que estaba aquí! Me daba mucha rabia.

Luego paseabamos por el jardín de Tuileries, plaza de Concorde donde había ejecución por guillotina, avda.Champs-Elysées y hasta el Arco de Triumfo. Por supuesto cantamos "LES CHAMPS-ELYSÉES" andando y comiendo helado de Häagen-Dazs!!
¡¡¡¡¡Aux Cahmps-Elysées!!!!!

Je me baladais sur l'avenue, le cœur ouvert à l'inconnu
J'avais envie de dire bonjour à n'importe qui
N'importe qui, et ce fut toi; je t'ai dit n'importe quoi
Il suffisait de te parler pour t'apprivoiser

Aux Champs-Elysées, aux Champs-Elysées
Au soleil, sous la pluie, à midi ou à minuit
Il y a tout ce que vous voulez aux Champs-Elysées


***********************

さて定刻通り8:48にパリはアウステルリッツ駅についた寝台車。列車を降りるや否やすぐに目の前に現れたのが、私のたった16歳の友達アマンディーヌであった。4月に2週間のみ、マリパスの家で一緒に過ごしたと言うだけで、ここまで連絡を取り合い、しかもパリで再会できるとは思わなかった。それもこれも、彼女が狂うほどに愛を注ぐ日本の「ジャニーズ」がいたからこそだろう。「知ってた?マドリッドでの1番の思い出と言ったらixelだったのよ」と言ってくれるのは嬉しいが、それもジャニーズネタが収集できたり、日本語が学べたりしたからじゃないか?はっきり言って一緒に出かけたこと1度しかなかったぞ・・・と独り毒づく25歳。まぁいい、相手はまだ10代の女の子だ。

午前中は彼女の家でゆっくり。これから始まる1週間のプランを練ったりした。そして昼には彼女の友達のエロイーズも合流。彼女もまた、日本人のコギャルを目指したメイクをして、白のショートパンツ、黒タイツにルーズソックスを合わせるというスタイルで登場するもんだからビックリした。でも似合っていて可愛い。

午後はルーブル美術館へ。モナ・リザやミロのヴィーナスが展示されている大きな大きな美術館であることで知られる。その展示数といったら計り知れないので、大体の目的と目安をつけて回らないと、後でヒーヒー言うことになるということが分かった、というか分かっていた。結果大体見たのだが、後になってフランス絵画の大作の並ぶ廊下に行き忘れたことに気づき、ドラクロワ作の「民衆を導く自由の女神」を見忘れた。これはかーなーりショックである。美術館を出てからこのことを言うと「明日戻りたい?」と訊かれたが、オイオイ。君達はタダで入れるのかもしれんが、私は9ユーロ払ってるんだから!頼むよ!

その後は美術館を出て散歩。美術館脇にあるテュイルリー庭園(これがフランス語で言うとめちゃくちゃ難しい)を抜けて、コンコルド広場。ここはかつて見せしめのギロチン処刑があったことで知られる。そこから地下鉄に乗り、凱旋門の近くまで。シャンゼリゼ通りにあるハーゲンダッツでアイスクリームを買い、歩きながら食べた。自然と口ずさまれたのが、言わずもがなの「オーシャンゼリゼ」。3人で歌うと何とも愉快!意味が分からないままフランス語の歌詞を覚えていた私。こういうところで役に立ったかな、なんて。

ところでパリの凱旋門、やっぱりデカかった。
バルセロナの茶色の凱旋門よりずっと太く、高かった。すげー。
posted by ixel at 20:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | viajes/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

Viaje por París 1

El día 29 de febrero.
Hoy ha sido el último día de mi práctica. Mucho más antes mi jefa me dijo que me invitaría a comer, pero era imposible para hacerlo hoy ya que era el día final de mes y por el tema de contabilidad.
Cuando salí de la empresa, ya eran las 5 de la tarde. Pf!

y hoy tuve otra cosa que hacer especialmente!
"IR A PARÍS EN TREN"

He comprado un billete de coche cama (trenhotel) Barcelona-París y la ida para las 21.05h del día mismo.

Resultó que por poco perdí el tren! Ohhh qué susto!
Lo que pasa es que fui hasta la estación de França (Francia en catalán) en bici del BICING y las estaciones de él, las que están justo delante de la de França no me dejaron aparcar la bici! Se me estaba acercando la hora de marchar el tren pero no pude dejarla ya que luego me cobraría y pensaba ¡¡QUÉ HAGO!! En este momento también vino otro hombre con bici e intentó aparcarla pero le dije que "no" y yo hablé de mi situación y me acompañó hasta otra estación y fui corriendo al andén.

En el andén no había ningún pasajero y sólo unos revisores, me dijeron que habría tenido que llegar más temprano y era muy tarde. Claro, tenía razón porque el tren salió cuando me senté en mi asiento!!

En el cuarto (dormitorio) del vagón donde estaba, había 2 chicas que eran de Jaenm de Andalucía y luego vino otra mujer que no sé de dónde era. Sobre todo con chicas andaluzas hablé varias cosas y era divertido. Aún ahora no me puedo olvidar sus caras sorprendidas cuando me declaré de lo que era japonesa ya que según ellas yo hablaba castellano perfectamente. jiji, tomaaaaaa!

Me acosté a las 23h, para mí era temprano pero bueno, era muy sano, no?

"Al despertame, ya estaré en París..."
Pensando cosas que iba a hacer en París con amigas, el corazón me palpitaba de emoción.

*******************

インターンシップ最終日。
以前マリパスに「最終日には食事に連れて行ってあげるからね」と言われていたが、「できっこない」と知った今日。会社の支出入にまつわる経理なんて担当していたら、定時に帰るなんて無理だった。行政書士に渡さなければならない請求書や銀行からの明細書等を全てコピーして封筒に入れていたら時計はとっくに5時になっていた。最後の最後までこんなに働いて。タダ働きじゃなかったら、いっぱいお金もらえてたなぁ。

時計を気にしながら働いていたのにはわけがある。
最終日の今日29日の夜、バルセロナを発って行きたい場所があった。

それは、パリ。

飛行機のチケットがネットの不具合でカードを受け付けてくれず、仕方なしに寝台車で行くことに。夜の列車の旅も悪くない。時間が有効に使えるし、ということで21:05発の列車に乗るべく、バルセロナのフランサ(フランス)駅へ。

しかしここで問題発生。
フランサ駅前にある2箇所の駐輪場が、自転車を返させてくれない!どういうこっちゃ!そのうちに列車の出発時刻は迫るわ、でも自転車はそのままにはできないし、あーどうしよう!そうこうしていると、もう1人自転車に乗ったおじちゃんが自転車を留めようとやってきた。
ixel「ダメだよ、どこも動かないの」
おじちゃん「あ、そうなの?」
ixel「わ〜どうしよう、電車に乗らなきゃいけないのに」
おじちゃん「何時発だい?」
ixel「21時5分、もう時間がないの」
おじちゃん「あれま、じゃついてきて!他の駐輪場へ行こう」
・・・この時点で時計は既に9時。しかしおじちゃんがいてくれてよかった。おじちゃんの先導なしでは近くの駐輪場に辿り着けなかっただろう。感謝。そこから猛烈ダッシュで駅のホームまで駆け込んだことは言うまでもない。
・・・しかし私も足が遅くなったこと。力を出しても前に全然進めない!(泣

ホームに行けば、乗客が誰もおらず、全員乗り込んだ後だった。車掌さんがちらほらいるだけで、急いで切符を見せると「もっと早く来なきゃダメだよー、ギリギリは危ないよ」と言われる。自転車のトラブルがなかったらもう少しだけ早く来れたもんと思いながらも、列車に乗り込むまで、いや乗り込んでからも息が切れてしばらくはハァハァ言っていた。
私が席を見つけて、座り込んだ途端に動き出した列車。セーフ!

額から汗が流れる。

そして私を覗き込むようにして見つめる相席のスペイン人の女の子たち2人。

「危なかったね」
「ギリギリじゃなかった?」
「私たち言ってたんだよ、あ、まだ来る人がいる、ひょっとしてうちらの所に来たりして?席も空いてるし・・・なんて、そしたら本当だった」

そこから1時間くらいずっと話しただろうか。アンダルシア地方のハエン出身という彼女達も、この週末を利用してパリを旅するのだという。旅の途中で初めて会う人と話すというのもなかなか楽しいものだ。特に私が日本人であることを話すと、2人とも口を開けたまま数秒固まっていたのは笑えた。「な、なななななんですってー?スペイン人だと思ってた!!」だって。これもスペイン人ぽく話せしていたことの証、嬉しくなった。

23時くらいには就寝。いつもの私なら有り得ないほど早いが、健康的でいいではないか。

明日起きたらもうそこはパリ!と思うと、ワクワクした。
初めてのパリ。どんなところなんだろう。
posted by ixel at 23:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | viajes/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

Richar & Arnau selection

Hoy apunto unas canciones españoles chulas según amigos míos: Richar y Arnau.
Como tengo iPod luego procuro ponerlas en él. jiji

PAULINA RUBIO
 -Ni una sola palabra

BEBE

MANOLO ESCOBAR
 -Mi carro
 -Viva España

ALEJANDRO SANZ
 -Corazón partido

EL BARRIO

LOS REBUJITOS

LOS DELINQÜENTES

 -La primavera trompeta
 -El aire de la calle
 -A la luz del lorenzo
 -Nube de pegatina
 -Trabubulandia
 -Después

FITO & FITIPALDIS
 -Por la boca vive el pez
 -Acabo de llegar

G5

 -Perdio

FREDDIE MERCURY / MONSERRAT CABALLÉ
 -Barcelona

PERET
 -Barcelona

MUCHACHITO

 -Ojalá no te hubiera conocido

LOS MANOLOS
 -Amigos para siempre

MIGUEL BOSÉ
 -Morena mía
 -Amante bandido

FARY

David Bisbal

 -Bulería
 -Ave María

LOS CHICHOS

 -Son ilusiones

ROCIO JURADO
 -Soy de España
 -Como una ola

SEGURIDAD SOCIAL
 -Chiquilla

EL CANTO DEL LOCO
 -Besos

JARABE DE PALO

ESTOPA
 -Fui a la orilla del río


Sobretodo las 2 canciones de BARCELONA (de Freddir Mercury/Monserrat Caballé y de Peret) a mí me han hecho una pegadiza y me gustan mucho. Cantaré cuando me acuerde de mi ciudad hermosa: Barcelona.

********************************

リチャールとアルナウが薦めてくれた、スペインポップス、ルンバの数々。
滞在中によく聴いていた音楽を集めてみようと思って、彼らに訊いてみたのだ。

中でもバルセロナのことを歌った2曲は私の大のお気に入り。
Queenのボーカル、フレディ・マーキュリーとバルセロナ出身のオペラ歌手モンセラット・カバジェが歌った「バルセロナ」(1988)はとびきり思い入れがある。私が小学校の運動会の組立体操で先生がBGMで流したもの。あの頃から好きだったが、歌手名も曲名も知らず、ただ92年バルセロナオリンピックの公式ソングというだけでここまで記憶を保っていたものだ。手元に曲がある今でも運動会のことが断片的に思い出される。

Peretの「バルセロナ」は、2007-8年の年越しディスコテカで初めて耳にした歌。ノリがよく、おまけにバルセロナを歌っているので私も一緒に歌いたくて悔しい思いをした。リチャール、チャビ、エドガーが胸を広げ「バルセローナー!」と叫んでいる姿が脳裏に焼きついている。バルセロナの有名な通りの名前、観光名所が歌詞の中に出てくるので、知っている人にとったらとても面白い。

2008年02月17日

No es país para viejos

"No es pais para viejos" ... es una novela por Cormac McCarthy.
Esta noche vi esta peli con Sandra la cual es nominada a los Oscar en 8 secciones distintas y es famosa por el personaje de Javier Bardem, que logró el Oscar al mejor actor secundario ( y es la primera vez que un actor español lo consigue).

Pues... aunque sea una peli muy buen hecha, no me gustó mucho porque era llena de sangre y asesinato. Había muchas escenas que no quise ver y cuando se acabó la peli, ya tenía náuseas de verdad.

Siempre hablo con Sandra después de ver peli para aclarar el contenido, y esta vez resulta que nos faltaba información. No nos hemos enterado nada por qué el asesino psicópata (Javier Bardem) siguió matando a la tanta gente, ni por qué podía conseguir encontrar a Llewelyn aunque no tuviera detector y ni de dónde salió este tío de todos modos. Además creemos que el final, la escena que apareció Sheriff y contó sobre 2 sueños que había visto tiene una clave de esta película pero tampoco entendimos muy bien.

Ya tenemos muchas pelis pendientes que hay que volver a ver.
Se nota, no? jajajajaja

Sinopsis
Río Grande, Texas, principios de la década de los ochenta. Llewelyn Loss decide quedarse con una maleta llena de 2 millones de dólares y muchos problemas. Será el inicio de una cuenta persecución a dos bandas. Un Sheriff crepuscular tratará de hacerle entrar en razón y un asesino psicópata, matarle. La ley quedará superada por la ambición y la brutalidad.

****************************

「ノーカントリー」(原題 "No Country for Old Men")を観てきた。「ノーカントリー」と言われるとなんか響きがカッコイイが、スペイン語の題も原題をそっくりそのままスペイン語に置き換えただけだったので、あらすじも何も知らなかったサンドラと私にはどんな内容の映画なのかさっぱりイメージできなかった。年寄りには国がないってどういうこっちゃ!?といった具合に。
この映画、今年度の第80回アカデミー賞で8部門にノミネート、そこから助演男優賞(ハビエル・バルデムというスペイン人俳優)、監督賞、作品賞、脚本賞の計4部門での受賞という快挙を遂げた本作品、見ている間にじわじわと襲ってくるスリルが何とも言えない、が、はっきり言ってどんなにいい作品だと批評家が言おうが私やサンドラにとってはあまり観ていて気分のいい映画だとは思えなかった。そりゃあスリラー・サスペンスだからねと言われればおしまいなのだが、血と殺人がいっぱいのこの映画、観終わった時には私は本当に気持ちが悪くなって胃がムカムカしていたもの。何度目を逸らしたくなったことか知れない。

私がスペイン語(吹き替え版)を隅から隅まで十分理解できなかったというところにも問題はあるだろうが、映画の進み方に不明瞭な点がいくつかあり、説明が足りないように思った。というのはサンドラも同じように思ったらしい。なぜ殺し屋はあんなにも人を殺すのか、どうして人の居場所をつき止められたのか、など。最後のシーンなんか、この映画のタイトルを思い出させてくれるようなまとめの仕上がりになっていたはずなのに、ポーっとしていたら聞き逃した。

やー、またこれ帰国したらDVDで観てみないといけない・・・とは言ってみるが、この作品は観るかなぁ。(苦笑

《あらすじ》
リオグランデ、テキサスが舞台の80年代前半。ルウェリンは2百万ドルの入ったケースを抱えて逃亡の旅に出る。それが2人からの追跡に遭うことになる。ベテラン保安官は謎の究明に奔走し、狂った殺し屋はルウェリンの命を狙って追いかける・・・
posted by ixel at 23:15| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

orígens 99,9%

Han venido Hidemi a Bcn otra vez!!!
Como ella me pidió que le recomendara algún restaurante favorito, la llevé a un restaurante que me gusta...junto con su madre y  su tía. Lo donde fuimos era "orígens 99,9%", ahora ya hay algunos de franquicia ya que tiene éxito...me imagino, se puede encontrarlos en varios sitios en BCN. Antes fui a otro donde estaba en la calle Enric Granados (cerca de Universitat) pero hoy fuimos en el barrio Born.

En este restaurante, todos los platos que nos ofrece son de la comida catalana así que creo que será muy útil y apropiado venir aquí cuando se necesita invitar alguien quien no es de BCN a comer.

Ellas me dejaron pedir los platos ya que no sabían castellano ni sabían cómo era la comida catalana.
Yo pedí...
· Pan com tomate
· Embutidos catalanes
· Ensalada de membrillo con queso y anchoas
· Cebolla rellena
· Bacalao con manzanas
· Rape al ajo quemado
· Pulpitos con cebolla y tomate
que son para cenar y 
· crema catalana
· Limón y avellana
· Queso con frutos de los Pirineos
que son como postre.

Me alegraba mucho de que todas se comieran todo y me dijeran que estaba muy contentas y les gustó mucho la cena.
Sí...a mí también me encantó. Para cocinar y reproducir los platos por mi misma, antes de volver a Japón tengo que aprender cómo se hacen!

orígens 99,9%
Passeig del Born, 4
tel: 93 295 66 90

Enric Granados, 9
tel: 93 453 11 20

Vidrieria, 6-8
tel: 93 310 75 31

Ramon i Cajal, 12
tel: 93 213 60 31

*******************************

今夜はヒデミさんとその母親、叔母さまをお連れしてorígens 99,9%へ行ってきた。はるばる日本からスペインへ旅行をしにやってきたお二方と、そしてマドリッド在住のヒデミさんと20:30にカテドラル近くのJaume I駅で待ち合わせ。ヒデミさんとは3ヶ月ぶりの再会となった。元気そうで何より。

「orígens 99,9%」というレストランは私のオススメだが、今回強く行きたいと願ったのは実はヒデミさん。前回ヒデミさんがバルセロナを訪れた際連れて行ったのをよく覚えていて、母親たちにも食べさせてあげたいということで行ったのだった。しかし今回は別店舗。人気を博したこの店も、今ではチェーン店としての展開を図っているようでバルセロナ市内に数店確認している。

この日の夕方実は予約をしたくて電話したところ「当店では予約を承っておりません」と言われてしまい、まさかの予約不可。週末は混むと見て早めに行ったつもりだったが、そこは外国人観光客。スペイン人の夕食時間と違うので、21時の時点で普通に満席だった・・・(スペイン人はもう少しだけ食事時間が遅い)ということで店の前で名前を書いて、30分間近くを散歩。港まで歩いて、泊まっているヨットたちを眺めつつ磯の香りを嗅いだらレストランへ戻った。磯の香りを嗅ぐことはマドリッドじゃできないからね。(笑

さてカタルーニャ料理を満喫してもらおうと、選んだ品は次の通り。
· Pan com tomate(パン・コン・トマテ)
→先日の日記を参照のこと。
· Embutidos catalanes
→カタルーニャ地方特産のハムやソーセージ盛り合わせ。フエット(fuet)はixel一押し。
· Ensalada de membrillo con queso y anchoas
→マルメロ(セイヨウカリン)ゼリーのサラダ チーズとアンチョビ添え。
マルメロのゼリーは単品で食べる気にはなれないけれど、サラダでこうして食べる分にはなかなかいける。
· Cebolla rellena
→玉ねぎの詰めもの。玉ねぎの中をくり貫いて、肉と野菜が詰められた煮込み料理。
· Bacalao con manzanas
→鱈のリンゴソース煮!?。これは訳すのが苦しい!リンゴのコンポートを用い、くるみ、松の実と干しぶどうを合わせた甘いソースで頂く。鱈はこの地方で最もよく食べられている魚。
· Rape al ajo quemado
→アンコウの焦がしにんにく煮!?もう訳分からんくなってきた。とりあえず美味しいとだけ言っておく。(笑
· Pulpitos con cebolla y tomate
→イイダコの玉ねぎとトマト煮。

ここまでがメイン。デザートには、
 
· crema catalana
→言わずと知れた名物「クレマ・カタラーナ」。クリームの上には焦がしキャラメルがのる。
· Limón y avellana
→レモンの酸味がきいたムース。中にはヘーゼルナッツのプラリネクリームとケーキが。
· Queso con frutos de los Pirineos
→ピレネー産フルーツを使ったチーズケーキ。レアのふるふるチーズケーキに涙が出そうになった!

ま〜ヤバイに。(笑
メニュー見ただけで、食べたい!と思った人は是非バルセロナにどうぞ。
1品ずつの値段も4〜5ユーロという手ごろさが本当にありがたい。これは見逃すな!
posted by ixel at 23:04| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

3年前の思い出、再び -La Esquinica-

仕事が終わり、自転車にまたがると、途中ばったりアルナウに遇ったりしながら1時間近くかけて帰宅。19:30からはアルナウの家に行き、リチャール、チャビとも合流して一緒に任天堂のwii(ウィー)で遊んだ。スペインでもプレステやwiiは大人気。ファミコンとスーファミしか家にない私は「ixelはどのゲーム機持ってる〜?」と訊かれて返す言葉がない。そもそもスーファミはスペインにも上陸したのかも謎。(苦笑)あぁマリオカートよ永遠なれ。あれくらい私のやり込んだゲームは後にも先にもない。

“wii sports”で遊んだ。
テニス、野球、ボーリング、ゴルフ、ボクシングとあるメニューの中から選択、コントローラーを振って実際に体を動かしながらゲームを楽しむというものである。テニスではうまくいかず、リチャール・チャビペアに連敗を喫してしまったアルナウ・ixelペアだったが、ボクシングでは何と私、3人の男性を抜いて優勝してしまった。
みんな!KOになるまでボッコボコに殴ってしまってごめん!(笑

その後、21時過ぎになってベロ(ベロニカ)の家まで車で出向いて彼女を迎え、皆で食事に行った。その行った先のバルというのが“La Esquinica”(ラ・エスキニカ)、こここそが3年前にリチャール・アルナウ・マノロ、それから日本から一緒に大学の卒業旅行に来ていたみき・いくみ・まゆみと食事したあの思い出深いバルだった。そう、辿り着きたくても行けなかった名店。なぜならバルの場所がどこだったかさっぱり記憶になかったから。そして苦い思い出と共にあの頃のことはリチャール・アルナウと私と双方がよく覚えている・・・。

時は遡ること3年前の2月。

彼らに連れられて、この“ラ・エスキニカ”でおいしいスペイン料理をたらふく食べた私達日本人の女の子4人。食事と共に「クララ」というビール+レモンジュースの飲み物を豪快に飲んだのであった。中ジョッキまではないにしても、およそそれくらいの高さはある細めのジョッキに並々と注がれたクララを飲み干しバルを出た私達。その後地下鉄に乗って、ディアゴナルまで。グラシア通りの端からずーっとウィンドウショッピングをしながら歩き、その後ランブラスを通り、港まで歩く予定だった。

が、途中激しく私達に襲ってきたもの。

(ねぇ・・・トイレ行きたくない?)ボソ

誰かが言い出した。

(うそっ、実はわたしも)
(わたしも行きたい)
(わたしも実はそう)
(ねぇ、どうする?)
(でもトイレってどこに行くの?)
(彼らに言わなきゃ)
(誰が言うの)
(ixel言ってよ、友達なんだから)
コソコソコソコソ・・・

推定500mlのクララを飲み干したわたし達全員がトイレに行きたくなり、実は観光どころではなかったのだ。「ほら、ここにカンペールの店があるよ。中に入って見てみる?」という親切なリチャールらに誘われるように中へ入るも、誰も見る気がしない・・・というかあまりの尿意に見られない!!!(爆

わーーーーーrg;psk:p;l。おいyじゅgtrdうぇgrfghcjv7たgryひh:えp!!!!!

・・・日本人はこういうところがモジモジしてて、内気で、思ったことをすぐ言えないのよね。それが美徳なのだろうけど。

で結末としては、我慢できなくなったので、「あのね、実はね、私達トイレに行きたいの」と思い切って言って、近くの喫茶店のトイレに皆で駆け込んだ・・・というものなんだけど。
あー恥ずかしい。

あの頃のことを「トイレなんてのはさ、誰だって行くものなんだから別に恥ずかしがったり隠したりすることなんか全然ないんだよ。おぅちょっと小便行ってくる!それでいいじゃん」とリチャールが笑って振り返る。今じゃすっかり笑い話だ。

そんなクララが引き起こしたトイレ駆け込み事件。(笑

私は今夜もそのクララにわざと逢うことにした。
悲劇は二度も繰り返されることなく、ゆったりと店を出られてよかったよかった。
しかしあれからもう3年も経ってしまったのかと思うと、本当に時の経つのは早いものである。店の場所は分からなかったけれど、店内の雰囲気はちゃんと覚えていた。それは、どこに座って食事したかまで。店の前に立ってからというもの、全てが懐かしく感じられた。

la esquinica1

▲実は隠れた名店。夜になると外にこんなにも人が集まり、行列を作って待つほど。
客は整理券を取って、番号で呼ばれる

clara
▲問題のクララ


tapas de la esquinica

今夜食べたものリスト。
(写真奥から)
-爆弾に見立てたポテトコロッケ(bomba)
-コウイカのガーリック炒め(sepia)
-ホタルイカのフライ(chipirones)
-ピーマンのグリル(pimiento de Padrón)
-タコのガリシア風(pulpo a la gallega)
-じゃがいものフライ にんにくソース(patatas bravas)
-コウイカのフリッター(choco)
写真にはないが、他にも
-ホタルイカのガーリック炒め(pulpitos)

どれも美味しかったが、結局はパンとピーマンとじゃがいもと、イカとタコしか食べてないんだよな。(笑
スペインもイカについては日本と同様いろんな種類があり、調理法もバラエティに富んでいるから面白い。

日本に帰る前に一度来たいと思っていたので、その夢が叶ってよかった。
道ももう覚えたし、また来られると思うと嬉しい。

la esquinica2

La Esquinica
Passeig de Fabra i Puig, 296
08031 Barcelona
tel. 93 358 25 19
posted by ixel at 23:45| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

トマトパン -Pan con tomate-

やっと家の近所にあるバルセロナの公共自転車サービスの駐輪場が機能しだしたので、港から1時間ほどかけて地下鉄を一切使わずに家まで帰ってこられるようになった。やっほーい!

帰ってくるとだいたい3時半。汗もいっぱいかいて、お腹もペコペコなのでいつにも増して食欲旺盛な私。自転車を駐輪場に預けて、途中にあるパン屋に寄り道。フランスパンを1本買って小脇に抱えて帰る。こういうの、実はやってみたかったんだよね。

で、今日の食事のは数日前から作っていたレンズ豆の煮込みと、トマトパン。トマトパン・・・って勝手に言っているけれど、本当はフランスパンにトマトを擦り付けた、こちらカタルーニャ地方に伝わる独特の食べ方「パン・コン・トマテ(pan con tomate)」である。こないだはレンズ豆の調理法を紹介したので、今回はこのパン・コン・トマテについて記しておく。めちゃくちゃ簡単なので、誰でもすぐにできるよ!

pan con tomate

《pan con tomate》
材料
フランスパン、トマト、にんにく、塩、オリーブオイル
手順
1. フランスパンを水平方向に半分に切る
2. 軽く切り口をフライパンで焼いて焦げ目をつける(にんにくを塗りやすくするため)
3. にんにくは1かけを真ん中で切り、切った面をパンに擦り付ける
4. トマトも水平方向に半分に切り、パンに擦り付ける
5. 塩をふり、最後にオリーブオイルをかけてできあがり


カタルーニャ料理!と聞いて真っ先に思い出されるほど有名なこの食べ方だが、思ったほど古くから伝わるものかと言えばそうではない。スペイン内戦後の貧しく何もなかった時代だからおよそ今から70年前(もうこんなに経つのか!?)、日がたって硬くなって食べられなくなったパンをどうやって食べようかと考えた末に広がったのがこの食べ方なのだそうだ。トマトを塗って少しでも柔らかくしようと試みた、質素倹約なあの時代のスペイン人の発明が今のスペインにも食文化として残っているというわけだ。

○●おまけ●○
自分で作ったレンズ豆の煮込み。作り方は以前の日記参照のこと。
色はグロいが(トマトとオリーブ油によるもの)見た目からは想像できないほど美味しくできた。へへへ
lentejas por ixel
posted by ixel at 16:39| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

pobrecitos índices

A veces soy distraída, por eso ahora tengo los dos dedos índices que tienen heridas. ¡Ayyy pobrecitos!

indice derechoEn esta foto aparece mi dedo índice de la mano derecha.
Perforadora me pilló mi dedo (saltó un muelle de repente) y ahora queda una ampolla de sangre...



indice izquierdoEsto es mi otro dedo índice, o sea que es de la mano izquierda.
Hace pocos días empezó a romperse la uña y se ve la carne que estaba pegada a ésa, oh oh oh

Resulta que me duelen las dos partes y a mí me molestan muchooooooooooooooooo
Es que imagínate cuando me lavo las manos, me escuecen las puntas de aquellos dos dedos!!

Ayyy me duele me duele me duartñ`&crqetwrsytroedil;w$)(/%$R¿?nj]@lfjokjkl€!!!
¡Dios míoooooooooooooooooo!

**************************

私の指、今えらいことになっている。

右手の人差し指の腹には、米粒ほどの血豆。
仕事中に、穴あけパンチのばねに指を挟んでしまったの。
今でも触るとジンジンする。

左手の人差し指の爪は割れて、はがれかけ。
しかも肉がまだついているところからめくれているので、爪がいつもぷらんぷらんしている。
指の腹の裏、つまり爪の内側が見える状態 で、これが何かと物に引っかかり、その都度顔が歪む。
切ってしまいたい気もするが、爪切りをあてがうと爪切りを入れる分だけ外に爪が引っ張られるので、そのままにするしかなく。

とかく人差し指は一番よく使うこともあってか、怪我をすることが多いんだよね。
手を洗う時なんか傷が沁みてもーーーーーーーう痛いのなんのって!
みんなも気をつけや〜ね〜 ってこんなにたいそうな怪我するのは私くらいなもんか!?(笑
posted by ixel at 17:42| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

親友の嘘

月曜の夜のこと。
何人かで飲みに出かけていたのだが、そんな時クラウディオの元に1件の着信携帯電話があった。
横でそれを聞いていた私、すると事態はなんだか雲行きが怪しく、いつしか彼は真顔で話し出した。

「えっ、マジで?」
「で、大丈夫なの?」
「何してんだよ!」
「今どこ?病院?」

そのうち「手首を切っただなんて、お前どうかしてるよ!」なんて言い出すから、
えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)って。

電話の口を押さえてクラウディオがこそっと私に伝える。
・・・電話の相手はロイだと言った。
ロイなら私も知っている。クラウディオの1年来のバルセロナ人の親友だ。
その彼が手首を切って、病院へ担ぎ込まれたと言うのだ。

電話を切った後、クラウディオは
「ごめん、ちょっと抜けるわ。病院へ行かなきゃいけない。手首を切っただなんてバカなことして。たぶん彼女に振られたんだな・・・」と言うと、ジャケットを羽織って颯爽と店の外へ出て行った。

友人の緊急の呼び出しに、自分のことは放っておいてでも相手のために飛び出せる関係っていいよなぁ。
以前クラウディオは「ロイのためならどんなことがあっても、真夜中であっても駆けつける。それくらいあいつはいい奴なんだよ」と私に教えてくれていた。たかだか1年の知り合いとはいえ、そこまで大事に思える人に出会えたということそのものがもう宝だよなぁと思っていた。
そのロイが手首を切って今病院にいる・・・

去り際「ほんとごめんね、急に抜け出すことになって。ほんとごめん」とクラウディオは何度か謝ったが、「そんなの気にしないで。ロイとあなたは親友なのを知ってるから、さぁ行ってあげて!」と送り出した。どうかロイが無事でありますように!と祈りながら。

で、その後も他の仲間と店にいたixel。

30分後くらい?

あれ?

クラウディオが戻ってきた。

あれ?
あれ?
あれ?

どったの?

訊いたら。

「手首切ったっていうのはだった」

だって。

exclamationexclamationexclamationexclamationexclamation

なんだ〜嘘かよ〜〜〜!!!

ホッとしたのと同時に、私にこみ上げてきたのは怒り。こんな夜中に人を呼び出しといて、驚かすようなこと言って、それで嘘と。私は動いてないし、電話がかかってきたのはクラウディオだし、関係ないといえば関係ないが、クラウディオに至ってはタクシーに飛び乗って病院への道を急いでいた時にもう一度電話したら「嘘だよ」と言われたんだとか。「5ユーロも払ったってーの!」って。

別の場所で飲んでいたロイが酔っ払ったものだから、それで電話で嘘なんかついたらしい。正気じゃないだけ許せるが、これが私の友達だったらちょ〜っと怒っちゃうよ?

本当に本当に困っていて私を必要としている人になら、深夜だろうと迷わず駆けつけるつもりでいるけれど、嘘だけは勘弁だな。

日本人である私の方が、こういうところ頭が固いような気がした。バカな冗談を許せないというか、冗談として受け止められないというか。真面目だからかな。度々そんな印象を受ける。

ま、クラウディオは今後もロイと仲良くやっていくんだろうと思うからいいんだけど。
posted by ixel at 18:34| パリ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。