2008年01月18日

drogas en España

Friday's night has come!!!
(¡Qué rápido pasa el tiempo, ya ha venido viernes!)
Como estuve sola en casa aunque fuese viernes por la tarde, así que salí de fiesta con 2 amigos extranjeros, Jason y Claudio. Quedamos en el bar de siempre "gato negro", tomamos unas copas de 1L,  seguimos charlando y fuimos a una discoteca para bailar...(Claudio siguió bebiendo varias copas de vodca con Red Bull como una máquina, pum, pum y pum. ¡Creo que este chico está loco total!) Era una noche normal de un fin de semana en España...

...hasta aquí me parece que pasa lo mismo generalmente en cualquier país, pero las cosas que hay en España y que no fijaba en Japón son las cantidades de tabaco y drogas. Aquí muchísima gente fuma tabaco (incluso las chicas y las mujeres españolas) así que en cafeterías y en bares siempre están llenos del humo de tabaco y se ve blanco por él. Sobre todo por la noche es muy fácil de encontrar a alguien que esté fumando drogas (blandas)... por ejemplo marihuana, porros y tal. Yo no había visto nadie que la fumó en Japón pero aquí hay y ya ha popularizado. No sé si había alguien estuvo fumando en la discoteca donde fuimos, pero creo que sí que había porque es muy popular aunque sea ILEGAL.

Otro día,
"Pero nunca he visto ningún camello que vende drogas en las calles." dije a Sandra.
"Sí que hay, muchos. Sólo tú no te has dado cuenta." contestó ella.
mmm...no he visto nada...bueno, la próxima vez cuando salga por la noche procuraré ver las calles a ver si encuentro algo...

*******************************************

フライデーナイトがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!(笑
時の経つのは本当に早いもので、今週なんか特にそう感じた。えっ、もう金曜日ですか?みたいな。仕事も始めて2週間が経ったが、緊張の糸はまだ切れていない。切れない方がいいんだろうとも思う。
さてと、そんな金曜日の夜。家に1人でいるのもつまらないということで飲みに出かけた。いつもの飲み仲間ジェイソンとクラウディオ。ジェイソンはドイツ国籍のオーストラリア在住の20歳だからドイツ語と英語はできるのだがスペイン語はまだまだのよう。いつも彼らと集まるとジェイソンのため、大体は3人の間で英語を話すことになっている。今夜は私も頑張って英語を喋った!・・・つもりだ。
 
さて、スペインの夜と言えば、遅い夕食を済ませた後に次第に集まりだし(22時〜23時)そして飲み、そして最後はディスコになだれ込む、というのがお決まりのパターン。これを人は「フィエスタ」と呼んでいる。以前にも書いた覚えがあるが、バルセロナの土曜日の夜は朝まで地下鉄がノンストップ運行。人々はこの天才的システムを存分に利用し、気の向くままに思い思いの夜を過ごしているのだ。今夜は私たちも最後にはディスコに行き(日本で言うクラブだが、こちらではまだ「ディスコ」と言う)3人で楽しく踊ってきたのだが・・・今日は横道逸れて申し訳ないが、スペインの夜によく見かけるアレについて書いてみようと思う。

アレとは、ドラッグのこと。
夜も遅くまで友達と騒いで、人生の楽しみ方をよく知っているスペイン人だが、私がそれと同時に気になるのはたばこの喫煙量とドラッグの大衆化。タバコの件は以前このブログでも取り上げた通り、それはそれはバルや喫茶店が煙で白く見えるほどに皆プカプカ吹かしている。全席禁煙という喫茶店もたまに見かけるが、そうするとかえって客が来なくなる恐れもあり、多くの店ではたばこが吸える。

そしてドラッグ。効果は弱くても違法であることに間違いはないが、びっくりするほどに普及していることに気づく。自分の周りにいる人まで吸っていて「試してみる?」と誘われたことも実はある(もちろん断った)。こういうのを見ると、どうやらマリファナや大麻たばこの常習者はどこにでもいるようだ。街を歩けばすぐ見かける光景に、人がたばこの葉を紙に載せて巻き取るものがあるが、ドラッグをする人もこうやってたばこの中に麻薬を少量入れて楽しむのだそうだから、むむむ。

それにしても彼らはどこからそんなものを入手するのだろう?日本でだって見たことがない。(見たことある方が珍しい?)別の日、サンドラに訊いてみた。
「夜歩いてても、一度も麻薬を売ってる人とか見たことないけど?」
「気づいてないだけだと思うよ。通りにいっぱいいるもん、見たら分かる」とサンドラ。
私が気づいてないだけだったのか・・・。ん〜。サンドラでも見てるということは、本当にいっぱいいるってことみたいだ。次回夜道を歩くときは注意しながら、ちょっと通りに目を配ってみようかな。ラクダ*が本当にいるかどうか・・・

*ラクダ・・・スペイン語でカメージョ(camello)というと俗語で麻薬の売人をさすが、一般にはラクダの意
posted by ixel at 23:44| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | España/スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰国日決定

Desde esta mañana estaba tan tan tan tan nerviosa porque hasta hoy tenía que cambiar la fecha del vuelo para Japón, sino tendría que subir al avión el día 21 de enero, es decir, tenía la reserva de ese día. Así que después del trabajo cogí una bici del Bicing y fui a la oficina de CATHAY PACIFIC, una compañía aérea de Hong Kong en la Rambla Catalunya.

Ayer cuando Arnau llamó por teléfono para cambiar la reserva, la chica con quien habló él dijo que no se podía cambiar la fecha del vuelo pero como dijo también que hacía falta confirmarlo, tuve que venir directamente a la oficina.

Pues la verdad es que lo conseguí cambiar la fecha, entonces ahora estoy ya tranquila. Pude cambiarla sin dificultad ni descontento ni nada. Qué bieeeeen.

Así que... volveré a Japón en marzo, el día 14 y llegaré ahí el día 15 por la noche para dormir directamente, jajaja

Pero, ¿sabes? Cada día que se está acercando el día para marcharme de España, me embargan sentimientos contradictorios...son "Quiero volver" y "No quiero volver". Tengo ganas de partir mi cuerpo en dos para pasar dos vidas en Japón y España...¡jeje!, pero bueno, ya sé que no se puede hacerlo así que a ver qué pasa.

************************

本日キャセイパシフィックの営業所へ出向き、帰りのチケットの日付変更を行ってきた。昨日の時点では電話で「変更はできません」と言われてしまったのでどうなることやらとドキドキしていたが、すんなり手数料もかからず希望の便に変えることができたのでホッとした。変更できなかったら1月21日に予約が入っていたから。

ということで帰国は3月15日の夜に決定。3月14日にバルセロナを発つのは、学生証の有効期限が14日までだから。最後の最後まで存分に楽しむつもりでいる。
posted by ixel at 22:00| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | formalidades/手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

TORRENTE -El brazo tonto de la ley-

Después de cenar, vi una peli que se llama "TORRENTE". Hace pocos días pusieron esa peli en tele pero no la vi porque no sabía a qué hora empezó exactamente. Entre algunos amigos míos hay opiniones a favor y en contra de ello. Por fin, esta noche entendí lo que ellos querían decir...es que ésta es muy guarra. A veces me han aparecido algunas escenas que me da asco, eso no me ha gustado nada. Sobre todo cuando este tío Torrente sacó grasa del grano en su cara........ayyyyyy dios mío, ¡qué tanto asco sólo el recordarlo!  
Pero a partir de eso, bueno, no me aburría ni me cansaba así que...bien, pero no sé si vuelvo a verla! Si lo hago, eso es para el ejercicio de comprensión oral. Es que ahí toda la gente habla español muy muy coloquial.

<SINOPSIS>
TORRENTE es un policía español fascista, machista, racista, alcohólico... y del Atleti. Este magnífico representante de las fuerzas del orden vive con su padre parapléjico en Madrid, donde desempeña su labor de "defensor" de la justicia. Gracias a su olfato descubre, en su propio barrio, una importante red de narcotraficantes. Con la ayuda de unos amigos muy especiales pondrá en marcha en arriesgado plan para desarticularla...

España, 1998
93 min. aprox.
director: Andrés Vicente Gómez
escrita y dirigida por: Santiago Segura

*******************************************
今夜は夕食後にソファで1人トレンテ(TORRENTE)というスペイン映画を観た。こないだテレビで放送されたらしいが、放送の時間帯を間違えて観られなかったもの。今回は友達がDVDを貸してくれた。
借りる前から、友達の間で賛否両論のあった作品。何でもすごーく下品で卑劣なんだとか。コメディ映画は好きなんだが、はてどれだけ下品なのかと観始めた。

・・・・・。

観てるそばから、目を塞ぎたくなるような場面がいくつか。気持ち悪いのから痛々しいのまで、例えば主人公のトレンテが鏡の前で顔にできたニキビをつぶすシーン。中から脂が飛び出してくるのなんかは、うへぇ、今ここで書いていても気持ち悪さが蘇ってくる。

ということなので、また観たいと思うかは謎。ただスペイン語の聞き取りの練習にならね〜といった感じか。ものすごく話し言葉と、生活感溢れる場面が多い映画だったので、その点は参考に・・・なるかぁ?(笑

《映画情報》
TORRENTE(トレンテ)
スペイン、1998年
93分
監督 アンドレス・ビセンテ・ゴメス
作・演出・主演 サンティアゴ・セグーラ  
posted by ixel at 23:11| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | película/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

まぐろのお刺身

Muchas gracias Arnau!!!
atun 1

¡¡¡ATÚN!!!


Esta noche su familia me ha dado 2 trozos de atún para comerlo crudo.
Nunca me había imaginado que podría comerlo en España...así que me emocionó cuando abrí la bolsa que me dio su madre. Lo he comido con salsa de soja, está muy bueno...ahhhhhhhh 

**************************************
今夜、アルナウのお母さんに刺身用の新鮮なマグロの切り身を2切れも頂いてしまった。
彼のお父さんが市場で働いているので、時々こうやって新鮮なマグロが入ったら彼ら一家も刺身に下ろして醤油で食べるのが大好きなのだそうだ。

いや〜ほんと、
現地に友達がいて、皆にとことんよくしてもらって、私は幸せ者だよ。
まさかスペインで刺身を自宅で食べられるとは。ありがとう!!!

ということで今晩は白飯とマグロの刺身。
今晩だけで大きな皿にいっぱいのっていた刺身の半分をたいらげてしまった。
明日も食べられると思うと、、、マグロのづけ丼とか思い出されて、ぐへへ。(壊)

atun 2

揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート


しかしここらで贅沢を言わせて貰えるなら、ワサビ抜きの刺身はやはりピンとこないなぁということ。
ツーンと来るぐらいのあの刺激があってこそ刺身ってもんだよなぁと、今宵大人の味を懐かしく思うのであった。
posted by ixel at 22:53| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | en casa/家での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ひじきとずいき

Hoy tengo trabajo a partir de la tarde, así que estaba cocinando por la mañana. Hice 2 platos de comida japonesa, uno era cocido de HIJIKI y otro era de ZUIKI que fueron hecho con azúcar y salsa de soja. Los dos han salido muy bien.

condimentos para hacer cocido japones
▲Condimentos para hacer cocido japonés: caldo de pescado, salsa de soja, sake japonés y azúcar

hijiki1  ⇒⇒⇒  hijiki2
▲HIJIKI...una planta marina que tiene color negro

zuiki1  ⇒⇒⇒  zuiki2
▲ZUIKI...troncho de colocasia

*************

昼からの出勤をいいことに、今日は朝からのびのびクッキング。

岐阜県周辺の郷土料理「ずいきの煮物」を、ここバルセロナでも調理できることになるとは思わなんだ。お母さんが何でもかんでも送ってくるもんで(笑

という私も、実はずいきを調理するのは初めて。
メッセンジャーで母親に調理の仕方を聞いたり、ネットでレシピを検索して試してみた。まぁ、だいたい煮付けるというのはどんな食材にしろプロセスは一緒なのだが・・・

まず、このブログを読んでいる人の中で「ずいき」と聞いてパッと食材が頭に思い浮かぶ人が何人いるのか。そして口にしたことがある人も果たして何人いるのか。ちょっと興味ある。

カレーもハンバーグもラーメンもいいけど、
ずいきとか、ひじきとか、そういう古くから日本人が大切にしてきた伝統の味も作れなくちゃね〜と思う今日のixelなのであった。

先日、ネットで見たニュースに「現代の20代女性の中で、2%の人しかお節を作れない」というアンケート結果が載っていた。ちょっと恥ずかしい。レシピを見たら作れると思うけど、大体料理の名前を聞いたところでピンとも来なくなったらそれこそヤバイなぁと思う。
で、そのヤバイ私・・・

いかんいかん!
posted by ixel at 20:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | en casa/家での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

1人にしないで!

¡¡Ha empezado nueva semana!!
Para mi la semana pasada era un poco caótica poruqe había muchas cosas que memolizar, así que a ver... espero que me vaya bien en esta semana.
Hoy eramos 2 solas... la directora y yo. Vi que había llegado traducción de la traductora holandesa por e-mail entonces comprobé el contenido de la traducción y preparé para facturar. Mientras estuve haciéndolo recordaba lo que aprendía la semana pasada y lo que la compañera inglesa me enseñaba. En fin conseguí hacer todo el paso de este trabajo, pues ¡qué bueno!

A las 11h o 12h. (no me acuerdo!) La directora Mari Paz me dijo que saldría un rato y volvería dentro de una hora. ¿Qué significa eso? ¡¡Que tuve que estar sola en la oficina!! Hostiiiiiiiiii
Aunque le contesté a ella que sí con sonrisa, pero estuve repetiendo a mi misma "¡que nadie me llame por teléfono!" "¡que nadie me llame!", porque hablar por teléfono me hace ponerme nerviosa a veces y además como no había nadie, me puse más! brrrrrrr!!

¡Menos mal nadie me llamaba!
Normalmente la gente siente agradable cuando está sola o con poca gente en la oficina porque puede hacer cualquier cosa que le apetezca, pero en mi caso, ¡NO todavía!
Así que Mari Paz por favor, ¡no me dejas solaaaaaaaa!

************************************************

インターンシップ2週目。
先週は覚えることが多くて混沌としていたが、今週からはもう少し自分なりに動けるかなといった状況。先週イギリス人のロレインから教わったプロセスを確認するように、オランダ人翻訳家から届いた翻訳を元に支払い関係の手続き等を一通り自分だけでやってみた。

さてそんな月曜日、お昼になっていきなりマリパスが「ちょっと1時間くらい抜けるから」と言い出した。はっ!?そんなこと言ったら私会社に1人じゃん!(マイクはTOEICのテスト監督のため1日外で仕事)ちょ、ちょっと待って〜という心の中の叫びをよそに「オッケー」と笑顔で返してしまった私。ガーン。そこからは自分の作業を進めつつも「誰からも電話がかかってきませんように!」と祈るように1人電話を見つめていた。今でも慣れない電話はある。聞き取りにくい相手だと困るし、責任を感じるのでできるなら1人の時にそういう電話は取りたくないものだ。普通なら会社に1人って時ほどリラックスできる時はないのであろうに(多分)、私の場合はそうはいかなかった。

お願いだからまだ一人にしないでーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

明日は午後出勤。マリパスが午後にいられないからって・・・また1人!?
お願いだから誰か一緒にいてー!(泣
posted by ixel at 22:54| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | trabajo/仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

pastel de verduras

Esta noche fui al piso de Eva y Edu en Mollet con Sandra y hicimos una clase de cocinita para hacer "pastel de verduras" que le enseñó Ana a Eva. Sandra y yo no teníamos ni idea de qué lo era, así que siguimos fijandonos en lo que hacía Eva.

pastel de verduras

▲pastel de verduras que hizo Eva


《Pastel de verduras》
5 huevo
1 patata
1 zanahoria
1/3 pimiento verde
1/3 pimiento rojo (morrón)
1 cartón de tomate frito
1/2 cartón de nata
un poquito de sal

・Saltear las verduras con poco aceite.
・Añadir un poquito de sal.
・Batir los huevos en un cuenco.
・Quitar las verduras de la sartén y mezclar con los huevos batidos.
・Añadir 1 cartón de tomate frito y nata.
・Huntar el fondo del molde con mantequilla.
・Echar lo que está mezclado en el molde.
・Calentar el horno hasta 170 grados y meterlo 15 minutos.

Esto se tiene que comer después de estar frío.
Mañana por la mañana lo desayunaré. A ver cómo es...ñam ñam!

**********************************************

今日はサンドラとエバ&エドゥの住むピソに行って一緒にご飯を食べた。ご飯を食べるといっても、調理しなければならないのがお決まりのパターン。今日はアナがエバに伝授したという「野菜のケーキ」を食べるというのだが、サンドラも私もそれがどんなものか皆目見当もつかないまま彼女の家まで行ってしまった。(笑)
私達は当然作り方を知らないので、エバに言われるがままに動く。エバが動いている分には人出に困らなかったのでその間は座って彼女のすることを観察していた。

《野菜のケーキ》
卵5個
じゃがいも1個
にんじん1本
緑ピーマン1/3
赤ピーマン1/3
トマトピューレ1箱
生クリーム1/2箱
塩少々

・野菜をフライパンで炒める
・塩少々を加える
・ボウルに卵を割って溶きほぐしておく
・フライパンから野菜を取り出し、ボウルに入れて卵と混ぜ合わせる
・トマトピューレと生クリームを入れる
・型の底にバターを塗っておく
・型に混ぜ合わせておいたものを流し込む
・170℃のオーブンに入れて15分間加熱する

冷ましてから食べる料理なのだそう。
ということで次の日のためにと自宅まで持って帰ってきた。
で結局その日食べたものは別のもの。ハハハ、こんな日もある。
posted by ixel at 22:45| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | restaurante y cocina/グルメと料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

スペインの宝くじで遊ぶ

Hoy comprobé la página oficial del Sorteo del Niño 2008 por si acaso, pero no me ha tocado nada a míííííííí....buuuuuuuuuu!!!
Adiós mi dinerito...pf

****************

年末年始に盛り上がる、スペインの宝くじ。年中いろんな宝くじはやっているけれど、この時期の宝くじの知名度とその額は半端ない。ちょうど日本の年末ジャンボのようなものだ。12月25日発表の宝くじは買わなかったが、1月6日発表の「子どもの日記念ジャンボ宝くじ(?)」には挑戦してみることにした。1枚20ユーロもするので、当たらなかったら痛い出費であるが、ロマンを追い求めてここは1つ(笑。サンドラと10ユーロずつ出し合ったからまだいい方だ。

で、発表の日まで大事に持っていた。

sorteo1
▲私の買った宝くじ。番号の配列はなんだか良さそうな雰囲気

発表当日。ニュース番組のあちこちで1等の番号が伝えられる。
・・・ん、違う!
そして末尾は、
・・・ん、これも違う!
ということは20ユーロも返ってこないってことか!!!(怒

数日経ったが、インターネットの公式ページで全ての当選番号をチェックすることにした。ど〜〜〜か1つくらい引っかかってますように!と祈りながら・・・

sorteo2
▲ホームページで発表されれいた当選番号。この下にもまだ番号は続く

ちっ!どれにも当たってやしなかった!!!くーっ!!!

ちなみにサンドラ、もう1枚自分のために買っていた。
しかもそっちは末尾が当たっていたとかで「20ユーロ返ってきたの」だって。
こっちも当たってたらよかったねぇ。(悔しい)

ま、簡単にお金は降ってこないってことだ。
「ixelは今年も働け!」ということですな。

ふぇ〜い、前を向いてがんばります。しゅん。(涙
posted by ixel at 23:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | España/スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

インターンシップ始まる -¡super nerviosa!-

Ayer fui a una empresa donde iba a trabajar para entrevista y hoy he empezado a hacer las prácticas allí. La empresa donde trabajo es una de empresas lingüísticas, es decir, tiene varios trabajos pero todos coinciden en que se tratan de idiomas. Fuinciona como agencia de traducciones, academia lingüística, agencia para presentar los productos hechos por empresas extranjeras a España y etc. Esta mañana me levanté a las 8 y salí de la casa a las 9 menos cuarto para ir al puerto de Barcelona hasta las 9 y media, en la zona que está la empresa. Al lado del edificio que se llama "World Trade Center Barcelona" siempre se ven unos barcos muy grandes. Creo que son los de comercio exterior.

Bueno...la verdad es que ahora estoy nerviosa porque como no tengo ni idea de lo qué tengo que trabajar, aunque una directora me enseñó todas las cosas (casi) de lo qué ellos están haciendo en esta empresa. Además según ella a veces tengo que hablar inglés también...eso me hace estar mucho más nerviosa. Buuuuuu!!
Pues espero acostumbrarme el trabajo y el INGLÉS muy pronto. Ya veré...pff

parque Joan Miro

▲Parque Joan Miró. Pasé por este paseo con Christie


Después de salir de la empresa, fui a escuela para quedar con una amiga holandesa que se llama Christie y fuimos a comer en un restaurante italiano en el barrio Sants. Ha sido muy chulo. Ella se va a Amsterdam, Holanda este viernes. Es una pena para mi que sobre todo amigos muy buenos vuelvan a cada madre patria... aunque yo también lo hago en 2 meses, je je je. De todos modos, me algero mucho de haber conocido a ella y a su marido Eric, son majos.

**************************************


今日からインターンシップが始まった。昨日の夕方にインターンシップ仲介・斡旋会社のコーディネーターを務めるフランス人のクリステルと一緒に職場体験先になる会社を訪問、そして実際に今日から働くという流れになっていた。
私がこれから2ヶ月弱働く会社は、従業員2,3人(日によって人が入れ替わる)という小さなところ。しかし仕事の質は大企業にも引けをとらないくらいに頑張っていると胸を張るディレクターの下で働かせてもらうから、仕事に対する意気込みを感じて安堵した。会社はバルセロナ港にある、ワールド・トレード・センターのビル内にある。さすがそういう名だけあって、ビルの横の港にはいつも大きな商船が泊まっている。そういう企業ビルの中にさくっと入っていけるステータスが自分にあるだけで何だか背伸びした気分になる私だ。港側に面したところに事務所があったのなら一日中海を見ながら仕事できたのに、そうではないのでちょっと残念だけど、でもまあいい。

会社の職種はというと、いくつかの仕事内容があるが全てひっくるめて関係していることと言えば、ずばり「言語」である。この会社は今日の話によると翻訳業務の仲介、外国語個人レッスンの開講、それから外国社製品をスペインに紹介する代理店のような仕事などいろいろやっているようだ。今日はディレクターのマリパス(奇遇だが、マドリッド時代のホームステイ先のあの家主と同じ名前だ)が、ざっと会社の概要についていろいろ説明してくれた。先週まで会社が休みだったので、とディレクターのイギリス人のマイクとマリパスの2人は朝からバタバタしているように見えたけれど、その合間を縫って教えてくれたのだった。

今日は説明を受けただけで実際の動きには入らなかった。
そのせいだろうか、これからどういったことが待っているのか想像できず、そしてまた「英語を話す必要がある」と聞いた途端にひるんでしまっている私がいる。マイクとはスペイン語で話したいと申し出たが、特に彼はマンチェスターの出身なので彼にはイギリス人の取引相手が何人かいる。「じゃあ英語で何か話してみて」と、咄嗟に振られた時、自分の口から見事に何の英単語も出てこなかった。とても恥ずかしかった。でもマリパスは言う。「ずっとスペイン語で暮らしてるから英語を話すのに苦労するのは分かる。でも以前勉強したことあるならまた思い出すわよ。大切なのは恥ずかしさを取っ払うこと。まずはやってみなきゃ」と。明日からもっと職場での業務内容について本格的に説明を受けていく。どうなるか心配なので、今夜は数人の友達からエールをもらってもう少し自分に自信を持ちたい。昔から取り越し苦労が多い私は、そうと知っていても心配性が治らない。だが早く職場に慣れればこんな思いも消えるだろう。


ところで初日の退社後は、古巣の学校(と言っても先週までいた)に戻り、オランダ人の友達と食事の待ち合わせ。サンツ駅から少し行ったギタルド通り(C/Guitard)で偶然見つけたイタリアンレストランで食事をした。今週金曜日には彼女はオランダ・アムステルダムへと帰ってしまうというので、多分これが彼女に会える最後の日だろうと思う。ゆっくりお喋りを楽しみながら美味しく食事した。気さくないい人だったな。去年の夏に結婚したばかりと言う新婚カップルで、旦那さんのエリックとも知り合えた。こういう風にせっかく仲良くなれた人達とお別れしなければいけないのは本当に残念なことだと思う。ここスペインに来てから果たして何人に回り逢ってきただろう。全ての出逢いに感謝したい。
banner_02.gif
posted by ixel at 18:27| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | trabajo/仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

Conversación

Esta noche la conversación entre mi amigo "sentimental" y yo ha sido muy dura.
Porque me contó sobre nuestro futuro, es decir el "matrimonio". Tiene duda de si puedo casarme con él pero yo también la tengo. Me da mucha pena que ahora trate su sentimiento de amor como el de menor importancia. Me ha dicho que no sabe dónde y cómo ocupo una posición importante en él. ¡Vaya por dios!
Además ¡¡añadió que me dejaría si yo le dijera que me quedaría mucho más tiempo en España...!!
A mí me parece que a él no le gusta comunicar conmigo a través del internet, incluso por teléfono porque eso para él parece una comunicación irreal y quiere sentirme cerca de él. Entiendo lo que quiere decir.  
Estoy segura de que volveré a Japón en 2 meses así que no pasa nada y puedo volver allí tranquilamente, pero cuando lo oí me daba una sensación de como si nos separaramos ya.

Bueno..., nadie sabe en el futuro, ya veremos...
posted by ixel at 22:38| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | memo/雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。